季語/鏡開(かがみびらき)を使った俳句

「鏡開」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鏡開」について

【表記】鏡開

【読み方】かがみびらき

【ローマ字読み】kagamibiraki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・鏡割(かがみわり:kagamiwari)

季節による分類

・「か」で始まる新年の季語

・「新年の生活」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

鏡開を含む俳句例

鏡開き影を深めて檜山/政木紫野

老妻の一打の強し鏡割/白岩三郎

相撲取の金剛力や鏡割/村上鬼城

新橋の鏡開の飲屋かな/高澤良一

金太郎生れて鏡開かな/吉崎つる代

雀来よ鏡開きの屑撒かむ/三嶋隆英

玄翁の狙ひたがはず鏡割/本宮鼎三

三寸のお鏡開く膝構ふ/殿村菟絲子

事務室に鏡開きの椀並ぶ/藤原照子

厄年の招かれ鏡開きかな/熊田鹿石

身を以てひらくわが道鏡割/轡田進

鏡割女は強くなりにけり/水原春郎

また過ぎぬ鏡開の一日も/百合山羽公

手力男かくやと鏡開きけり/京極杜藻

鏡開き父の後姿に老まざと/楠本憲吉

雀来て鏡びらきの膝がしら/宮坂静生

鏡開静座の息のゆたかなる/奥峰輝治

鏡びらき昼の磧にひるの闇/宮坂静生

鏡割一人の汁粉つくりけり/中里泰子

門弟を持たざる鏡開きかな/秋山卓三

俳句例:21句目~

なぜか素直に鏡開の夜の子ら/堀口星眠

よく晴れて鏡開きの名無し山/綾部仁喜

社員食堂鏡開きの汁粉出す/飯尾婦美代

鏡開きにあます力と冬に入る/武田和郎

五十過ぎても男力や鏡割る/下村ひろし

松に降る雨うつくしや鏡割/岩中志げ子

鏡開明日とはなりぬ演舞場/水原秋櫻子

いつの間に侍りし子等や鏡割/大澤/柿村

鏡開く日の姿見に老いにけり/阿部みどり女

鏡びらき店名旧にもどりけり/久保田万太郎

鏡割るついに熟さぬ実のために/小泉八重子

鏡びらき豊の雪ふるためしかな/久保田万太郎

内なるものかくのごときか鏡割る/田川飛旅子