季語/帳綴(ちょうとじ)を使った俳句

「帳綴」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「帳綴」について

【表記】帳綴

【読み方】ちょうとじ

【ローマ字読み】chotoji

子季語・関連季語・傍題・類語など

・御帳綴(おちょうとじ:ochotoji)

・帳祝(ちょういわい:choiwai)

・帳書(ちょうがき:chogaki)

・帳始(ちょうはじめ:chohajime)

・新通(しんかよい:shinkayoi)

季節による分類

・「ち」で始まる新年の季語

・「新年の生活」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

帳綴を含む俳句例

伊賀紙の紙の白さよ御帳綴/観

商ひの繁昌祝へ御帳綴/伊藤天籟

七ツ倉持つ身上や御帳綴/杉山飛雨

帳綴や古き音なる掛時計/阿片瓢郎

沈みたる舟の帳尻御帳綴/串上青蓑

千石の高記す帳綴ぢにけり/西山泊雲

裁屑の膝払ひ立つ御帳綴/佐久間法師

万両の掛もめでたし御帳綴/筏井竹の門

入船の出船の御帳綴ぢにけり/兵藤蘇坤

御帳綴小口の白きめでたけれ/中村泰山

若者ら小縒がよれずお帳綴ぢ/樋口玉蹊子

吾子が書く学生の字の帳祝ひ/池上浩山人

帳綴や掌にまろめたる裁ち落し/秋山馬鼓洞