季語/父の日(ちちのひ)を使った俳句

俳句例:101句目~

父の日のわたし不思議な受精卵/夏木陽子

父の日の加賀鳶の封切りにけり/高澤良一

父の日の夕雨さむし火を焚かず/伊藤灯人

父の日の夜に入る煖炉赤くしぬ/成田千空

父の日の太柱負ひ男の子なし/中戸川朝人

父の日の父をまじまじ見たりけり/関根通紀

父の日の夏柑湯など浴びにけり/百合山羽公

父の日といふ日がありて子が訪ひ来/安住敦

柄の長きバリカン父の日なりけり/工藤義夫

朝の珈琲濃くて父の日はじまりぬ/中村明子

ガニ股に歩いて今日は父の日か/能村登四郎

打たせ湯に肩を打たせて父の日よ/堀米秋良

妻なくてわれに父の日などあらず/白川友幸

多羅葉の葉に父の日のメッセージ/高橋一平

パンの耳すぐ落とされし父の日よ/能村研三

藤蔓にからまれ大樹父の日よ/鍵和田ゆう子

父の日の薔薇を抱きて見せしこと/後藤夜半

酒さげて子が来る父の日なりけり/森本五郎

父の日のジグソーパズル未完成/小野口正江

父の日のほたるぶくろがさきにけり/安住敦

俳句例:121句目~

父の日の贄のごとくに手摺れの木/栗林千津

父の日の微香性アラビア馬渡世/志波響太郎

父の日のどんよりとあるロバの耳/柿本多映

父の日や筑波嶺常のごとくあり/北見さとる

父の日の素足すうすうしてゐたり/高澤良一

父の日の酔ひて子よりも早く寝る/高澤良一

父の日来ぬ病みて慕はる昨日今日/河野南畦

父の日のおたまじやくしが足を出す/石原透

父の日のうしろに馬の匂ひかな/大木あまり

父の日の明方の地震わたりをり/八木林之助

父の日の老後たのしむものに画戯/富安風生

父の日の昼寝セットのプレゼント/高澤良一

白露の日召されし父の形見かな/稲畑広太郎

父の日やいつより怒らざる父に/片山由美子

穴ひとつ詰め父の日の革ベルト/長谷川鉄夫

父の日のあたりの昏さ田へつづく/長谷川双

老いてなほ働かねばと父の日あり/小林康治

父の日やピエロさかんに逆立ちす/前田典子

鬚剃つてより父の日の顔となる/穐好樹菟男

父の日と言ふ日がありて暮るるなり/小野喬樹

俳句例:141句目~

たびらこも絮となりたる父の日や/千代田葛彦

父の日やいつまで沖にゐるヨット/小野恵美子

父の日やどこかでひとの呼んでをり/角川春樹

父の日のあらためて見る脛なりけり/高澤良一

贈られしシャツ着ておどけ父の日や/川村紫陽

父の日やヨセフの幸はわれに遠し/成瀬櫻桃子

父の日やブルーベリーの苗提げて/鈴木しげを

父の日のびろうどの椅子あるばかり/殿村莵絲子

タイトルとURLをコピーしました