季語/撫子(なでしこ)を使った俳句

「撫子」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「撫子」について

【表記】撫子

【読み方】なでしこ

【ローマ字読み】nadeshiko

子季語・関連季語・傍題・類語など

・大和撫子(やまとなでしこ:yamatonadeshiko)

・河原撫子(かわらなでしこ:kawaranadeshiko)

・藤撫子(ふじなでしこ:fujinadeshiko)

・浜撫子(はまなでしこ:hamanadeshiko)

・高嶺撫子(たかねなでしこ:takanenadeshiko)

・雲井撫子(くもいなでしこ:kumoinadeshiko)

・霜降撫子(しもふりなでしこ:shimofurinadeshiko)

・姫撫子(ひめなでしこ:himenadeshiko)

季節による分類

・「な」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

撫子を含む俳句例

朝風や撫子ふせる雨の後/吟江

動きなき岩撫子や星の床/曽良

撫子や夏野の原の落し種/守武

撫子の池は落さじ麻地酒/史邦

撫子に蝶々白し誰の魂/子規句集

撫子や爰に人まつ松林/石井露月

撫子に風を入るるや雲雀鷹/冶天

撫子の節々にさす夕日かな/成美

銀泥に撫子薄き扇かな/野村喜舟

撫子にかかる涙や楠の露/松尾芭蕉

碧巌録撫子添へて納棺す/宮武寒々

撫子に雷ふるふ小庭かな/子規句集

水灌ぐ撫子畑の手桶かな/会津八一

梅干すや撫子弱る日の盛/子規句集

撫子に帽子をとりて荒筵/古舘曹人

撫子やただ滾々と川流る/山口青邨

口紅は母に貰ひし撫子や/木野愛子

撫子や島に一つの放牧場/高橋悦男

撫子や堤ともなく草の原/高浜虚子

撫子や狂へば老も聖童女/福田蓼汀

俳句例:21句目~

撫子や濡れて小さき墓の膝/草田男

撫子の紅もかなしき捨扇/山口青邨

撫子は七草のうち紅き花/永井龍男

撫子やそのかしこきに美しき/惟然

酔うて寝ん撫子咲ける石の上/芭蕉

霜の後撫子咲ける火桶哉/松尾芭蕉

なでしこやをみなか袖に咲残/家足

盛花や撫子軽く薔薇の上/島村元句集

撫子のふしぶしにさす夕日かな/成美

撫子や高野の道の地蔵堂/河東碧梧桐

撫子や雌伏のさまの日本海/池上樵人

絵屏風の撫子赤し子を憶ふ/子規句集

撫子や海の夜明の草の原/河東碧梧桐

石垣に撫子旅の妙な時間/加倉井秋を

明方の夢撫子や露しぐれ/廣江八重櫻

一本のこの岩山の撫子よ/鈴鹿野風呂

撫子の暑さ忘るる野菊かな/松尾芭蕉

仰ぎみる高さや子規の撫子図/辻桃子

撫子の泄れは落さじ麻地酒/中村史邦

何もかも簾越しなり撫子も/鈴木花蓑

俳句例:41句目~

淵に映る紅や撫子白や何/島村元句集

撫子の老夏くねりを皆愛す/永田耕衣

撫子の老撫子を撫でながら/永田耕衣

撫子の脇を思へば河ばかり/永田耕衣

撫子の花にそひくる雨明り/澤村昭代

撫子や我が跡空の動くらん/永田耕衣

汐さして葛撫子の勢ひけり/前田普羅

撫子も草の庵も富士のもの/高浜虚子

摺えゐる撫子に水太く打つ/日野草城

茎ながき撫子折りて霧に待つ/悌二郎

撫子やひとり昼寐の檜木笠/藤野古白

撫子や上野の夕日照り返す/正岡子規

撫子や波出直してやや強く/香西照雄

撫子に霜見むまでの暑かな/高井几董

なでしこや夏草滋る夢の跡/幸田露伴

撫子の八重は一重は緋は白は/会津八一

撫子の咲き澄む泉汲みにけり/中村四峰

撫子の花野浄土となりにけり/沢木欣一

撫子やぬれて小さき墓の膝/中村草田男

撫子や大和の国は徒歩ゆかむ/深谷雄大

俳句例:61句目~

撫子や恋知りそめし稽古海女/野中亮介

撫子や死なで空しき人のむれ/永田耕衣

撫子や父に仕へて画を学ぶ/深川正一郎

撫子をゆりて因幡へゆく列車/山崎一枝

撫子を束ねし土の湿りかな/ほんだゆき

暑き日や撫子つまむ山のかげ/松岡青蘿

浜撫子恋知り頃の海女にして/臼田亜浪

畫き得て八重撫子の胡粉かな/会津八一

竹筒に撫子をさす豪雨かな/大木あまり

耳もとに高嶺撫子吹かれけり/古舘曹人

かるがると荷も撫子の大井川/広瀬惟然

萩桔梗撫子なんど萌えにけり/正岡子規

分校の子に撫子のひるの雨/大峯あきら

大阿蘇の撫子なべて傾ぎ咲く/岡井省二

撫子につくばふ膝や川やしろ/松瀬青々

なでしこの揺れるは風の三頁/中山保夫

露の世や露のなでしこ小なでしこ/一茶

撫子にまで燈を上げて川住ひ/松山足羽

撫子に草丈のみなすぐれけり/石田勝彦

酔うて寝むなでしこ咲ける石の上/芭蕉

俳句例:81句目~

撫子にふんどし干すや川あがり/亡-嵐蘭

撫子にはじまる句碑の秋の草/深見けん二

岬に咲く撫子は風強ひられて/秋元不死男

浜撫子いまだ心の喪を解かず/鈴木真砂女

撫子や沖さしかゝる船もなし/島村元句集

撫子を摘みし束の間富士を見し/山田弘子

吹かれゐる浜撫子にあそび海女/木村蕪城

撫子の径を下りきて海女となる/森本蒲城

昭和すでに撫子はみな何処へ行きし/苑子

なでしこや人をたのまぬ世すごしに/汀女

たらちねやかくなでしこの草枕/立花北枝

しかすがに撫子赤し草いきれ/東洋城千句

なでしこや岡ふところの小六月/木津柳芽

一筆画鷺なでしこのなびきかな/服部嵐雪

撫子の受け流し立つ阿蘇の風/日高/義治

撫子や芭蕉に寿貞まさおふう/鈴木しげを

撫子のやうな彼女と思ひしが/稲畑廣太郎

河原なでしこ嗅ぎし記憶の乳母車/汎馨子

流れ来てなでしこによる扇かな/高井几董

撫子の思ひがけなく鉢に萌ゆ/阿部みどり女

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ