季語/クロッカスを使った俳句

「クロッカス」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「クロッカス」について

【表記】クロッカス

【読み方】くろっかす

【ローマ字読み】kurokkasu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・春咲きサフラン(はるざきさふらん:haruzakisafuran)

季節による分類

・「く」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「初春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

スポンサーリンク

クロッカスを含む俳句例

紫の心を掠めクロッカス/後藤夜半

北欧の消印淡しクロッカス/甲斐虎童

クロッカス全き影の芝にあり/片桐美江

クロッカス旅の継目が短かすぎ/赤松子

クロッカス大屋根はまだ雫せり/原田喬

葉が花びらを押しクロッカス/和知喜八

クロッカス妻と二人の旅もがな/山本歩禅

クロッカス岬のはての漁夫の家/小池文子

クロッカス一輪春めく日も一輪/高澤良一

クロッカス断頭台は訪はずとも/山本歩禅

朝礼の列はみ出す子クロッカス/指澤紀子

クロッカス外気窺ひつつひらく/西村和子

陰る日に臆病咲きのクロッカス/高澤良一

クロッカス光を貯めて咲けりけり/草間時彦

クロッカス咲き終りたる日向かな/成瀬正俊

クロッカス地に花置きし如くなり/高浜年尾

クロッカス病む白鳥の視野に咲く/細井みち

クロッカス苑に咲き満つ朝の弥撒/羽田岳水

土覚めてをりクロッカス花かゝぐ/高橋笛美

忘れゐし地より湧く花クロッカス/手島靖一

俳句例:21句目~

父の顔の老斑逃げゆくクロッカス/寺田京子

肺活量おとろへてをりクロッカス/小林篤子

クロッカスぐらと地表を吹ける風/高澤良一

金色の蛾眉をあらはにクロッカス/西村和子

クロッカスの花に冷たき風のあり/中川民子

髭に似ておどけ細葉のクロッカス/高野素十

日が射してもうクロッカス咲く時分/高野素十

クロッカス黄に日溜りの陽を吸へり/山本満義

美容師の指あたたかしクロッカス/北見さとる

大地割れ彩の出でしはクロッカス/小路智壽子

子が植ゑて水やり過ぎのクロッカス/稲畑汀子

子に一つひとつの小部屋クロッカス/田中美沙

庭つきの家にあこがれクロッカス/西牧トキ子

クロッカスいきなりピアノ鳴り出しぬ/宮岡計次

クロッカス松葉の如き葉に守られ/阿部みどり女

クロッカス咲きし佳きことありさうな/上原/信子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ