季語/迢空忌(ちょうくうき)を使った俳句

「迢空忌」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「迢空忌」について

【表記】迢空忌

【読み方】ちょうくうき

【ローマ字読み】chokuki

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「ち」で始まる秋の季語

・「秋の行事」を表す季語

・「初秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

スポンサーリンク

迢空忌を含む俳句例

雲刷きてさびしき神や迢空忌/林翔

わが内の翼の疼く迢空忌/野田久美子

昆虫の摺る翅の音も迢空忌/藤田湘子

箱根路に雨籠りして迢空忌/波戸岡旭

いしぶみに蜥蜴の蒼し迢空忌/角川春樹

この谷は葛も過ぎけり迢空忌/加藤薫子

たぶの木に遠き海鳴り迢空忌/角川春樹

獨り居の粥炊いてゐる迢空忌/福島壺春

葛を踏む音のかそけさ迢空忌/角川春樹

迢空忌破風に月夜の大蛾憑く/飯田龍太

迢空忌耳のあたりを星流れ/藤田あけ烏

かくも長きこころの不在迢空忌/安立公彦

サルビヤのさかる療舎や迢空忌/巌谷小波

栂の木のこぼせし実なり迢空忌/吉田紫乃

雲ちりぢり学継ぎがたし迢空忌/能村登四郎

火を見つめ酒飲む癖や迢空忌/七田谷まりうす

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ