季語/近松忌(ちかまつき)を使った俳句

「近松忌」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「近松忌」について

【表記】近松忌

【読み方】ちかまつき

【ローマ字読み】chikamatsuki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・巣林子忌(そうりんしき:sorinshiki)

・巣林忌(そうりんき:sorinki)

季節による分類

・「ち」で始まる冬の季語

・「冬の行事」を表す季語

・「仲冬」に分類される季語

月ごとの分類

12月の季語

スポンサーリンク

近松忌を含む俳句例

文楽の幕間華やぐ近松忌/酒井武

吊鐘の底闇のぞく近松忌/高井北杜

声使ひ分けて女や近松忌/倉橋羊村

雪山の夜も聳えをり近松忌/森澄雄

近松忌道行の坂落葉舞ふ/田中英子

旅にゐて装黒づくめ近松忌/森澄雄

近松忌重い遊女の木偶頭/浜垣和子

鳰どりも鴎もこゑの近松忌/森澄雄

相対の小便するや近松忌/加藤郁乎

小説の死が美しや近松忌/小室善弘

傍らにいつもの男近松忌/高澤晶子

近松といふ表札や近松忌/星野立子

古唐津の登り窯見て近松忌/坂井建

近松忌按摩のそこが悲鳴壺/丸山海道

けふも亦心中ありて近松忌/高浜虚子

近松忌浪花住ひの江戸役者/吉村洞水

鏡台の塗りの剥落近松忌/鈴木真砂女

大阪に来て夕月夜近松忌/大峯あきら

心中の花道くらし近松忌/水原秋桜子

方丈の炭火艶めく近松忌/藤村たけし

俳句例:21句目~

曽て世の男女の情や近松忌/山口誓子

妻と云ふ女とゐたる近松忌/鈴木五鈴

なりはひの一人異り近松忌/星野立子

枯柳に鷺娘立つ近松忌/長谷川かな女

火鉢の画唐子遊べり近松忌/福田蓼汀

相似たる老の着物や近松忌/山本洋子

終焉の寺とし古りて近松忌/山田弘子

裏店に少女が澄めり近松忌/倉橋羊村

身にしみる昔語りや近松忌/老川敏彦

今の世は恋も自由よ近松忌/高浜朋子

今宵彼の庚申にもや近松忌/増田龍雨

倉一つ残れる木偶座近松忌/森岡花雷

近松忌猫は生傷なめて癒す/中山純子

近松忌乳の匂いの夜は満ち/高澤晶子

僧四人役者二人や近松忌/山田/静雄

近松忌墓にもちひの一重ね/松瀬青々

夕月に湯屋開くなり近松忌/石田波郷

いてふ葉の扇づくしや近松忌/木村頼二

さかり場に鉄骨立てり近松忌/山口誓子

らんぎりに昼酒つけて近松忌/角川春樹

俳句例:41句目~

その頃の恋は死ぬこと近松忌/前内木耳

近松忌かかるところに比翼塚/中村汀女

月の夜の松風の夜の近松忌/大橋櫻坡子

人形のさめざめと泣く近松忌/古市絵未

夕空にのこるぬくみや近松忌/奥名春江

夜の雨ほのあたたかき近松忌/山本洋子

世話物は今もすたれず近松忌/稲畑汀子

久々の下り役者や近松忌/中村吉右衛門

夢殿の扉を閉めてをり近松忌/角川春樹

虚子も書きし心中物や近松忌/星野高士

行燈に頬片かげり近松忌/阿部みどり女

舟二つ見えて日暮るる近松忌/関戸靖子

煩悩の夜はながながと近松忌/中山純子

近松忌ネオンの花が水に咲く/桝井順子

近松忌北の新地で迷ひけり/近藤よしこ

近松忌土竜のあげし土乾き/加倉井秋を

近松忌契結んでしまひけり/成瀬櫻桃子

近松忌寒きむかしも月夜にて/飯田龍太

枯れきれぬ柳の愁ひ近松忌/鈴木真砂女

近松忌浪速に決めし旅の宿/冨田みのる

俳句例:61句目~

鴈治郎亡き浪花津や近松忌/徳永山冬子

曳売のこゑに振りむく近松忌/角川春樹

道しるべしてある寺の近松忌/中村浜子

門川にして激しさよ近松忌/大峯あきら

阿波に生れ浪花に育ち近松忌/福田蓼汀

降りそめし浮世の雪や近松忌/茂野六花

天晴れな再婚したり近松忌/瀧澤伊代次

なき母の絵双紙のこる近松忌/外尾倭文子

わざをぎに更闌けし灯や近松忌/飯田蛇笏

爪剪つてもらふ甘えや近松忌/鈴木真砂女

人の居る気配にぬくみ近松忌/岩淵喜代子

どの花を挿しても足らず近松忌/細見綾子

水のあるところ靄たち近松忌/鷲谷七菜子

人形焼律儀にあひ肖て近松忌/平井さち子

傀儡にも座設けしたり近松忌/水原秋桜子

竹生島昏れてゐたりし近松忌/北見さとる

近松忌都心の河は澄むことなし/北野民夫

湯葉の香の二階まできて近松忌/永井龍男

殺鼠剤効くやきかぬや近松忌/吉本伊智朗

祖母よりの鏡台みがく近松忌/鷲谷七菜子

俳句例:81句目~

近松忌しのび泣きもす女とは/鈴木真砂女

そののちの噂は聞かず近松忌/片山由美子

振のなきコート鎧へり近松忌/殿村莵絲子

たたられてあいにくの雨近松忌/高澤良一

曾根崎のネオン見て過ぐ近松忌/冨田みのる

そもそもの初めがありて近松忌/岩淵喜代子

内儀ぶりいつ身につきし近松忌/車谷弘花野

煮えきらぬは男なりけり近松忌/成瀬櫻桃子

烏賊のごと足袋つるされし近松忌/寺井谷子

近松忌をとこもすなるしのび泣き/板谷芳浄

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ