季語/冬の星(ふゆのほし)を使った俳句

「冬の星」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「冬の星」について

【表記】冬の星

【読み方】ふゆのほし

【ローマ字読み】fuyunohoshi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・冬星(ふゆぼし:fuyuboshi)

・寒星(かんぼし:kamboshi)

・凍星(いてぼし:iteboshi)

・荒星(あらぼし:araboshi)

・冬銀河(ふゆぎんが:fuyuginga)

・冬星座(ふゆせいざ:fuyuseiza)

・冬の太白(ふゆのたいはく:fuyunotaihaku)

季節による分類

・「ふ」で始まる冬の季語

・「冬の天文」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

冬の星を含む俳句例

投函の後ぞ寒星夥し/山口誓子

星冴て寒菊白う成にけり/唄子

故郷のなき晩年や寒昴/塩田晴江

梳る顔のまはりの寒の星/渋谷道

寒星の爛たる眼全天に/相馬遷子

大日や年の天狼海の上/岡井省二

深川へ納め詣や冬の星/武原はん

寒昴父母の息感じをり/老川敏彦

寒星や魂の着る人の肌/三島広志

冬銀河出自は平氏後不詳/妹尾健

天狼の青き光も春めけり/二口毅

荒星に宿雪の昏るる猟の径/八束

裏街や天狼ももう春の星/原田喬

寒昴眼鏡摧けしその夜も/赤尾兜子

冬銀河軋む扉を開け放つ/前田秀子

伊賀泊り苗代寒の星浴びて/太田嗟

寒星の一つを父の星と決め/南桂介

いくたびも震ふ大地や寒昴/桂信子

夕星のもう凍星か山鼻は/村越化石

峡空に寒星集め雪まつり/神取房江

俳句例:21句目~

冬の星消息といふ縁あり/保坂敏子

極上のほくろが創る寒昴/櫂未知子

寝袋に体温満ちぬ冬銀河/小川軽舟

梁のどこか爆ぜゐし冬銀河/島青櫻

山国の縦につらなる寒の星/中拓夫

寒星の弾ける音す手術室/長山遠志

戸の外に清めの塩や寒昴/中沢城子

狼が空に来てゐる冬銀河/石原八束

木守柿夜は荒星を擁けり/関戸靖子

冬銀河魂炎反応始まりぬ/久冨風子

祈りても終る一日冬の星/長島和子

父の眸は島の荒星夏薊/柴田白葉女

寒昴幼き星をしたがへて/角川照子

一天の寒星つれて出航す/中村尚子

仏壇の街というもの寒昴/対馬康子

凍星は末梢神経の労働歌/赤石憲彦

燈台の遠き燈加へ冬銀河/坂本文子

寒星や暮色が海を押しせばめ/林翔

凍星や瞳と呼べば星鎮む/赤尾兜子

火の山へ荒星帰る猫の恋/橋本榮治

俳句例:41句目~

寒星は天の空洞子の病気/西東三鬼

北に耀る寒星母を喪ひぬ/伊東宏晃

寒星の真只中にいま息す/相馬遷子

冬銀河激せば黙すわが性よ/妹尾健

真夜に見る凍星の大舞踏会/滝青佳

空腹時寒荒星と身が潔し/佐野美智

胸中に布石の一語寒昴/保坂知加子

寒昴鉛筆書きの妹の遺書/角川春樹

荒星の一塵もなき額の上/山田珠み

薬喰峡の荒星ともりけり/石野冬青

永遠と宇宙を信じ冬銀河/高屋窓秋

誓子逝く荒星煌と冴返り/伊東宏晃

鬼舞も照る寒星も昔ぶり/橋本榮治

明々と身のうち通る冬銀河/北詰雁人

寒の星うすき光りの娘星/柴田白葉女

寒の星立身出世の明治恋し/岩田昌寿

峡谷の闇に貼り付く寒の星/仙田洋子

冬銀河鳥のつばさは酒に濡れ/橋口等

廂なる寒星溢れ落ちざるや/橋本鶏二

凍星の光に加ふなにもなし/岡田吉男

俳句例:61句目~

寒昴迷ひし時は歩き出す/高平乃布子

凍星の汝弱しとまたゝくよ/大橋敦子

母在せば問ひたきものを寒昴/荒木梢

寒昴病みてぞ正す仰臥の寝/駒木逸歩

犀は角見ながら育つ冬銀河/大石雄鬼

寒昴死後に詩名を顕すも/上田五千石

また一つ家毀たれて冬の星/高澤良一

寒昴仰ぐなり死を告げ来り/水原春郎

火祭に海の荒星なだれたり/猿山木魂

寒星夥しサーカスのあとの天/斎藤爾

寒星の光髪膚にほとばしる/内藤吐天

天に天狼日本狼死に絶えし/島世衣子

寒星をつなぐ絲見ゆ風の中/福永耕二

火の山の上に消えをり冬銀河/上村占

凍星の高きに祈る父癒えよ/菖蒲あや

渓流に雪の荒星なだれたる/野澤節子

再びは生れ来ぬ世か冬銀河/細見綾子

寒星の天の中空はなやかに/山口誓子

寒星をいつも火星を見をさめに/篠原

冬銀河かぶり平和へ道一本/城取信平

俳句例:81句目~

冬銀河けぶる左右に女弟子/中島斌雄

寒星ら出て荒淫をかなしめり/森澄雄

水仙の夜は荒星のつぶて打ち/岡本眸

寒星や転勤の子の辞令待つ/関口美子

冬銀河ほろと男根垂らしたり/糸大八

凍星も星座を組めば煌けり/野澤節子

寒星や男の意地を押し通す/椎橋清翠

母病むと寒星天に集ふなる/山本歩禅

冬の星わが鬢髪に銀を差す/中島斌男

冬の星仰ぎて通夜の聖堂に/稲畑汀子

冬銀河垂れて狼ほろびの地/橋本榮治

寒星や悲しみいつか諦めに/菖蒲あや

冬銀河姥子はひとり来べき宿/及川貞

機関音恋めき遡る冬銀河/平井さち子

凍星や篠山乾く音ばかり/能村登四郎

冬銀河山影かむる陶の町/柴田白葉女

女にはくちびるの栄冬銀河/藤田湘子

冬銀河息吹きかけて眼鏡拭く/平野博

樟脳の匂ふ胸より冬銀河/大久保悦子

寒星はただ天に倚る海の上/山口誓子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ