季語/初音売(はつねうり)を使った俳句

「初音売」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「初音売」について

【表記】初音売

【読み方】はつねうり

【ローマ字読み】hatsuneuri

子季語・関連季語・傍題・類語など

・初音笛(はつねぶえ:hatsunebue)

季節による分類

・「は」で始まる新年の季語

・「新年の生活」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

初音売を含む俳句例

水谺深き夜明けの初音売/臼田亜浪

初音売逡巡のなく遠ざかる/小林貴子

熱高き夢にむかしの初音売/石川桂郎

子を抱くと反身の母に初音売/石川桂郎

僧われにひとつ呉れ去る初音売/東条素香

初音売来てより山の音すなり/中村菊一郎

新年の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ