季語/雲海(うんかい)を使った俳句

「雲海」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「雲海」について

【表記】雲海

【読み方】うんかい

【ローマ字読み】unkai

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「う」で始まる夏の季語

・「夏の天文」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

雲海を含む俳句例

たくましき夏雲海は祈る刻/原裕

雲海に浮く石鎚の巌頭/品川鈴子

雲海や一椀の水に嗽く/水谷晴光

雲海の雲の柱に霧遊ぶ/橋本鶏二

雲海を上れる月の翳仄か/飯田蛇笏

雲海の今水色を置く夕べ/稲畑汀子

雲海の上に恋する深山蝶/羽部洞然

雲海に山稜沈み音もなし/福田蓼汀

雲海や山神祀る銹つるぎ/勝田房治

雲海の荒磯紅葉の縦走路/福田蓼汀

蒼白き雲海に富士日の出待つ/沢聰

雲海の怒濤を被り丘沈む/石原栄子

大樹海すぎて大雲海の上/鷹羽狩行

山の雲海へ移りぬ虎落笛/稲畑汀子

雲海やただ白描の日本海/橋本鶏二

雲海の上膝に置く夏帽子/松山足羽

雲海の中の日輪動き初め/竹崎紫泉

雲海は茫々と燃えやがて闇/小島茜

雲海の底を歩めり魚のごと/角川春樹

雲海の端が見えをりお花畑/橋本鶏二

俳句例:21句目~

雲海の端崩れ飛ぶ日の出前/岡田日郎

雲海の荒嶺々よわが荒息よ/中島斌男

高千穂の冬の雲海眺めをり/佐川広治

雲海へ砕けて散りぬ花津波/渡辺恭子

一舟もなき雲海の島の数/藤田かよ子

雲海や大うねりして草千里/菅原素子

冬暖く雲海の鳶なきにけり/飯田蛇笏

雲海や槍のきつ先隠し得ず/下村非文

雲海の上大阿蘇を朝日出づ/工藤義夫

日出づと雲海よぎる鳥青し/堀口星眠

雲海や阿蘇の噴煙高からず/松本圭二

雲海を来てみ熊野の古道を/花田道子

片肺の息ととのへつ雲海に/三宅句生

牧守の雲海を踏み渡り来し/井上蘇柳

雲海の中ぞ鳥鳴く日の出前/相馬遷子

縦走路岐れ雲海の下に消ゆ/黒木野雨

菜畑を来て雲海の上に在り/永井龍男

雲海にうかぶ山頂神います/吉澤卯一

雲海の一峰父として仰ぐ/上田日差子

雲海に偃松渚なす日の出/落合伊津夫

俳句例:41句目~

雲海に出でて大方耳つんぼ/高澤良一

雲海に大日輪を浮べけり/渡辺不二人

雲海に月出て人魚泳ぎをり/阿部誠文

雲海の一襞の朱をおのがもの/岸田稚

雲海の中を竝びて歩み来る/橋本鶏二

雲海に溺れじと聳つ蝶ヶ嶽/西本一都

雲海に青磁の如き阿蘇煙る/野見山朱鳥

けふの果紅の峰雲海に立つ/橋本多佳子

どの果も雲海みちて心とほし/桜井博道

わが胸の虹雲海の虹を呼ぶ/野見山朱鳥

雲海の地に幣生えて眼下かな/駒走鷹志

雲海の匂ふがごとく初飛行/内山せつ子

今日の日の大雲海を躍り出づ/福田蓼汀

富士消えてよりの雲海初飛行/山根草炎

月明のまゝ雲海のあけにけり/内藤吐天

朝焼の雲海尾根を溢れ落つ/石橋辰之助

雲海の涯を渚と見てかなし/加倉井秋を

雲海の濤しづもりて鳴く目細/斎藤道子

雲海に胸の火投じたきことも/仙田洋子

雲海に蒼荒太刀の峰のかず/中村草田男

俳句例:61句目~

雲海の上に残月とわれとのみ/中島斌雄

雲海に刃を研ぎ澄ます槍ヶ岳/平野芳子

雲海の解けて灯の市現れ来/吉良比呂武

雲海にむらさき滲む秋意かな/富安風生

雲海の音なき怒涛尾根を越す/福田蓼汀

雲海の高さに目覚め故郷たり/竹内秋暮

雲海にほとりせりける牧場かな/森田峠

雲海に嶽のかげおく月夜かな/河野南畦

雲海に向つて吹けり法螺の貝/野村泊月

雲海やいま八十島を浮ばしめ/下村梅子

雲海の切れ目に暗き下界見ゆ/原子公平

雲海や一天不壊の碧さあり/大谷碧雲居

雲海の下に大アマゾンありと/山本歩禅

雲海の日を立ちかくす鹿島槍/岡田貞峰

雲海や太き幹ほど濡れて立つ/加藤楸邨

雲海のはての一碧わだつみか/本田一杉

雲海の汀にて歩を引き返す/上田日差子

雲海や稚児の礫の朝焼けて/加藤知世子

雲海や色を変へつゝ動きつゝ/小薬流水

雲海の波の穂はしる御来光/水原秋櫻子

俳句例:81句目~

雲海や鷹の舞ひゐる嶺一つ/水原秋桜子

歩けさうな雲海に足出してみる/柊愁生

雲海を呼ぶ旋律の笙に舞ふ/河野多希女

雲海を怖るる蝶をまとひ佇つ/原コウ子

雲海の波濤をかぶる峰一つ/須田冨美子

雲海を眼下に丸き地球かな/稲畑廣太郎

雲海を開くモーゼの杖が欲し/金沢道子

雲海を鳥瞰人の世その下に/関口ふさの

風に囃され岬の秋雲海へ逃ぐ/河野南畦

山岳部歌湧きて雲海ひらきたり/神田岩魚

短夜の扉は雲海にひらかれぬ/石橋辰之助

立山にわれ立つ曽祖父ら雲海に/鮫島康子

雲海にくらき磁石が北を指す/千代田葛彦

雲海へ根づくとすれば花かぼちや/林誠司

雲海になほ明け易き霧かゝる/石橋辰之助

雲海に母といふ字を解き放つ/高橋比呂子

雲海に浮いて寝釈迦の在します/円仏美咲

雲海へ紅葉吹き散るななかまど/岡田貞峰

雲海に降りるザイルを放りたる/藤原零子

雲海のとよむは渦の移るらし/水原秋桜子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ