季語/冬安居(ふゆあんご)を使った俳句

「冬安居」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「冬安居」について

【表記】冬安居

【読み方】ふゆあんご

【ローマ字読み】fuyuango

子季語・関連季語・傍題・類語など

・雪安居(ゆきあんご:yukiango)

季節による分類

・「ふ」で始まる冬の季語

・「冬の行事」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

冬安居を含む俳句例

山寺に老僧一人冬安居/吉田伝治

還俗の心を秘めて冬安居/山口一秋

訪ねたる近江の一寺雪安居/森澄雄

一枚に床板ひかり雪安居/大熊輝一

雪安居炊ぎの煙杉に上げ/荒井正隆

沐浴の掟きびしき冬安居/能仁鹿村

端近に使ひ尼趺坐冬安居/山口民子

雪安居剃髪僧の青つむり/石田/博

気配なき気配漲る冬安居/稲畑汀子

学生の梳らざる髪雪安居/佐野まもる

冬安居佐久の端山の鴾色に/土屋未知

狐狗狸の頭ならべて雪安居/本田一杉

雪安居僧に七曜なかりけり/辻本青塔

雪安居すみ衆僧のみな素足/岡田太雄

雪安居胸中に雪降らしゐる/嶋杏林子

学僧の下駄並べあり冬安居/樹下敏諦

田の風を真向にうけ冬安居/宇江点平

雪安居闔衆の名を板書せり/荒井正隆

落葉降る音のみ峡の冬安居/尾崎高子

訪ふ人に山門鎖さず冬安居/稲畑汀子

俳句例:21句目~

板もて来意告げよと雪安居/吾妻青原

ひたすらに読経三昧雪安居/古川禎子

入浴の喚鐘きこえ雪安居/大森扶起子

冬安居夫の墓所に猫殖えて/殿村莵絲子

東司にも香を焚きこめ冬安居/上原朝城

白々と障子しめあり冬安居/前沢落葉女

僧百の粥座はじまる雪安居/町田しげき

臘梅に訪へば尼僧も雪安居/長谷川久代

しんしんと物音断ちし雪安居/桑田青虎

雪安居僧あるときは小指噛む/辻本青塔

金泥に帯び描くことも冬安居/京極杜藻

老僧の補聴器しかと冬安居/伴/縷紅女

竃燃ゆる音のほかなし雪安居/佐野美智

うかうかと日数たちけり冬安居/山本晴代

庫裡に吊る沓の濡れをり冬安居/羽田岳水

行脚こゝに名山にあひぬ冬安居/松瀬青々

著るものは皆著せられて冬安居/遠藤梧逸

石黙し樹々ささやける冬安居/吉井黄莫生

閉めきつて燭すら見えず冬安居/大熊輝一

消炭に火のいろうかぶ雪安居/三田きえ子

俳句例:41句目~

四九の垢離いつしかに慣れ冬安居/中村仏船

炉火掻いて瞳も火のいろの雪安居/山口草堂

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ