季語/雪達磨(ゆきだるま)を使った俳句

「雪達磨」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「雪達磨」について

【表記】雪達磨

【読み方】ゆきだるま

【ローマ字読み】yukidaruma

子季語・関連季語・傍題・類語など

・雪仏(ゆきぼとけ:yukibotoke)

・雪獅子(ゆきじし:yukijishi)

・雪布袋(ゆきほてい:yukihotei)

季節による分類

・「ゆ」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

雪達磨を含む俳句例

庭の雪使ひ果して雪達磨/湯川雅

再びの雪に盲ひし雪達磨/竹下陶子

雪だるま笑福亭の門前に/高野素十

雪塊を二つ重ねし雪達磨/右城暮石

雪達磨二十世紀も半ば過ぎ/上野泰

学校初校門に雪だるま晴れ/柴田澄子

家々の灯るあはれや雪達磨/渡辺水巴

清水の舞台の上の雪達磨/五十嵐播水

牧番の麓むけたる雪達磨/松本みどり

月に寝し喪家の門や雪達磨/渡辺水巴

男泣きして雪達磨出来上る/杉野一博

失意の歩戻れば迎ふ雪達磨/福田蓼汀

出稼の父待ち大き雪だるま/太田土男

考へるさまに傾く雪だるま/大高千代

初雪や土の混りし雪だるま/榎本栄子

天気図の裏日本に雪だるま/高澤良一

転学の子に友はなし雪達磨/福田蓼汀

遠隔に一孫春の雪だるま/百合山羽公

永劫に月は遅れて雪だるま/大坪重治

東京の星低かりし雪達磨/望月たかし

俳句例:21句目~

校庭に考へてゐる雪だるま/遠藤保資

頬ずりをさせて双体雪達磨/相馬沙緻

雪達磨大きく据ゑて始業式/橋本末子

雪達磨眼を喪ひて夜となる/角川源義

雪達磨腹には黒きもの蔵す/柴田奈美

雪達磨草の庵をかためけり/川端茅舎

雪達磨遅刻教師を迎へけり/南光翠峰

崩れかけたる目鼻だち雪達磨/金子蜂郎

朝の日に濡れ始めたる雪達磨/稲畑汀子

木の下の草のみどりや雪達磨/岡本松浜

軍艦に乗って遥かな雪達磨/渡辺誠一郎

雪だるま残し旅人宿を発つ/新田千鶴子

松とるや小さくなりし雪達磨/野村泊月

松ぼくり以て両の眼雪だるま/高澤良一

窓に溶け園児昼寝の雪だるま/杉本弥生

雪だるま北なる肩を高くせり/岸風三樓

雪だるま男作るか女にするか/杉野黙男

雪だるま兄は潜水艦だった/相原左義長

酔ひ帰る教師に夜の雪だるま/新田祐久

雪達磨旅に作りて置き去りに/大橋敦子

俳句例:41句目~

二つ目の雪達磨あり作りかけ/高澤良一

雪達磨バケツの水で鍛えらる/山本紫黄

八衢の夜ぞふけにけり雪達磨/西島麦南

八衢の夜のふけにけり雪達磨/西島麥南

雪達磨妓楼の時計刻打てり/磯貝碧蹄館

雪達磨家が灯れば歩き出す/小泉八重子

雪達磨怒らせてわが幼な顔/加藤知世子

雪達磨の前で鉋を使ひをる/加倉井秋を

奇禍なきや雪達磨夜々雪肥り/成田千空

崩れゆくああ東京の雪だるま/八木忠栄

庇かげはづれて月の雪達磨/五十嵐播水

弟作つてなか~溶けず雪達磨/中島月笠

雪達磨闇がからんで肌荒らす/毛塚静枝

雪達磨青空ひろくなりきたる/下村槐太

雪達磨成りつゝもなほ駅の雪/石塚友二

小児病棟前にほつそり雪だるま/須磨佳雪

居酒屋の灯に佇める雪だるま/阿波野青畝

雪達磨ありし処に消え失せぬ/池内たけし

雪達磨とけゆく魂のなかりけり/西島麦南

天気図に楽しげにゐる雪だるま/青木夢子

俳句例:61句目~

愛知らず目鼻うしなふ雪だるま/中村明子

昏れてをり面潰えし雪だるま/山田みづえ

村の灯のことごとく消え雪達磨/木内彰志

校庭にとりのこされし雪だるま/三嶋隆英

欝としてはしかの家に雪だるま/辻田克巳

芝まみれなる雪達磨いたいたし/大橋敦子

雪達磨/我を旅行く我れ居りて/折笠美秋

躰じゅう松葉だらけの雪だるま/高澤良一

雀もろとも夕焼けてをり雪達磨/村山古郷

雪だるま倒れて戸口塞ぎたる/伊藤いと子

雪達磨解けて小石のたまりゐる/鈴木鵬于

雪だるま昼夜の生徒入れかわる/岩崎健一

初お目見え天気予報の雪だるま/高澤良一

始業ベル雪塊雪達磨ともならず/津田清子

雪降れば女子大もつくる雪達磨/山口青邨

雪ふれば女子大もつくる雪達磨/山口青邨

鬱としてはしかの家に雪だるま/辻田克巳

おぼえある町なり辻に雪だるま/水原秋櫻子

雪だるま泣きぬにわかの月あかり/寺田京子

目玉入れあたたかきもの雪だるま/古堅蒼江

俳句例:81句目~

街にあふるゝ雪達磨職を得て帰る/川口重美

雪達磨朝日にむいて赫と立つ/長谷川かな女

雪だるま雪につつまれまたあした/高澤良一

雪だるま二年二組はみかんの目/山口ただお

雪だるま午後は目鼻もなかりけり/池田秀水

雪だるま向きゐる海の荒れてをり/高橋麻男

雪達磨まはりのすでに暮れてゐし/香月梅邨

狂ひ寝や雪達磨に雪降りつもる/中村草田男

鶏鳴いてころんだままの雪だるま/五島高資

雪だるま月の細きは届かずて/飛鳥田れい無公

田の雪をころげきて立つ雪だるま/蓬田紀枝子

たれやらに似し雪だるま見て過ぎる/伊東月草

ドン/キホーテぞ雪達磨さゝやき合ふ/川口重美

チヨコレート目玉に入れて雪だるま/青木起美子

雪だるま星のおしやべりぺちやくちやと/松本たかし

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ