季語/甘藷(さつまいも)を使った俳句

「甘藷」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「甘藷」について

【表記】甘藷

【読み方】さつまいも

【ローマ字読み】satsumaimo

子季語・関連季語・傍題・類語など

・藷(いも:imo)

・唐藷(からいも:karaimo)

・琉球薯(りゅうきゅういも:ryukyuimo)

・薩摩薯(さつまいも:satsumaimo_)

・島いも(しまいも:shimaimo)

・蕃薯(ばんしょ:bansho)

・紅薯(こうしょ:kosho)

・甘藷掘(いもほり:imohori)

・甘藷畑(いもばたけ:imobatake)

・藷蔓(いもづる:imozuru)

・甘藷の秋(いものあき:imonoaki)

・干藷(ほしいも:hoshiimo)

季節による分類

・「さ」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「仲秋」に分類される季語

月ごとの分類

9月の季語

スポンサーリンク

甘藷を含む俳句例

草市や僅に細き甘藷/野村喜舟

黒島の藷の畑に時雨虹/松藤夏山

猪の鼻が藷掘る無月かな/龍岡晋

稀の栗愛でたし常の藷親し/瓜人

秋風や甘藷酒通す咽仏/野村喜舟

藷腹に軽き飢あり示現流/橋本榮治

藷畑にただ秋風と潮騒と/山本健吉

日の沈む地平線まで藷畑/本間登世

藁担ぎ来て甘藷穴の霜覆/根岸善雄

海近き夜明の藷の畝が冷え/中拓夫

下顎を動かし食らふ熱き藷/森澄雄

月明の箸を逃げたる甘煮藷/斎藤玄

柳川や汲水場に洗ふ走り藷/有働亨

島畑の藷蔓のみや戻り籠/石丸恭子

疎開地の機銃掃射の藷畑/高澤良一

冬空へ打つ甘藷の鳥威し/太田土男

甘藷畑の崖下に紺日本海/茨木和生

走り藷少し並べて朝市女/柿島貫之

甘藷蔓を捨てゝ肥とす島の畑/森田峠

春鹿も所詮貧しう藷食へり/原コウ子

俳句例:21句目~

甘藷配つ街裏大河流れたり/中島斌男

内閣改造甘藷包みし新聞紙/星野禎三

空海のまるみを土の中の藷/大坪重治

利心も漸く失せて藷旨し/相生垣瓜人

粗壁に夕日が射して甘藷煮ゆる/柏禎

藪ふかく甘藷竃古る華鬘草/富安風生

南大門址の藷掘り起す頃/百合山羽公

古墳近し甘藷掘って丘丸裸/右城暮石

樹々多き町富田浜甘藷分つ/山口誓子

欸欸の終焉の島藷を挿す/阿波野青畝

死の雨へ鋼の手足藷買ひに/熊谷愛子

藪鴬笑ひ甘藷提げ三鬼去る/沢木欣一

みそなはせ仏勤も藷よごれ/松藤夏山

藷の付く頃を猪よく知れり/高澤良一

藷を挿す屋の上の畑の白き日に/篠原

藷掘の楽しみ畝に探り当て/高浜年尾

よき婢来て甘藷煮ころばす新厨/林翔

藷掘の藷より多き子の話/永井たえこ

藷畑の起伏二の丸三の丸/下村ひろし

夫婦して主に汗捧げ甘藷挿す/上村占

俳句例:41句目~

辺戸岬甘藷蔓たぐりゐし女/沢木欣一

酒赤し、甘藷畑、草紅葉/芥川龍之介

新馬鈴藷や黒土の窪器めく/香西照雄

串ざしの甘藷宝前に初閻魔/井上治子

雜俳と藷作っても作っても/高澤良一

甘藷掘に神父手を貸す島畑/松原直庵

あかあかと吉野は藷を洗ひあげ/日原傳

予後の妻藷の畝見てまた歩む/斉藤夏風

あかあかと藷洗ひあげ終戦日/高澤良一

藷堀の意を強うせる風が吹き/高澤良一

供藷眼耳鼻舌身意もなしと/阿波野青畝

うつくしきもの献饌の走り藷/黒田杏子

甘藷食ぶまだ信仰に遠くゐて/岩岡中正

藷掘れる島に向つて舟を寄す/松藤夏山

山を向くゆまり念仏藷の里/赤松けい子

虹の雨そゝぐ藷蔓うちかへす/西島麦南

子育ての頃の重みや藷背負ふ/羽根嘉津

しろしめす国土の恩甘藷太る/河野静雲

半漁の糊口の藷に濤ひびく/大岳水一路

甘藷屑がころぶ彼岸の土乾く/松村蒼石

俳句例:61句目~

藷掘りを猿が見に来る岬かな/須原正三

藷掘りに新月かゝり始めけり/松藤夏山

甘藷を掘る女の欲は限りなし/右城暮石

藷掘りて信仰支ふ大江びと/下村ひろし

土われてべにあかこえる藷畠/飯田蛇笏

ミサの鐘藷掘る夫婦立ち上り/秋吉良聞

藷掘られ土と無縁のごと乾く/津田清子

一鍬に藷いくつもの肌すこしみゆ/篠原

主人拙を守る十年つくね藷/芥川龍之介

山頂に女藷食ふかなしけれ/石田あき子

掘り残す甘藷足裏が捉へけり/藤野/力

甘藷車押すは大江の神父かも/古場青芒

新馬鈴藷や農夫掌よく乾き/中村草田男

藷の葉に大いなる穴開けし奴/高澤良一

暮るるまで後一仕事藷をさす/中村志ま

水盤に活けて甘藷蔓ただ暗し/小池文子

水藷といへども笑棄てざりき/石田波郷

福引の当りてどかと藷大根/新津香芽代

藷殻の黒塚群れてわれを待つ/西東三鬼

藷畑のへりの土はや秋深む/百合山羽公

俳句例:81句目~

藷穴の大きく長子還り来る/大江かずこ

藷蔓を衾ちちろの鳴けるなり/高澤良一

藷負ふや焦土の果の夜明富士/加藤楸邨

甘藷の貨車出勤の踏切断ちぬ/原田種茅

風の雁甘藷蔓あげの朝海女に/橋本鶏二

うす味に馴らされて今日走り藷/朝倉和江

うゑをへし拓地の藷に返り梅雨/飯田蛇笏

日に酔うて藷挿しをるや山畑/藤田あけ烏

甘藷売の火屑をこぼす鳥総松/久保田晴朗

お十夜の供物の甘藷にくる鼠/小原菁々子

晩紅を汚して藷を掘りつくす/百合山羽公

暮の富士女ばかりが甘藷負ふか/岩田昌寿

莫迦戦争藷が主食の座につきて/高澤良一

甘藷洗ふ少女に乞ひて水あまき/塚本久子

母よ藷が真赤に晩年もいいね/北原志満子

藷掘る子彼岸の川に走りけり/米沢吾亦紅

土塊にくつついてゐる子藷かな/松藤夏山

コロッケに藷のかたまり夜学果つ/辻桃子

藷掘を見下ろしたまふ野の聖母/朝倉和江

八方へ逃げゆく藷を掘り上ぐる/神生彩史

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ