季語/冬の星(ふゆのほし)を使った俳句

俳句例:101句目~

寒星にどの夜もどこかに雲白し/篠原

天狼の光りて豆腐凍りけり/野木与情

冬銀河歳月をもて測る距離/辻美奈子

塵芥の捨場寒星かゞやけり/右城暮石

冬の星足もとに犬来て息す/廣瀬直人

冬銀河畑菜の青を感じつつ/佐野良太

墳山の天狼父にまぎれなし/角川春樹

墳山の真上天狼またたけり/佐川広治

創いたむ風の彼方の冬の星/小林康治

庇合に一つ見ゆるや冬の星/日野草城

窓ぬれて寒星下りて来つつあり/柏禎

東京の悪に触れたる冬銀河/新城杏所

自転車を漕ぐ寒星の宙の中/相馬遷子

極めたる色の白なり冬の星/高石幸平

星冴ゆる歩いて居れば心足る/石昌子

荒星の冷え野天湯に女どち/大橋敦子

荒星の掴む近さや初薬師/曽根原幾子

荒星や深くは眠れざる男/夏井いつき

星冴ゆる枚を銜んで六百騎/寺田寅彦

上蔟や荒星ひとつ森を出づ/岩永佐保

俳句例:121句目~

冬銀河青春容赦なく流れ/上田五千石

金属のスクスク育つ冬銀河/三浦北曲

青貝の櫛買うて出づ寒昴/文挾夫佐恵

面上の星はいのち火冬銀河/井沢正江

吹き晴れてくらき大地と寒の星/篠原

黒天にあまる寒星信濃古し/西東三鬼

冬銀河まっすぐ届く声を持つ/二村典子

冬銀河何處ぞとあふぐ千鳥足/高澤良一

冬銀河山影かむる和紙の里/柴田白葉女

冬銀河巌より暗く海ありぬ/田中ひろし

冬銀河患者の一語残りをり/岩永のぶえ

冬銀河映して凪げりエーゲ海/毛塚静枝

冬銀河時間過ぎゆくときの音/石田郷子

冬銀河母あることを恃みとす/館岡沙緻

冬銀河真つ向に墓標歩かせる/蔦愁花女

冬銀河紙で切りたる指うづく/平井照敏

冬銀河肩にまはる手真白なる/仙田洋子

冬銀河藁足して馬睡らしむ/木附沢麦青

冬銀河言葉で殺し合ふことを/櫂未知子

凍星の鋲を打ち込む木地師谷/中村翠湖

俳句例:141句目~

友越して半年過ぎぬ冬銀河/矢口由起枝

君寄らば音叉めく身よ冬銀河/藺草慶子

土佐沖の星冴ゆるなり漁始/綿谷ただ志

大吠えて氷湖天狼を真上にす/福田蓼汀

天幕を畳むサーカス冬銀河/小田実希次

天鳴りて寒星青き火を散らす/相馬遷子

女盛りのマチ子と仰ぐ冬銀河/青木重行

寒北斗死にはじめたる後頭部/栗林千津

寒星となるらし土橋は肉の響き/遠藤煌

寒星とまたたき交す受験苦よ/平畑静塔

寒星に懐中燈を向けて照らす/右城暮石

寒星のひとつを引きてわが燈火/岡本眸

寒星の近々と地のぬかるめり/右城暮石

寒星やいのちの果ての北枕/佐藤きみこ

寒星や亡き師の叱咤高きより/池田秀水

寒星や仰げばすでに声は無き/相馬遷子

寒星や北の血脈継ぐために/渡辺誠一郎

寒星や神の算盤たゞひそか/中村草田男

寒星をあほぐ癖つき一周忌/柴田白葉女

寒星をつかむ仕ぐさの子の拳/対馬康子

俳句例:161句目~

寒星をぶちまきし下浮浪がり/平畑静塔

寒星を近々と地のぬかるめり/右城暮石

寒星動きて喪の家に淡き影/加藤瑠璃子

寒昴いま少年にくらい智慧/中尾壽美子

寒昴フルートの音は続きをり/冨田弥生

少年をさかしまに抱き寒昴/増田まさみ

干柿に宇陀の荒星今宵より/大峯あきら

手を洗ひ寒星の座に対ひけり/山口誓子

星冴ゆる窓やワインの杯重ね/吉村容子

母恋し逝きし子恋し冬銀河/清水きよ子

水に浮くもの透かし見ぬ寒昴/石川桂郎

煙突掃除夫が寒星を弾き出す/野中亮介

犬吠えて氷湖天狼を真上にす/福田蓼汀

玉はじけては集ひけり寒昴/市村究一郎

癌病棟夜は凍星にのぞかるゝ/岸風三樓

冬の星屍室の夜空ふけにけり/飯田蛇笏

神の馬目覚めんとして冬銀河/佐野典子

空ふかく凍星月を待ちにけり/松村蒼石

空澄みて光り増したる冬銀河/中村仏船

冬の星明王の眼のごとく燃え/大西淳二

俳句例:181句目~

蜂飼いの友いて冬の星うごく/大西健司

窯火守る傾ぎて大き冬北斗/日比野里江

立ち止まるとき寒星の無尽蔵/木村敏男

美しき名の船が出る冬銀河/池田琴線女

見舞ふたび母遠くなる冬の星/成田清子

足音に追ひつかれさう冬の星/高木晴子

舟よこげよ億光年の冬銀河/岸本マチ子

荒星と吹かるる河豚の一夜干/片田千鶴

ちかぢかと命を燃やす寒の星/相馬遷子

荒星のいま大寒に入るひかり/相馬遷子

月光のあまねくわたり寒の星/松村蒼石

死をもつて消息わかる寒の星/能村研三

淋しさのきはみの寒の星ひとつ/近藤愛

くに唄に母が寝に入る冬銀河/山田諒子

荒星を風が磨くよ棺づくり/大木あまり

さらす身の十七文字寒北斗/吉田三千子

たましいを蹴りつつ還る冬銀河/須藤徹

どの木にも木霊生まるる寒昴/美野節子

一通の投凾函忘れ星冴ゆる/脇本良太郎

鉄道員の襟に届きし冬の星/稲岡巳一郎

タイトルとURLをコピーしました