季語/恵方詣(えほうまいり)を使った俳句

「恵方詣」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「恵方詣」について

【表記】恵方詣

【読み方】えほうまいり

【ローマ字読み】ehomairi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・恵方(えほう:eho)

・恵方道(えほうみち:ehomichi)

・吉方(えほう:eho_)

・兄方(えほう:eho__)

・得方(えほう:eho___)

・元方(えほう:eho5)

・明の方(あきのかた:akinokata)

・恵方拝(えほうおがみ:ehoogami)

季節による分類

・「え」で始まる新年の季語

・「新年の行事」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

恵方詣を含む俳句例

暁の恵方の天の男山/井上白文地

荒磯の岩も祭りて恵方かな/朱人

砂浜に人の影生む恵方みち/原裕

海峡の片側山や恵方船/稲田秋央

傘に歯朶かゝりけり恵方棚/夕道

月山の霊験眩し恵方道/岩瀬木蘭

恵方なる一面の火の崖椿/井沢正江

霞網破れてゐたる恵方径/茨木和生

足の向く村が我らの恵方かな/一茶

満潮に舟漕ぐ恵方詣かな/鬼頭青苑

若者の馬走らすや恵方道/青木月斗

葛飾に残る水田も恵方道/大網信行

駅からの一本道が恵方道/塩川雄三

湖の上に恵方道あり弁財天/森澄雄

万歳のうしろ姿も恵方道/高浜虚子

恵方神多し日本の神多し/右城暮石

藪中の神厳かに恵方かな/野村喜舟

恵方道故里人と話しつれ/富安風生

男にはうすずみ色を恵方道/齋藤玄

暁闇の迷ふことなき恵方道/成宮紫水

俳句例:21句目~

涸川を徒渉て恵方の観音堂/関森勝夫

庵主や恵方に据ゑて置炬燵/河野静雲

炉の上に隠倉ある恵方かな/古舘曹人

七塚の虎ケ塚こそ恵方かな/西本一都

救命具あまた備へて恵方船/八染藍子

戸隠の恵方ふるみち七曲り/西本一都

御神火の椿の島を恵方とす/原田青児

恵方道狐の穴もほとりして/白岩三郎

母の家へ向ふ即ち恵方道/肥田埜勝美

入院の母訪ふ道を恵方とす/館岡沙緻

千年へ一歩踏み出す恵方道/高橋悦男

恵方嶺噴煙もまた雪白に/上田五千石

鮠串を弁慶にさす恵方かな/古舘曹人

靴の先濡らす恵方の渚かな/館岡沙緻

閂を闇にさしこみ恵方へと/今関幸代

枯数珠玉畦に奏でて恵方道/富安風生

百代の過客黄泉への恵方道/小出秋光

白髪の素袍めでたし恵方道/高田蝶衣

外れて踏む畦の青草恵方道/皆吉爽雨

恵方への道のはじまり雪怒濤/斎藤玄

俳句例:41句目~

恵方とや樹影正しき靄の中/京極杜藻

行く水にわれも従ふ恵方道/中村汀女

ゆくほどに雪嶺囲ひや恵方道/森澄雄

白濤の高きを恵方道とせり/斎藤梅子

神がくれせる童を拾ふ恵方嶺/飯田蛇笏

あるがまま生く人生を恵方とす/苗代碧

藪中にあつまる径も恵方かな/岸風三樓

身ひとつの素面素手なる恵方道/岡本眸

こと~とまだ夜深きを恵方哉/角田竹冷

金柑の食べ頃となる恵方かな/岸本尚毅

銛の秀を飾りし海女の恵方棚/山崎羅春

ますほ貝探す渚も恵方かな/北/きりの

よく食べる鳩の福相恵方みち/毛塚静枝

わが道を闊歩す方を恵方とす/堀川旦州

仮に打つ釘もききけり恵方棚/萩原乙彦

伊吹嶺の茜恵方とおもふべし/佐川広治

先づ恵方みの幸よろし稲荷山/上島鬼貫

古地図に松のいろ濃き恵方道/赤尾恵以

嘴黒き鷺の田道も恵方かな/鳥居美智子

夢ひとつかけし恵方の湖明り/高橋淑子

俳句例:61句目~

大富士を恵方としたる道太し/加藤晴子

大門の玉川をわが恵方とす/深川正一郎

大鳴門の渦百態の恵方かな/つじ加代子

太陽に真向きて恵方道となる/菖蒲あや

富士みゆる窓を恵方や庵の朝/井上井月

少年に一樹ふりむく恵方道/直江るみ子

山中の斧のひかりを恵方とす/佐川広治

山河みな茂吉の歌や恵方道/長谷川耿子

山風に買ふ矢真白き恵方かな/渡辺水巴

恵方とて山の祠の灯さるる/つじ加代子

恵方とて海の上にも道を延べ/鷹羽狩行

恵方とや一直線はおそろしく/太田保子

恵方にはかかはりもなき初詣/岡安仁義

恵方へと向けて仮免練習車/松倉ゆずる

恵方への下駄にて渡る橋一つ/千田一路

恵方より波のよせくる渚かな/江川風史

鵜の一つ恵方迥かに浮き沈み/鈴木花蓑

恵方棚今朝生みたての卵載せ/増田昌恵

恵方詣帰りは昼の月連れて/深見ゆき子

恵方道大岩土堤にあげしまま/飯田龍太

俳句例:81句目~

恵方道梅若塚に詣りけり/長谷川零餘子

恵方道相模はうしほ満つる国/田中鬼骨

我が杖の赴くまゝに恵方みち/緒方句狂

我向ふ方を恵方と信じ行く/澤村/芳翠

日々通ふ看取の道も恵方かな/橋本榮治

時じくの虹が行手に恵方みち/末次越泉

暗がりに堰の音ある恵方かな/広瀬直人

枯桑のいつもの道を恵方とし/倉田紘文

海上へ出てまつすぐに恵方道/高橋悦男

淡水に潮の入り来る恵方かな/中原道夫

湿原の日矢射す方の恵方かな/斎藤青火

滾々と水湧くところわが恵方/山岸治子

火燵出て恵方の人に交りけり/安井小洒

牛飼は恵方を雪にとざされし/小黒/宏

白鳳の野仏在はす恵方道/長谷川浪々子

白鷺の枯田にあそぶ恵方かな/安藤林蟲

流れたる星の行く方を恵方とす/岡村光代

いと小さき凧のあがれる恵方道/岩城佳州

恵方など知らず用ある方へ行く/藤田湘子

めでたさや恵方詣の酔ひ戻り/水原秋桜子