季語/二日灸(ふつかきゅう)を使った俳句

「二日灸」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「二日灸」について

【表記】二日灸

【読み方】ふつかきゅう

【ローマ字読み】futsukakyu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・二日やいと(ふつかやいと:futsukayaito)

・やいと日(やいとび:yaitobi)

・灸据え日(きゅうすえび:kyusuebi)

・春の灸(はるのきゅう:harunokyu)

季節による分類

・「ふ」で始まる春の季語

・「春の行事」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

二日灸を含む俳句例

み仏の前に肌ぬぐ二日灸/藤掛

仏恩に熱き涙や二日灸/小杉余子

二日灸きかぬ薬を枕元/高田寒水

何病の其筋々や二日灸/矢野奇遇

抽斗の和同開珎二日灸/長谷川双

二日灸花見る命大事也/高井几董

待となき二日灸の来りけり/大夢

先人も惜みし命二日灸/高濱虚子

かくれ家や猫にすゑる二日灸/一茶

老足に足袋美しや二日灸/後藤夜半

笈磨れの尊き肩や二日灸/飯田蛇笏

恋衣抱きしめけり二日灸/滝川愚仏

猶遠き行脚の足や二日灸/大谷句仏

女房の我慢の眉や二日灸/日野草城

われと子と命尊し二日灸/前田普羅

背中より毒の煙や二日灸/高浜虚子

日当れる障子のうちや二日灸/篠原

少壮老い易く二日灸かな/高田蝶衣

恋人の肌覗きけり二日灸/川合仙子

山寺の日がな賑ひ二日灸/八木昌子

俳句例:21句目~

行商の旅の前夜の二日灸/天野菊枝

邯鄲の枕かゝへて二日灸/松瀬青々

亀の尾も残さず二日灸かな/松山華水

二日灸乳飲子ひしと擁きぬ/石田波郷

二日灸石見は雨の濤の数/大峯あきら

二日灸遠鶯を聞きて堪ふ/岡本癖三酔

二日灸障子の破れ庭を見る/内田百間

糞草の烟るも二日やいとかな/毛がん

夜泣癖ある子も患者二日灸/森田愛子

なよ竹の雪折れ妻や二日灸/菅原師竹

衝立のへだつ背二つ二日灸/井沢正江

二日灸閨に西施の臂を噛む/尾崎紅葉

二日灸若き膚を羞ぢにけり/塩崎晩紅里

二日灸秩父の雪が見えにけり/綾部仁喜

善男女足投げだして二日灸/山田/月家

扉のあはぬ仏壇とざし二日灸/亀井糸游

撫肩のさびしかりけり二日灸/日野草城

二日灸娑婆苦の煙あげにけり/福田蓼汀

二日灸命惜しむにあらねども/藤本静子

無量寿といふ一点や二日灸/田中田士英

俳句例:41句目~

睦まじき老の夫婦や二日灸/高橋淡路女

やまの娘に見られし二日灸かな/原石鼎

二日灸草餅あぶる香は誰ぞ/岡本癖三酔

年老いた人も来にけり二日灸/井上井月

霧の毒に二日灸を据ゑにけり/西山泊雲

麦畑をにらみゐるなり二日灸/野村喜舟

打ち侘びて膝抱へ居る二日灸/大須賀乙字

二日灸海荒れてゐる村ばかり/大峯あきら

ほのと来るは二日灸の匂ひかな/小杉余子

この島に素直に老いて二日灸/米倉沙羅女

肌ぬぎて烏帽子のまゝや二日灸/中川四明

健やかに老いて欠かさぬ二日灸/荻田小風

馬で来て灸師だのみや二日灸/河東碧梧桐

死はいやぞ其きさらぎの二日灸/正岡子規

木にのぼり二日灸をいやがりぬ/廣江八重櫻

しづかにもときうつるなり二日灸/松村蒼石

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ