季語/冬暖か(ふゆあたたか)を使った俳句

俳句例:101句目~

つらつらと水流れ冬あたたかき/落合水尾

信号を舞妓と待ちぬ冬あたたか/都筑智子

暖冬や木場あらはなる月明り/金尾梅の門

冬あたたかし観音に千の御手/古屋多代子

冬あたたか佃の空へ橋くだる/上田日差子

冬あたたか竹のこだまの竹踊り/成田千空

冬ぬくきことなど話し初対面/今橋真理子

暖冬や米寿の手がたと餅くばる/角川春樹

暖冬や聞けばきこゆる波の音/大場白水郎

冬ぬくき夜靄別れをすぐへだて/皆吉爽雨

冬ぬくき島に来にけり海鵜見る/星野立子

暖冬を異変とせざる説も佳し/相生垣瓜人

暖冬異変母の愚かをあげつらふ/清水基吉

松の木に国旗を結び冬あたたか/鈴木節子

枯菊を抜いて暖冬の日あまねし/内藤吐天

冬ぬくく友愛をわがこころの灯/飯田蛇笏

椋鳥のぞろぞろあるき冬ぬくし/堀口星眠

冬ぬくく地の意にかなひ水移る/飯田蛇笏

母と云ふ役を果す日冬ぬくし/小川原嘘師

冬ぬくく夜霧舞曲を黄ならしむ/飯田蛇笏

俳句例:121句目~

流れゆくものに雨見え冬ぬくし/小原啄葉

冬ぬくく果樹の畑も屋敷うち/長谷川素逝

冬ぬくく紀北やまなみ雲をみず/飯田蛇笏

生後直ちの髪むらさきや冬暖か/奈良文夫

冬ぬくし墓地にきこゆる水の音/藤岡筑邨

冬ぬくし小庭ながらも椎立ちて/清水基吉

冬ぬくし日当りよくて手狭くて/高浜虚子

冬ぬくし水飛ばし掃く魚市場/槫沼けい一

冬ぬくし海をいだいて三百戸/長谷川素逝

冬ぬくし菜畑の色の豊かなる/植木千鶴子

冬ぬくし重なり合ひて恋の絵馬/高橋悦男

冬ぬくゝ地の意にかなひ水移る/飯田蛇笏

冬暖か鶏舎のたまごころげ出る/近藤静輔

隙八方の身に冬暖の虫を愛す/柴田白葉女

靄深くなりゆくまゝに冬ぬくし/高濱年尾

音楽のふところに居て冬ぬくし/吉原文音

冬暖く日のめをみざる尼の寄り/飯田蛇笏

冬暖の壺をたゝいてゐたりけり/中川宋淵

大き茶碗よわが鼻入れて冬温し/加藤楸邨

冬暖の柚熟れすぎて藁塚に落つ/西島麦南

俳句例:141句目~

煤流せし人暖冬の川を去る/阿部みどり女

冬ぬくし山ふところへ径入れて/櫛原希伊子

校庭の柵にぬけみち冬あたたか/上田五千石

冬ぬくし月にしたがふオリオン座/相馬遷子

冬ぬくし久女の句碑に会ふことも/藤岡筑邨

手紙なら何でも言へて冬ぬくし/月足美智子

伎楽面赤き鼻梁垂れ冬あたたか/大谷碧雲居

泥をつけて冬暖かく歩きけり/長谷川かな女

五肢にわかれて白樺一と根冬暖し/松村蒼石

麦の芽に暖冬異変ありにけり/阿部みどり女

冬ぬくしレイとキスもて迎へられ/築谷暁邨

黒牛の瞳を消すまつ毛冬ぬくし/赤松けい子

冬あたたか五十のわれに母在れば/大野林火

四ッ手干し水郷の冬あたたかに/五十嵐播水

冬ぬくし風呂屋の文字のゆの一字/野村喜舟

うたた寝のまつ毛の軽さ冬ぬくし/谷口桂子

冬ぬくし提灯の灯とすれちがう/田川飛旅子

茶祖に遇ふやうなこの道冬ぬくと/中川宋淵

冬ぬくゝ柞に丘は透きゐけり/長谷川かな女

家路の宵のぬかるを知りつつ暖冬/喜谷六花

俳句例:161句目~

冬ぬくしお玉杓子の居らうとは/池内たけし

布団より鳥の羽根出て冬ぬくし/大木あまり

冬あたたか雨の毘沙門山にゐて/藤田あけ烏

冬ぬくし熔岩を屏風として住まふ/高濱年尾

冬あたたか嬰が母の手を食べんとす/池田澄子

先ず父を新車に乗せて冬ぬくし/小笠原須美子

カーテンで仕切る病室冬ぬくし/長谷川嘉代子

おしなべて眼にするものの冬ぬくし/清崎敏郎

冬ぬくし遠くのものを見てをりぬ/佐藤美恵子

冬ぬくしアンデルセンを読んでやり/三谷美子

冬ぬくく鶏啼き合うて三軒家/吉武月二郎句集

そつとして置いてもらへば冬ぬくし/岩上とし子

宣撫ぽすたあに冬あたたかき顔をよせ/長谷川素逝

冬あたたか尾があらばふさふさと飛ばむ/長谷川秋子

タイトルとURLをコピーしました