季語/兎(うさぎ)を使った俳句

「兎」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「兎」について

【表記】兎

【読み方】うさぎ

【ローマ字読み】usagi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・野兎(のうさぎ:nosagi)

・越後兎(えちごうさぎ:echigosagi)

季節による分類

・「う」で始まる冬の季語

・「冬の動物」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

兎を含む俳句例

水仙や兎の耳も旭影/荘丹

月球の兎が育つ春の草/原裕

落栗や兎の遊ぶ所なし/成美

初雪に兎の皮の髭作れ/芭蕉

兎杵月物語残すべし/石川桂郎

松虫や兎の道の茂りあふ/野狂

放課後の兎当番桜草/竹川貢代

兎も角も落着き居れば暑からず

初月や兎の臼の作りかけ/支考

豆あらす兎の沙汰や秋の雨/士朗

短日の兎に白き山ばかり/上村占

玉霰月の兎が仕業かな/柳原極堂

無月なる庭に出てゐし家兎/原裕

涼しさや湖を跳ぶ兎波/矢島渚男

兎角して旅の夜明ぞ花の春/言水

栗のいが兎の糞や所々/寺田寅彦

春の兎吐息の音に草を噛む/林翔

料峭や骨をのこして兎汁/日原傳

薄氷や兎をころす童唄/市川千晶

初春や一刀彫りの神兎/松本山雀

俳句例:21句目~

立春や月の兎は耳立てて/星野椿

鯉のぼり兎に影を落しけり/大串章

鳥骨鶏兎と飼われ小六月/磯部千草

鶏小屋に兎も四五羽夏休/生駒清三

吹越に大きな耳の兎かな/加藤楸邨

兎追ひし山こそ思へ葛の花/所山花

月の団子兎~に偸まれな/尾崎紅葉

どびろくや兎の肉は土臭き/瀧春一

朔風やわら一本を噛む兎/五味真穂

全身を鼓膜のやうに夏兎/大石雄鬼

枯葎兎の出づる事も無し/尾崎迷堂

湯治客炉辺に加はり兎汁/松尾緑富

猿どのの夜寒訪ひゆく兎かな/蕪村

白兎月に住みしを語り草/鈴木栄子

秋草を鳥羽絵の兎高掲げ/高澤良一

緑色とくるい兎の一淋し/阿部完市

吹超に大きな耳の兎かな/加藤楸邨

吹越に大きな耳の兎かな/加藤秋邨

七夕に出でて兎も野をかけれ/酒堂

万両は兎の眼もち赤きかな/千代女

俳句例:41句目~

茶の花に兎の耳のさはるかな/暁台

稲刈後の校庭をあるく白兎/中拓夫

金雀枝や兎皮買の車過ぐ/小池文子

雪原を跳び跳ぶ兎一未来/中島斌雄

兎も片耳垂るる大暑かな/芥川龍之介

猿どのの夜寒訪ゆく兎かな/與謝蕪村

うづくまる兎にはとり露の中/中田剛

兎親子福寿草亦親子めく/中村草田男

腹当の月の兎や吾子育ち/宇佐美輝子

兎追ふ林中に声満ちにけり/加藤憲曠

兎飼はれ小学校に立志の碑/坂口匡夫

年逝くや兎は頬を震はせて/飯島晴子

春浅し白兎地をとぶ夢の中/飯田龍太

沖波の兎のごとし葉月了ゆ/小沢萩雨

十六夜や兎の型に切る林檎/平林恵子

十月の兎を園児抱っこして/高澤良一

名月や兎の糞のあからさま/五車反古

国分尼寺静かに消えて白兎/攝津幸彦

檻かじる兎夜半も梅が散る/坪内稔典

家兎逃ぐる蜀黍畑の盆の月/石原八束

俳句例:61句目~

水滴の兎を秋の灯に放つ/相生垣瓜人

末枯へ真白な兎走り出す/瀧澤伊代次

亀は歩み兎は眠る長閑かな/尾崎紅葉

争はぬ兎の耳やかたつぶり/榎本其角

青簾幇間やめて兎児を抱く/宮武寒々

雪原の兎の足跡藪目指す/斉藤志津子

短日や兎つまづく木の根っこ/龍岡晋

倒木を兎も犬もをどり越え/川上蜆児

雨が打つ白兎神社の焚火跡/木村蕪城

門前の烏兎匆匆や桐の花/宇多喜代子

兎にも亀にも内緒冷し瓜/星野麦丘人

遠野火や兎が出でし話など/嶋田麻紀

兎の目春雷沖に出でにけり/小川軽舟

赤兎の攀ぢ上る見ゆ雲の峰/石井露月

完璧なソナタぶるとん兎耳/折笠美秋

兎みな干菜の風に耳たてて/平沢桂二

白丸のなかのいくつの白兎/阿部完市

茅花野に兎の如く君待つも/小池文子

兎より亀が早しと日向ぼこ/西川五郎

若菜手に兎当番登校す/佳藤木まさ女

俳句例:81句目~

兎出づ村に小さな浅間さん/高澤良一

寒の暮兎の箱に足ふれて/百合山羽公

万緑や血の色奔る家兎の耳/河合凱夫

黄砂降り籠にけばだつ白兎/横山房子

兎網張りし合図の笹あがる/白川北斗

学校始兎の檻に先づ集まり/町田しげき

かの裔の贄とささぐる兎の血/栗生純夫

嶽兎貂にはらわたぬかれけり/西本一都

雨月なり兎跳ねゐる楽茶碗/矢吹嘉な江

はつ春やきぎすの係蹄に山兎/三好達治

床下に兎飼ふ家の初日かな/岡本癖三酔

雪崩あと兎真白く死にゐたり/田原玉乃

ももいろの欠伸をひとつ夜の兎/石寒太

ももさくら死は病室を兎跳び/浦野菜摘

鰻食ひあくまでも二兎追ふ話/川村紫陽

岳兎貂にはらわたぬかれけり/西本一都

鳴き兎鳴きしとおもふ湖の月/大島民郎

鳴兎霧来てこゑのやはらぐも/沼澤石次

一兎死に孤兎霜月の耳垂るる/川口重美

佗助の冥き首すじ走兎図に/荻原久美子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ