季語/二人静(ふたりしずか)を使った俳句

「二人静」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「二人静」について

【表記】二人静

【読み方】ふたりしずか

【ローマ字読み】futarishizuka

子季語・関連季語・傍題・類語など

・狐草(きつねぐさ:kitsunegusa)

・早乙女花(さおとめばな:saotomebana)

季節による分類

・「ふ」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

二人静を含む俳句例

前の世の罪許されて二人静/檜紀代

二人静ひとり静よりさびし/角川照子

愁ふ妻二人静にものを言ふ/高橋克郎

雨の粒光れり二人静にも/加田とし女

静かなる二人静を見て一人/京極高忠

二人静いつまで母と暮せるか/白川京子

二人静しづかに髪を愛されて/北川瑩子

二人静に跼みて高野詣でなる/村越化石

二人静娶らず逝きし墓の辺に/吉野義子

二人静木洩日と囁き合ふは/渡邊千枝子

二人静片方の花穂吹きゐたり/中澤/春

夫の忌や二人静は摘までおく/丸山綱女

幽かなる穂花は二人静なる/加藤三七子

群れ咲いて二人静と云ふは嘘/高木晴子

花白き二人静が夜明け待つ/小澤満佐子

二人静いやがうへにも雨ぐもり/木津柳芽

瑠璃の巣や二人静の咲くほとり/山谷春潮

二人静しづかにかげをまとひけり/角川春樹

二人静をんなの髪膚ゆるみくる/河野多希女

二人静墓所に寄るのもえにしかな/田中螺石

俳句例:21句目~

二人静家系図はただ「女」にて/松田ひろむ

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ