季語/外套(がいとう)を使った俳句

「外套」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「外套」について

【表記】外套

【読み方】がいとう

【ローマ字読み】gaito

子季語・関連季語・傍題・類語など

・オーバー(おーばー:oba)

・オーバーコート(おーばーこーと:obakoto)

季節による分類

・「か」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

外套を含む俳句例

外套や人百態の色一つ/林翔

外套の毛皮鉄砲傷残る/品川鈴子

朝々や外套古き日済貸/尾崎紅葉

外套の肩の断崖孤独かな/不破博

教壇を去りて外套今も黒/森田峠

鶏頭に外套長き毛氏の像/横山房子

玉砂利の初日に帽子外套置く/篠原

外套の士官は乙女社会鍋/岩崎照子

外套や館の出口は横町に/藤後左右

外套や雄を誇れぬ野鳥園/石川桂郎

重さうな外套やその鴎外忌/森田峠

外套の奥の喪服に凍徹る/飯田龍太

箪笥憂し服に外套にわが歴史/林翔

社会鍋守る外套の裾長し/岸風三樓

外套を深々と著て玄関に/高木晴子

なほ壁に外套疲れし姿なす/岸田稚

外套や曾我殿原の痩我慢/尾崎紅葉

外套の嶮しき胸を湖の前/古舘曹人

外套や白き鴎を入江にて/草間時彦

外套が雫だらけの春の雪/右城暮石

俳句例:21句目~

外套も疲れ釦穴瞑らず/田川飛旅子

外套や落魄の肩崩れそめ/小林康治

外套の皺が街ゆくにはか寒む/林翔

外套の裏緋色なる妻の勤/香西照雄

外套に考えし皺残りけり/恒藤滋生

外套や或日物憂き五十肩/石塚友二

外套の肩尖るとき山の音/草間時彦

外套に闇密着す非常線/榎本冬一郎

外套の裾切れ街は春埃/米沢吾亦紅

修道士黒き外套着て若き/大塚千舟

愛恋や外套おもき春と思ヘ/齋藤玄

外套や鬱々として市の裡/河野南畦

外套の重き日のあり軽き日も/永井良

外套の厚地よ父も亡き人に/小口雅広

外套の大人と歩む子供かな/千葉皓史

外套の大股美術館めざす/赤松けい子

外套や語らざること妻知らず/不破博

外套の奥は枯野へ続きけり/鳴戸奈菜

つくろへり我は外套鴉は羽/木下夕爾

外套を翅の如くに着工歩む/萩原麦草

俳句例:41句目~

外套を盾とし過ぐる行者滝/桂樟蹊子

外套や見れば小さく彦根城/岸本尚毅

外套の泥はね一つ灯に戻る/細見綾子

外套を脱ぎて弱気の虫動く/藤井彰二

外套の老いたる父にふと遅れ/三谷昭

喫泉に飲むオーバーの翅ひろげ/林翔

外套を掛けし俥の初日かな/増田龍雨

傷心の外套といふ重きもの/桜木残花

兵たりし父外套を残しけり/榎本好宏

鮟鱇はゆるき外套着用す/安田千枝子

参観の春外套を腕にたたみ/遠藤梧逸

父の世の外套はやる港町/古賀まり子

外套が長くて海は遠すぎて/櫂未知子

外套の胸の底まで荒野かな/草間時彦

外套に天の重さや働ける/徳永山冬子

父と子の外套紛ひ母も老う/吉屋信子

外套は夜更の街を歩み去る/長谷川櫂

外套に沁む月光や言葉なし/中島斌男

外套の脇にかいこむ杖細し/島田青峰

暗がりに外套ならぶ昭和かな/徳弘純

俳句例:61句目~

外套に荒ぶる魂を包みゆく/長谷川櫂

坂登る黒き外套は吾が世界/細見綾子

外套を四円に売るや春寒し/河野静雲

戦傷兵外套の腕垂らしたり/加藤楸邨

外套に風少し出て夜店の灯/島田青峰

外套の衿立てて人許さざる/鈴木まゆ

外套のその儘通る夜更かな/尾崎紅葉

外套と持物ひとつが革命家/筑紫磐井

都府楼址一外套のたゝずめる/森田峠

奇蹟なし外套の脚地に生えて/三谷昭

外套をしつかと抱へ納得す/猿山木魂

出船あり春外套に夕日沁む/草間時彦

外套重し何起るとも驚かず/津田清子

外套を車窓に吊つて日本海/藺草慶子

生き難く生きて外套裏も黒/中村明子

外套の下は僧衣の足袋白し/島田青峰

外套を脱ぐ胸白く旗模様/池内友次郎

玉羅紗の外套着たる冬の蝶/久米正雄

白き手に外套托し軽き疲れ/田中冬二

外套の中手がもえる朝の城/大井雅人

俳句例:81句目~

外套やさゞめき後に街頭へ/島田青峰

外套の重きに減りて靴悲し/橋本鶏二

月光の外套のま.ゝ歩み入る/中島斌雄

東道の心ゆるめず外套著る/保田白帆子

あをぞらに外套吊し古着市/阿波野青畝

毛皮すてゝ外套かろく空蒼し/渡邊水巴

深夜来て不明の外套富士裏に/攝津幸彦

聖堂のミサや外套着しままに/山田尚子

脱ぎ捨てし外套の肩なほ怒り/福永耕二

薔薇色の肺に外套を黒く着る/日野草城

被つて袖通す外套農夫の旅/田川飛旅子

また一人外套掛けに外套を/成瀬正とし

わがゐしは外套の中雪まつり/矢島渚男

裏返しせし外套も着馴れけり/相馬遷子

裸婦像は暗し外套群がりて/加藤三七子

風邪の夢さめて外套壁に垂る/岸風三楼

ダブ~の外套引つかけ水見舞/清原枴童

オーバーに出際に抱きし吾子の毳/篠原

オーバーの裾長にして老教授/田村了咲

ルージュ濃く外套黒く霧はしり/三谷昭

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ