季語/冬の蚊(ふゆのか)を使った俳句

「冬の蚊」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「冬の蚊」について

【表記】冬の蚊

【読み方】ふゆのか

【ローマ字読み】fuyunoka

子季語・関連季語・傍題・類語など

・冬蚊(ふゆか:fuyuka)

季節による分類

・「ふ」で始まる冬の季語

・「冬の動物」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

冬の蚊を含む俳句例

隅田川月から冬の蚊喰鳥/榎本好宏

冬の蚊を払ひ即身仏となる/攝津幸彦

冬蚊出て蔵書一塔崩れ落つ/池澤佑子

冬の蚊の触角ベルリオーズの夜/河内静

冬の蚊や書院の畳やや窪み/石垣青☆子

冬の蚊を咄嗟につかみ塵となす/松本進

仏燈に浮み出でたる冬蚊かな/大橋桜坡子

冬の蚊の出で浮く観音開きかな/池田澄子

冬の蚊の声細くして人を刺す/鶴田ちしほ

冬の蚊の往来してゐる二間かな/岸本尚毅

御厨人窟や冬蚊喰鳥こだまなす/黒田杏子

起居水のごとし冬の蚊手に泳ぐ/松村蒼石

冬の蚊の終の野にゆく聲ならん/廣江八重櫻

冬の蚊の耳朶をくすぐる羽音かな/土岐公子

冬の蚊の行き場なかりし出てゆけり/森秀子

腹の立つ事ばかりなり冬蚊打つ/伊藤無限子

鬼女の名をとどむ石塊冬蚊出づ/石橋まさこ

冬の蚊のただよふごとく飛び来たる/杉山綾子

冬の蚊の血の気もあらず膝に寄る/増田河郎子

冬蚊打ちもらせし父の怒りもなし/波多野蟻杖

俳句例:21句目~

ドンキホーテの国の冬の蚊迫りけり/中戸川朝人

冬の蚊の水尾のごときを曳いて来し/鍵和田ゆう子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ