季語/氷壁(ひょうへき)を使った俳句

「氷壁」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「氷壁」について

【表記】氷壁

【読み方】ひょうへき

【ローマ字読み】hyoheki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・雪壁(せっぺき:seppeki)

季節による分類

・「ひ」で始まる冬の季語

・「冬の地理」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

氷壁を含む俳句例

嶺の星黄を氷壁へしたたらす/太田嗟

氷壁が雲とたたかふ牧の空/大島民郎

氷壁へ氷壁の影刃のごとし/羽部洞然

氷壁を攀づくれなゐの命あり/大串章

火の山の一氷壁の美しき/児玉菊比呂

三面の氷壁のなか水揉み合ふ/岡田日郎

春あけぼの凱歌の如き氷壁立つ/有働亨

木々芽吹く富士の大氷壁の前/羽部洞然

氷壁に夕雲の来てゐたりけり/岡田日郎

氷壁に石楠花凍る葉を垂らす/岡田日郎

氷壁のおのがこだまの中に鴎/古館曹人

氷壁の奥は知らずも死後の国/河野南畦

氷壁は息絶えわれの声けぶる/中本源二

絶巓の夜明け氷壁エメラルド/福田蓼汀

啄木鳥や氷壁に日のにじみ落つ/中村信一

氷壁が返すこだまはわれのもの/本田青棗

聳えゐて氷壁に翳まぎれなし/鷲谷七菜子

氷壁を煽りて発てるブルージェイ/高澤良一

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ