季語/枝豆(えだまめ)を使った俳句

「枝豆」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「枝豆」について

【表記】枝豆

【読み方】えだまめ

【ローマ字読み】edamame

子季語・関連季語・傍題・類語など

・月見豆(つきみまめ:tsukimimame)

季節による分類

・「え」で始まる秋の季語

・「秋の生活」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

枝豆を含む俳句例

枝豆の豆鉄砲や喉仏/矢田挿雲

夏豆の二葉や麦の株返し/去来

枝豆の毛の狐色峰をかし/原石鼎

枝豆をもぎ傍の鉄鍋ヘ/高木晴子

枝豆や月明かに人の顔/石井露月

枝豆に下手碁も二十六夜待/洗耳

枝豆をもぎて炊ぎて庵主/星野立子

枝豆や雨の厨に届けあり/富安風生

枝豆や舞子の顔に月上る/高浜虚子

枝豆や寺に會する二十人/会津八一

枝豆に寒風山の空あをし/高澤良一

守武忌枝豆皿に青く盛り/塙志津男

枝豆を夫に背きて硬茄でに/柿本妙子

枝豆ヤ三寸飛ンデ口ニ人ル/正岡子規

枝豆の碧玉喉に飛び入りぬ/久米正雄

枝豆や三寸飛んで口に入る/正岡子規

湯道具を抱へ枝豆選びをり/館岡沙緻

付けたりの固き枝豆昼の酒/高澤良一

枝豆の豆とばしるや人の顔/星野麦人

十三夜枝豆醜にしてうまき/木津柳芽

俳句例:21句目~

口中に飛ばす枝豆いい感じ/高澤良一

枝豆やモーゼの戒に拘泥し/西東三鬼

枝豆や最終便にしろと言ふ/山田弘子

川音や夜の枝豆つかみいづ/岩田昌寿

朝市の走り枝豆すぐ売れて/柿島貫之

枝豆や十枚そろふ手塩皿/山口たま子

枝豆や夜空に近く座りをり/金子秀子

枝豆や客に灯置かぬ月明り/粟津水棹

枝豆や山科講がこゝろざし/大谷句佛

枝豆に牛の汚れの色を見る/松瀬青々

枝豆や能く洗はれて根つきなる/篠原

枝豆や芸うすき妓の爪化粧/村上喜己

枝豆や詩酒生涯は我になし/本下夕爾

枝豆のはじけ緑の夢ひとつ/松田/淑

枝豆の山より月の上りけり/会津八一

枝豆をつまむ幼児と晩酌す/矢島渚男

枝豆を人待顔にたぶるかな/尾崎紅葉

枝豆を喰へば雨月の情あり/高浜虚子

枝豆の殻ばかりうき物はなし/石井露月

枝豆の産毛を口にして痩せる/大石雄鬼

俳句例:41句目~

もてなしとなき枝豆の喜ばれ/後藤夜半

枝豆の真白き塩に愁眉ひらく/西東三鬼

枝豆や手毬の中にオルゴール/藤岡筑邨

枝豆や友は妻子のこと洩らす/村山古郷

枝豆や塩たつぷりと国なまり/飯村弘海

客散りて枝豆の殼なまなまと/小坂順子

青茹での枝豆かへらざる齢/榎本冬一郎

枝豆やすぐ雰囲気に馴れる性/池田一歩

枝豆や和尚手づからつまみ食/赤木格堂

枝豆を茹でゐる妻の夕ごゝろ/山内山彦

枝豆を食へばう雨月の情あり/高濱虚子

枝豆のあとさき鋏む語りをり/永井龍男

枝豆のすこし硬くて微笑せり/中村路子

枝豆の弾けてみっつ里ごこち/増田萌子

枝豆の葉の落つる日の千枚田/細見綾子

真青に枝豆飯や一つの忌/甲斐田/久子

ころがる枝豆畳に遠き海と山/磯貝碧蹄館

一壷酒のあり枝豆のありにけり/島野汐陽

人生事枝豆青くうだりけり/久保田万太郎

冴え冴えと枝豆白磁の皿大き/河野多希女

俳句例:61句目~

枝豆に藍色の猪口好みけり/長谷川かな女

枝豆がしんから青い獺祭忌/阿部みどり女

枝豆にみちのくの旅続けたる/鈴鹿野風呂

枝豆や莢噛んで豆ほのかなる/松根東洋城

枝豆や酒さめまじく黙りをる/榎本冬一郎

枝豆は妻のつぶてか妻と酌めば/楠本憲吉

枝豆をうけとるものや渋団扇/芥川龍之介

枝豆をおせばつぶてや口の中/五十嵐播水

枝豆やふれてつめたき青絵皿/猿橋統流子

枝豆の食ひ腹切らばこぼれ出む/三橋敏雄

枝豆の青すぎはぐれこころかな/吉田紫乃

枝豆をもぐは肉声よりさびし/小檜山繁子

枝豆を引いて無月の戸にもどる/木村蕪城

枝豆を茹でる湯気まで走りなり/高澤良一

枝豆を食ひ静かなる特ダネ記者/広瀬一朗

枝豆を茹でたき風の吹いてくる/庄子紅子

枝豆ノツマメバハヂク仕掛カナ/正岡子規

枝豆や老いて自在な真砂女の句/角川春樹

畑より間に会ひたると月見豆/瀧澤伊代次

喋らない人が枝豆食べてゐる/木暮陶句郎

俳句例:81句目~

枝豆をけふのたつきにちぎりけり/清原枴童

枝豆や子欲しと言ふをはばかりて/今村俊三

枝豆を酒徒と呼ばれてつまみけり/佐藤仙花

枝豆やこんなものにも塩加減/北大路魯山人

枝豆の影濃く闇も濃かりけり/阿部みどり女

枝豆とコップ二つを出しておこ/関澄ちとせ

枝豆や食のほそりをまのあたり/長谷川春草

枝豆を根こそぎにしぬ佐吉多万人/高澤良一

枝豆を茹でる匂ひでありにけり/菅井たみよ

枝豆の虫噛むだばかりの怒ではあるまい/喜谷六花

枝豆に子規忌済ますや昔顔/富士崎放江、大曲駒村編

お袋が泣いて栄坊のお通夜になる青枝豆の莢/橋本夢道

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ