季語/兎狩(うさぎがり)を使った俳句

「兎狩」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「兎狩」について

【表記】兎狩

【読み方】うさぎがり

【ローマ字読み】usagigari

子季語・関連季語・傍題・類語など

・兎網(うさぎあみ:usagiami)

・兎罠(うさぎわな:usagiwana)

季節による分類

・「う」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

兎狩を含む俳句例

一揆塚野をほうほうと兎狩/中拓夫

兎狩する頃合の雪降りし/居附稲声

兎狩枯木枯枝鳴らしつゝ/西沢破風

兎狩隣の国も山ばかり/大峯あきら

勃海に傾ける野の兎狩り/石田波郷

城内に兎狩する枯野かな/野村泊月

少年の夜々の夢なる兎狩/石塚友二

渤海に傾ける野の兎狩り/石田波郷

しぐるゝや笹原もどる兎狩/寺田寅彦

学校をからつぽにして兎狩/茨木和生

兎狩すみたる牧の扉を閉めて/佐藤念腹

兎狩ふたたび牡丹雪となる/依田由基人

臍の緒を母屋にしまひ兎狩る/大石雄鬼

躍る胸持ちてありし日の兎狩/小木ひろ子

寺の障子の近くへ兎狩り立てし/廣江八重櫻

山の兎狩りおろす湖の氷かな/菅原師竹句集

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ