季語/桜草(さくらそう)を使った俳句

「桜草」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「桜草」について

【表記】桜草

【読み方】さくらそう

【ローマ字読み】sakuraso

子季語・関連季語・傍題・類語など

・プリムラ(ぷりむら:purimura)

・常盤桜(ときわざくら:tokiwazakura)

・乙女桜(おとめざくら:otomezakura)

・雛桜(ひなざくら:hinazakura)

・楼桜(やぐらざくら:yagurazakura)

・化粧桜(けしょうざくら:keshozakura)

・一花桜(いちげざくら:ichigezakura)

季節による分類

・「さ」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

桜草を含む俳句例

霧雨の雫重たや桜草/松藤夏山

放課後の兎当番桜草/竹川貢代

武隈の松みせ申せ遅桜/草壁挙白

咲きみちて庭盛り上る桜草/青邨

桜草の野に東京の遥かかな/風生

桜草灯下に置いて夕餉かな/木歩

雨音に心ゆるべば桜草/中村汀女

桜草培ふ画師が娘かな/梅本塵山

行商の茶の風呂敷や桜草/日原傳

桜草入荷大寒前にして/高澤良一

こどもの眼皆うららかに桜草/龍雨

桜草コツプにふれし匙の音/井上雪

桜草起居にゆれて昼長し/清原枴童

桜草卓上のベルかろく打つ/上村占

見ゆるかと坐れば見ゆる遠桜/草城

桜草つくる吉田の古邸/五十嵐播水

薫風や元日から咲く桜草/渡辺水巴

フラスコの水美しき桜草/遠藤梧逸

引導の声のをさなし桜草/柢/太郎

指組めば指が湿りぬ桜草/鈴木鷹夫

俳句例:21句目~

花びらにかくるる蕾桜草/倉田紘文

下に鍵かくして桜草の鉢/木内怜子

二鉢に競ひて咲けり桜草/手島知韶

起立する身の浮上感桜草/高島筍雄

桜草さくらより濃く野を染めぬ/沢聰

凍る夜を花もこぼさず桜草/渡辺水巴

さくら草果てし野を踏む蝮捕/滝春一

桜草ポーチに風の少し出て/行方克巳

桜草一鉢児らに励まさる/つじ加代子

桜草咲いてむかしの暴れ川/松本泰二

桜草の小鉢に二階住ひかな/野村照子

桜草弁重りて濃きところ/深川正一郎

桜草植えをり妻の名は陽子/高澤良一

海見ゆる窓に置きあり桜草/田中冬二

盤石の日をかへしをり桜草/西本一都

耐寒性さくら草にて花果敢/高澤良一

花摘みの稀に目こぼし桜草/手塚美佐

ミシン踏む音に顫へて桜草/西村和子

一政の背文字太かり桜草/谷内田和子

褄よごれして桜草摘み帰る/喜谷六花

俳句例:41句目~

襤褸のうへ犬眠りをり桜草/鈴木貞雄

万巻の書は積まずとも桜草/後藤夜半

風そよぐ田島ヶ原の桜草/新居さくを

位牌より遺影の親し桜草/塩谷はつ枝

プリムラや給水塔は風の中/石田波郷

吸呑みの水絞り切る桜草/蓬田紀枝子

囲はれて桜草咲く河川敷/伊阪美袮子

塵かごの赤きに下宿さくら草/赤松子

嫁ぐすぐ妊るあはれ櫻草/篠田悌二郎

子の机借りて文書く桜草/吉田とし子

本読まぬ此頃や灯の桜草/大谷碧雲居

桜草かならずどれかふるへゐる/歔木

また過ぎし一週間や櫻草/久保田万太郎

桜草の鉢と置きある如露かな/京極杞陽

嫁のゐぬ日のさびしさの桜草/勝又一透

桜草しづかに花をつゞけけり/清原枴童

桜草一茎のびて花とぼし/阿部みどり女

ちらつきし雪やみにけり桜草/鈴木花蓑

桜草が好きと答へし人が好き/京極杞陽

桜草棒パン呉れたは竹中郁/伊丹三樹彦

俳句例:61句目~

まのあたり天降りし蝶や桜草/芝不器男

行春を咲きもつゞくや桜草/岡本癖三酔

カーテンと玻璃とのあひだ桜草/森田峠

寿ぎごとに患母涙ぐむ桜草/小原菁々子

一杯のコーヒーの銭さくら草/細見綾子

一盃のコーヒーの銭さくら草/細見綾子

少女の日今はた遠くさくら草/富安風生

櫻草が好きと答へし人が好き/京極杞陽

櫻草買ふほどの税還りくる/北見さとる

授業いま五の段の九九さくら草/樋笠文

桜草植う家いやに殖えにけり/高澤良一

造花ばかりの中のまことの桜草/轡田進

夜の部屋に日向の色の桜草/片山由美子

雪嶺より高処ホテルの桜草/神尾久美子

桜草みんな話は空にぬけ/長谷川かな女

プリムラの蕾多きを選び買ふ/山口恵子

桜草妻子が日射し惜しみつつ/橋本冬樹

桜草のせてタイルの罅こまかし/横山白虹

櫻草のせてタイルの罅こまかし/横山白虹

桜草かへりみすれば色さみし/高橋淡路女

俳句例:81句目~

桜草砂場の鮫に子が消えて/すずきりつこ

桜草の鉢またがねばならぬかな/高濱虚子

これからのこの世のいろに桜草/和知喜八

雨戸繰る眼のやりどころ桜草/川島彷徨子

さらさらと水そゝぎけり桜草/飯島みさ子

そはそはとしてをりし日の櫻草/後藤夜半

雲上に日のあるアツツさくら草/浮洲久子

ぬすみ見る女医の横顔さくら草/浜田冬歩

仕合せは小さくともよし桜草/久保しん一

プリムラや眩暈のごとく昼が来て/岡本眸

カラーの糊きき過ぎてをり桜草/村沢夏風

桜草身のうちも陽のさざなみす/小檜山繁子

桜草咲かせてあくまで女がいい/斉藤すず子

さくら草顕微鏡下の菌うつくし/下村ひろし

消ゆるまでの雛の灯にあり桜草/大谷碧雲居

町に住めば町に住んだ気桜草/久保田万太郎

桜草の名所とも知らず野に遊ぶ/大場白水郎

桜草にはかに雪となりにけり/久保田万太郎

桜草日に日に褪せて風が吹く/阿部みどり女

桜草たのしげに咲き増えにけり/高田風人子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ