季語/鯨鍋(くじらなべ)を使った俳句

「鯨鍋」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鯨鍋」について

【表記】鯨鍋

【読み方】くじらなべ

【ローマ字読み】kujiranabe

子季語・関連季語・傍題・類語など

・鯨汁(くじらじる:kujirajiru)

季節による分類

・「く」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

鯨鍋を含む俳句例

大小の油目泳ぐ鯨汁/上村占

珍しき高知の雪や鯨鍋/西武比古

おのおのの喰過がほや鯨汁/几董

お長屋の老人会や鯨汁/子規句集

八朔やぎをん川上鯨汁/黒田杏子

古墳見て戻りし夜の鯨汁/田村一翠

鯨汁熱き啜るや外吹雪く/大谷繞石

鯨鍋あつし叛骨そゝのかす/小林康治

低頭に過ぎしひと日の鯨汁/北村直彦

鯨汁のれんが割れて空青き/岸本尚毅

鯨鍋夜の海鳴りに眉をあげぬ/深見涼哉

ひたすらに煮つまってゆく鯨鍋/宇多喜代子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ