季語/太箸(ふとばし)を使った俳句

「太箸」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「太箸」について

【表記】太箸

【読み方】ふとばし

【ローマ字読み】futobashi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・孕み箸(はらみばし:haramibashi)

・腹太箸(はらふとばし:harafutobashi)

・羹箸(かんばし:kambashi)

・柳箸(やなぎばし:yanagibashi)

・祝箸(いわいばし:iwaibashi)

・餅箸(もちばし:mochibashi)

・箸包(はしづつみ:hashizutsumi)

・箸紙(はしがみ:hashigami)

季節による分類

・「ふ」で始まる新年の季語

・「新年の生活」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

太箸を含む俳句例

嫁がせて一膳余る祝箸/関口美子

雑煮箸水引かけてひとり~/鬼城

太箸の太きを主持たれけり/涼葉

湖のしぐれてきたる祝箸/福島勲

橿原の宮の太箸今年又/谷村喜美子

太箸に枝の俤ありにけり/長谷川櫂

太箸に根深の芯の熱きこと/辻桃子

昔より細うなりけり柳箸/高本時子

雪の比良軒に迫れり祝箸/板谷芳浄

太箸の木目匂へり祝ひ膳/阿部寿雄

太箸や淡しと思ふ母の面/山田みづえ

太箸や言葉あらたに夫の前/小泉良子

太箸を添へて一椀奉る/五十嵐/象円

深熊野の杉の太箸匂ひけり/清水礼子

貧に処して太箸やまづ潔き/松瀬青々

これは~腰がある餅雑煮箸/川崎展宏

太箸の神と居並ふ心地かな/尾崎紅葉

太箸の素きが母に長かりき/野澤節子

柳箸今年は母の亡かりけり/小澤碧童

太箸まづ常の梅干摘みをり/北野民夫

俳句例:21句目~

太箸も其庭訓の威儀にこそ/石井露月

太箸やいただいておく静心/飯田蛇笏

背のびして鴎見る妻雑煮箸/佐川広治

太箸やまずは丹波の黒き豆/此口蓉子

太箸や廂の空は梅もどき/波多野爽波

太箸や御祓の木のあまりにて/言/水

太箸や惣領といふは粗忽者/清水基吉

太箸をいたゞいて置く内儀かな/卯七

太箸や日ごろの山に正座して/福島勲

太箸にとゞまる日光手に移す/渡辺桂子

太箸のたゞ太々とありぬべし/高浜虚子

太箸の白きに言葉あらたまる/永方裕子

太箸や頬燃えて侍す吾子二人/石田波郷

太箸や家族たしかめ合ふ正座/今木幸子

太箸や戦後を生きて五十年/多賀谷榮一

働かぬ手にいただくや雑煮箸/西島麦南

八十路なる母のおん名を祝箸/角川照子

太箸の鶴にあやかる思ひあり/尾崎紅葉

祝箸みどり児の名も加はれり/津川武子

神路山の焼印あるや雑煮箸/鈴鹿野風呂

俳句例:41句目~

太箸やどこやら梅のはや咲くと/龍岡晋

くづさずに書きし妻の名柳箸/高崎武義

いつまでも母の太箸汚れなく/鳥越すみこ

太箸のこの滑らかなふくらみよ/西田/孝

太箸の真白にうごく火勢なり/鳥居おさむ

太箸やいのち惜まむ四人子に/沢田弦四朗

太箸や覚束なくも左利き/吉武月二郎句集

太箸や帰省子の名もしつかりと/竹内光江

つねになきものめでたくて孕み箸/森澄雄

太箸や七歳にして家の主/吉武月二郎句集

太箸をそへてかげ膳ありにけり/松岡君子

太箸を洗ひざらしてつかひけり/橋本鶏二

太箸の名は子が書いてくれにけり/大石悦子

太箸や染めものばかり喰はさるる/石川桂郎

名を書くや奈良墨にほふ雑煮箸/的場/敏子

太箸やふところふかき父のこと/佐々木菁子