季語/野遊(のあそび)を使った俳句

「野遊」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「野遊」について

【表記】野遊

【読み方】のあそび

【ローマ字読み】noasobi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・野がけ(のがけ:nogake)

・山遊(やまあそび:yamaasobi)

・山いさみ(やまいさみ:yamaisami)

・春遊(はるあそび:haruasobi)

・ピクニック(ぴくにっく:pikunikku)

季節による分類

・「の」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

野遊を含む俳句例

野遊びの口笛何ぞ高音なる/林翔

母細眼薄明界の野に遊び/桂信子

山遊び我に隨ふ春の雲/石井露月

野遊や路山に入る麥畠/会津八一

女患らが病廊に出て野遊す/齋藤玄

野遊の人見に登る天守かな/谷活東

野遊びの大西洋に車椅子/斎藤夏風

野遊びの妹にして人の妻/南川成樹

野遊びを誘ふ野崎の花暦/前内木耳

野遊びやたつて腰うつ春の暮/信徳

野遊びの終り太平洋に出づ/大串章

老僧の花野遊びは苦行とも/齋藤玄

野遊や霊園行のバスに乗り/瀧春一

野遊や筍早き嵯峨の寺/松根東洋城

野遊びの切株に置く犬の服/小林波留

卒業即浪人の子と野に遊ぶ/細川加賀

野遊の女がぬぎし羽織かな/野村喜舟

野遊の弁当赤き紐ほどく/深見けん二

野遊の心たらへり雲とあり/高濱年尾

妹あわれ野遊の飯食みこぼし/三谷昭

俳句例:21句目~

野遊びの子にひつじ雲兎雲/根岸善雄

子の母のわが妻のこゑ野に遊ぶ/原裕

野遊の遥に水をもとめけり/会津八一

野遊びと世は異ならず白遍路/森澄雄

野遊や人目なければ頬被り/岡本松浜

野遊や口ついて出る唄の節/野村喜舟

野遊びの遠い人影三鬼亡し/佐藤鬼房

野遊びの逢魔が時の橋こつ/牧瀬千恵

野に遊ぶ七夕童子びしよ濡れに/原裕

野遊やよそにも見ゆる頬冠/村上鬼城

野遊びの着物のしめり老夫婦/桂信子

春月や幕とり残す山遊び/大須賀乙字

野遊やあらぬ方より男だち/石井露月

野遊びに祖先の雲の大きかな/里見静

野遊びに昏れ兄妹の同じ声/杉本雷造

芒野に遊べば一夜で銀の髪/本郷和子

孝行の国としよりの山遊び/森田公司

二十で朽ち四十で霞む山遊び/竹中宏

野遊びの橋渡るとき川覗く/小杉風子

雪籠皆が経親し野に遊ぶ/嶋田摩耶子

俳句例:41句目~

野遊びや老の一日すぐ暮れる/菅敏夫

丹頂の遊びをる野を我旅人/依田明倫

野に遊ぶ日曜毎の路を又/楠目橙黄子

野遊や小松がもとの物語り/会津八一

野遊や夕餉は連れの友の家/鈴木花蓑

野遊のをとこが汲んで谿の水/大石悦子

野遊の心のままに別れけり/水田むつみ

野遊の果の船渠にうづくまる/大石雄鬼

野遊びに足らひし妻か夕支度/中島斌雄

野遊びのあつまりて皆直面/吉本伊智朗

わが為に皆野に遊ぶ乳母が宿/高浜虚子

野遊びのしるべの一樹囀れる/橋本榮治

上海を出て清明の野に遊ぶ/三宅清三郎

頒ち合ふ鮨の香濃しや山遊び/岩村牙童

亡き母の乗る浮雲と野に遊ぶ/山田弘子

人と灯を恋うて戻るや野に遊び/森澄雄

印籠に野遊の絵のふくれをり/大石雄鬼

野遊びの声に湧き来し稚の群/河野南畦

野遊びの心たらへり雲とあり/高浜年尾

野遊びの横顔ばかり墓地をゆく/今井勲

俳句例:61句目~

野遊の時間を油断しすぎたる/山田弘子

野遊びの水のしみだす一ところ/辻桃子

春の野や遊び疲れし影法師/市ヶ谷洋子

野遊びの皆伏し彼等兵たりき/西東三鬼

野遊びの離れ居りしは炊ぐなり/鈴木元

野遊びや略図に太き川渡り/櫛原希伊子

野遊びや近く寄りくる淀の鳥/吉田冬葉

野遊や肱つく草の日の匂ひ/大須賀乙字

霞野や遊離たのしむ牛いくつ/村越化石

風出でて野遊びの髪よき乱れ/西東三鬼

芒野に遊びて母の忌なりけり/山田弘子

貝毒の出てくる頃や野に遊ぶ/上島清子

野蒜掘り芹摘み己れ遊ばしむ/石塚友二

野遊のひと日得て飯握るなり/森川暁水

子負虫母たちもけふ野に遊ぶ/篠田悌二郎

野に遊ぶことを翁にならひけり/大石悦子

野遊びの山の名聞きてすぐ忘れ/今瀬剛一

すり傷にママの魔法や野に遊び/熊丸淑子

野遊びのつひには川を徒渉る/猿橋統流子

野に遊ぶ子等紙旗を立てにけり/大田洛川

俳句例:81句目~

野遊びの昼餉の中をわが通る/八木林之助

商ひの遠出野遊びごころにも/宮井しづか

天上の花摘むごとし野の遊び/櫛原希伊子

野遊びの服を叩いて起ち上がり/高澤良一

雲雀野を一つもらひしごと遊ぶ/藤崎久を

暖かき日を遊ばんと野に出でし/高木晴子

書を繰りて野遊びの夜の指粗し/山田弘子

木簡のうすれて読めぬ野に遊ぶ/古賀寿代

野遊やいちごの味の子のあくび/田中幸雪

野遊びや一死もとより屠龍の技/加藤郁乎

母と子と時にはもつれ野に遊ぶ/安斉君子

野遊びやリユックにごつと洋酒壜/小島健

野遊びの児等の一人が飛翔せり/永田耕衣

野遊びのため一湾をよぎり来し/鷹羽狩行

野遊びの野に月上げておどろ髪/攝津幸彦

野の遊びせむとて仇に齢とりぬ/後藤綾子

野遊びのつづきの二人松に入る/中嶋秀子

野遊びに似ておん墓に憩ふなり/手塚美佐

野遊びの天に歩みてゆくごとし/平井照敏

野遊びの続きにありぬ養老院/小泉八重子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ