季語/初日(はつひ)を使った俳句

「初日」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「初日」について

【表記】初日

【読み方】はつひ

【ローマ字読み】hatsuhi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・初日の出(はつひので:hatsuhinode)

・初日影(はつひかげ:hatsuhikage)

・初旭(はつあさひ:hatsuasahi)

・初日山(はつひやま:hatsuhiyama)

季節による分類

・「は」で始まる新年の季語

・「新年の天文」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

初日を含む俳句例

蕋の金初日に匂ひ庵椿/風生

初国初日豊石窓命哉/夏石番矢

短檠も明れば長し初日影/乙由

朝雫皺手につたふ初日哉/一茶

初日影鶴に餌を飼ふ人は誰/青蘿

渚ゆくわが足跡に初日かげ/年尾

初日影焦都大阪市を照らす/草城

南窓や梅一輪の初日影/寺田寅彦

初日影万象己が彩放つ/高山洋子

初日仰ぐ雙親の愛一身に/轡田進

千葉県海上郡初日かな/小杉余子

一塊のパン荒々し初日影/原和子

夏休初日の蝶の飛立つて/樋笠文

一木は神のよりしろ初日影/原裕

旗色に比す日本の初日影/泉鏡花

光年の中の瞬の身初日燃ゆ/林翔

松竹の間を濤に初日哉/幸田露伴

大あたま御慶と来けり初日影/巣兆

加茂川や柳条長き初日影/大谷句佛

初日待つ人声にゐて浜の宿/桂信子

俳句例:21句目~

うちはれて障子も白し初日影/鬼貫

九十九里ただの渚の初日かな/喜舟

寒牡丹展や初日は色固し/毛利不一

沖の線血球となりし初日の出/原裕

厨夫踏む帯のやうなる初日向/静塔

拍手の隣久しき初日かな/尾崎紅葉

浄宮の梢氷れる初日かな/高田蝶衣

水底に芽ぐむものあり初日出/紅緑

玉砂利の初日に帽子外套置く/篠原

琴唄の八重の潮路に初日さす/綾子

初日さす大竹藪の青しぶき/神蔵器

しら粥の茶碗くまなし初日影/丈草

瓦屋根波も静に初日かな/尾崎紅葉

男凧海の初日を曳き上る/高橋悦男

極東の一等国や初日の出/巌谷小波

初日さす朱雀通りの静さよ/碧梧桐

梺には水のつめたき初日かな/一鼠

ぬれ色や大かはらけの初日影/任行

旅にして梅一號の初日哉/幸田露伴

奥山や枯木の穂にも初日影/原石鼎

俳句例:41句目~

草の戸の真白き飯に初日さす/正雄

ふるさとの伊勢猶恋し初日影/樗良

行燈に初日の絵品川の海/久米正雄

土蔵から筋違にさす初日かな/一茶

悉く吊革あそび初日さす/中山良章

御幣鯛献上の島初日さす/高澤良一

雪隠の後ろに登る初日哉/会津八一

初日さす畦老農の二本杖/西東三鬼

霜とけて初日にけむる葎かな/鬼城

鮭の簀の寒気をほどく初日哉/左柳

初日さす裾くまなく真新し/荒武蕾

初日燦西の涯まで海祓ふ/加田貞夫

東京湾上に道あり初日さす/益田清

菜畠の初日の客となれりけり/杉風

初日の出小田の塊磊々と/西山泊雲

初日の出東海に面す小城かな/古巌

波皺に鵜の現はるゝ初日かな/白水郎

あしかびのごとき青年初日の出/原裕

沖の舟大き初日に抱かるる/関森勝夫

女房の威儀のをかしく謡初/日野草城

俳句例:61句目~

満面に初日妻つれわたる畦/石川桂郎

げにも春寐過しぬれど初日影/炭太祇

大いなる初日据りぬのぼるなり/石鼎

初日影五尺の庵に入れ申す/藤野古白

殊更に初日待ちたる峠かな/羅蘇山人

初日に決意少年のごと耳羞ぢて/林翔

名水の玉なす雫初日さし/岡本まち子

極楽の島つ岩根の初日の出/坪内逍遥

森羅万象一つ一つに初日影/吉野義子

初日影裏富士雪を新たにす/勝俣明翠

海の禽さびしからずや初日の出/青畝

枯草にまじる蓬の初日かな/渡辺水巴

海坂の千里を一気初日射す/小川玉泉

海底に藻の色顕ちて初日の出/桂信子

海老のつらに伊勢の初日や門飾/白砧

元旦の海かたぶけて初日の出/中勘助

大濤にをどり現れ初日の出/高浜虚子

松の影濃くなりそめし初日かな/信子

清正の烏帽子長き初日かな/会津八一

清盛の頭ほどなる初日かな/会津八一

俳句例:81句目~

木綿縞着たる単純初日受く/細見綾子

木に草に麦に先づ見る初日かな/来山

物干に居る家遠き初日かな/会津八一

大津絵の鬼に初日や庵の壁/籾山柑子

三山の初日御霊よ還りませ/右城暮石

嘉儀候よやおら初日の梅心/上島鬼貫

初日よりゆっくり登る女坂/石井美江

産髪に初日いただかさんと出づ/槐太

朝々の初日をろがみ年のくれ/原石鼎

低く来て初日帯びける鶫の羽/究一郎

甲斐の山覚めず初日の多摩郡/秋櫻子

異人街静かに昇る初日かな/会津八一

健かに母老い玉ふ初日かな/会津八一

白粥の茶碗くまなし初日影/内藤丈草

目つむりて華の如くに初日うく/照子

初日さす鶏に菜を刻むかな/野村喜舟

石庭の石それ~の初日影/松本穣葉子

遅れたり拝む初日雲に浮き/石川桂郎

神杉を射て砕けたる初日かな/稲岡長

初日いま楕円核爆発あるな/三橋敏雄