季語/秋の霜(あきのしも)を使った俳句

「秋の霜」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「秋の霜」について

【表記】秋の霜

【読み方】あきのしも

【ローマ字読み】akinoshimo

子季語・関連季語・傍題・類語など

・秋霜(しゅうそう:shuso_)

・秋の初霜(あきのはつじも:akinohatsujimo)

季節による分類

・「あ」で始まる秋の季語

・「秋の天文」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

秋の霜を含む俳句例

掃捨て見れば芥や秋の霜/諸九尼

老眼にもるる小貝や秋の霜/丈草

暁やしほたれ山の秋の霜/松岡青蘿

無言とは妻の仕打ちの秋の霜/澤悦子

爪白の石のあはれや秋の霜/上島鬼貫

風の音にくさる菌や秋の霜/渡辺水巴

手に取らば消えん涙ぞ熱き秋の霜/芭蕉

散らばれる屑大根に秋の霜/鈴木灰山子

秋の霜懺悔こころに郷土ふむ/飯田蛇笏

撫でたまへ我いただきの秋の霜/中村史邦

秋の霜うちひらめなる石のうへ/蕪村遺稿

秋の霜老いは胎児に似て眠る/長谷川朝風

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ