季語/破魔弓(はまゆみ)を使った俳句

「破魔弓」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「破魔弓」について

【表記】破魔弓

【読み方】はまゆみ

【ローマ字読み】hamayumi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・破魔矢(はまや:hamaya)

季節による分類

・「は」で始まる新年の季語

・「新年の生活」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

破魔弓を含む俳句例

破魔弓や男子四方の志/黙仏

立ち並ぶ破魔矢の店や男山/木犀

破魔弓や的に立たる納豆箱/蓼太

破魔弓と斧と並ぶや山の家/東明

一九九九年の破魔矢かな/五島高資

沖の浪白し破魔矢を袖に抱く/秋を

白雲の白を移せり諏訪破魔矢/静塔

児となるや腰に破魔弓老の春/玄札

一本の破魔矢余生を護るべし/青畝

誰にやる破魔弓ねぎる道心者/来山

あと厄もすみし今年の破魔矢かな/啼

ちはやふる破魔矢の鈴に初の闇/原裕

八幡宮破魔矢握りて五十段/高澤良一

破魔弓や埴生の小屋の蜑が窓/東洋城

天空に神の弓あり破魔矢うく/上野泰

破魔弓やどさと落ちたる松の雪/白及

破魔弓や百姓ながら那須に住む/碧童

破魔矢持つ童女吉祥天なるよ/楠節子

破魔矢欲し武蔵野の風荒ければ/桂子

破魔矢置く寺の畳の青海波/平畑静塔

俳句例:21句目~

風寒し破魔矢を胸に抱へくる/たかし

切先に比叡の雪嶺破魔矢受く/山田弘子

箔を押す鏑雁股破魔矢かな/田中田士英

破魔矢より鈴をはづして弄びけり/原裕

切通破魔矢かざせば海が見ゆ/宮下翠舟

初旅の破魔矢挿す荷を枕上み/茂里正治

破魔矢の鈴暗闇にまた海の音/川崎展宏

破魔弓や大和機女が子宝や/広江八重桜

破魔矢得て飛雪の磴をひたに下る/正雄

破魔矢さし机辺めでたく片づける/播水

破魔矢あり追儺豆買ひ忘れても/及川貞

抱き戻る破魔矢の白と京の冷/山田弘子

松ヶ枝に破魔矢のとどく肩車/小早川恒

無造作に束の破魔矢や巫女溜/立花杢公

はぐれゐし夫かも破魔矢高々と/築城京

破魔矢受けし第一番の男かな/高浜年尾

初詣受けて平家の赤破魔矢/百合山羽公

吊橋を人帰り来る破魔矢手に/田島/十

破魔矢受く山城の国一の宮/後藤比奈夫

空席に破魔矢を寝かせ湖西線/鈴木鷹夫

俳句例:41句目~

紅梅や盆の破魔矢に切火飛ぶ/渡邊水巴

荒矧の破魔矢なれども金の箔/久米正雄

浪花女の背中にさしし破魔矢かな/冬菜

金よりも銀美しき破魔矢かな/串上青蓑

一年を壺に古りたる破魔矢かな/上野泰

高々と破魔矢かかげて渡舟客/山田弘子

破魔矢もつ人神前をよぎりけり/星野立子

白破魔矢武に苦しみし神達よ/橋本多佳子

破魔弓の剛きを老の手に鳴らす/上條筑子

破魔矢とて湖国枯葦かざし舞ふ/加藤耕子

実朝の海より生れし破魔矢享く/北澤瑞史

破魔矢手に汚き雪を蹴りに蹴る/岸本尚毅

破魔矢さす襟や五十の恋いかに/小林康治

破魔矢受く曉光すでに沖にあり/向野楠葉

御神馬の厩舎の柱破魔矢挿し/小原菁々子

戀の矢はくれなゐ破魔矢白妙に/山口青邨

わが寝屋の闇の一角白破魔矢/橋本多佳子

破魔矢うけたゞはぐれじと酉の市/及川貞

折からの雪より白き破魔矢享く/鶴丸白路

松風の小径となりぬ破魔矢持ち/吉屋信子

俳句例:61句目~

破魔矢享け降る筑波嶺雲に入る/小林碧郎

挿して置く破魔矢の影の添ふ如く/たけし

破魔矢あり壺に一枝の梅も咲き/岸風三楼

破魔矢享く吾に白羽の矢が当れ/品川鈴子

高きより破魔矢でかぞへ島の数/鷹羽狩行

病巣を射よと授かりたる破魔矢/品川鈴子

人形の目の逸れてをる破魔矢かな/上野泰

破魔矢抱くやわれを貫く白きもの/塘柊風

伊勢講の婆の土産は破魔矢なり/楠/節子

破魔矢挿す女ざかりの夜の髪/後藤比奈夫

浅間さん詣で破魔矢を高かかげ/高澤良一

破魔矢立て一人書斎に立て籠る/岬/雪夫

反り橋は朱の太鼓橋破魔矢買ふ/田中水桜

破魔矢触れ梅の蕾をまなかひに/吉屋信子

神山に近く住みなし破魔矢受く/山口白甫

破魔矢ゆきあとまたねむるなまこ壁/龍太

空青し破魔矢の人を追ひ越して/岩田由美

大風の夜を真白なる破魔矢かな/渡辺水巴

笹山に入りて破魔矢の鈴さわぐ/宮岡計次

古壷にかたと音して破魔矢挿す/高浜虚子

俳句例:81句目~

肩車されて破魔矢を握りしむ/山崎矢寸尾

白妙の破魔矢いだきて夫子なし/菖蒲あや

葛飾や舳さきに坐る破魔矢の子/角川春樹

藪をゆく破魔矢の鈴の鳴り通し/岸本尚毅

吾も持ち人も持つなる幾破魔矢/久米正雄

追越すやなほ先をゆく破魔矢あり/桂信子

破魔矢もつ父子の影を浜に曳き/宮下翠舟

みくじ吉破魔矢に結び帰りけり/藤松遊子

早立の山荷に破魔矢挿しゐたり/神田/岩

破魔弓に九九を覚ゆる未来あり/正木ゆう子

破魔弓は山びこつくる子のたむろ/飯田蛇笏

破魔弓や入江の波の立つばかり/大木あまり

破魔弓や山びこつくる子のたむろ/飯田蛇笏

破魔矢の鈴師の星父母の星呼べり/奈良文夫

破魔矢もつほかに女の支へなし/長谷川秋子

破魔矢享く神に告ぐべき事告げて/雨宮昌吉

破魔矢受く多摩の横山霞む日を/水原秋櫻子

破魔矢受く母となる日の近き娘に/伊東宏晃

破魔矢手に人ごみに子を探しをり/高濱年尾

破魔矢手に大和心のありやなし/後藤比奈夫

新年の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ