季語/ジャケツを使った俳句

「ジャケツ」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「ジャケツ」について

【表記】ジャケツ

【読み方】じゃけつ

【ローマ字読み】jaketsu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・ジャケット(じゃけっと:jaketto)

・ジャンパー(じゃんぱー:jampa)

季節による分類

・「し」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

ジャケツを含む俳句例

厚ジャケツ一枚着足す国境/鈴木栄子

ジャケツ着て快晴の海想ひけり/林桂

背の厚き新斧老の黒ジャケツ/香西照雄

屑買ひは青空仕事紺ジャケツ/香西照雄

毛糸編む紅のジヤケツの子が紅を/上村占

楽屋口水の江滝子ジャケツきて/星野立子

古ジャケツ愛し雑木の影を愛す/大嶽青児

このジヤケツ着るたび遠き母近し/大島民郎

一少女ジヤケツの胸に鍵垂らし/田川飛旅子

袖通す他なきジャケツぎっくり腰/高澤良一

ジャケツ着て出て椋鳥をふり仰ぎ/野澤節子

ジヤケツの娘自転車とばし来りけり/上村占

海をゆく心細さよジャケツ着込む/津田清子

勝独楽は派手なジャケツの子供かな/上野泰

ジヤケツ真赤く縄飛はまだ出来ず/富安風生

ジヤケツ編む日向の鶏に竹さがり/飯田龍太

小鳥来ぬジヤケツの赤き子供らに/岸風三楼

跫音高し青きジャケツの看護婦は/石田波郷

青年の顎ジャンパーが突き上ぐる/今村俊二

ジヤケツの胸突如仔牛になめられて/飯利勝郎

俳句例:21句目~

制服がジャケツ締めつけ試験期なり/香西照雄

真二つに割り皮ジャンパー脱ぎ落す/太田寛郎

愛をもて編みしジャケツのかく痒し/鷹羽狩行

まっすぐに日射すジャケツの妻の胸/藤田湘子

闘争歌ジヤケツがつゝむ乙女の咽喉/藤田湘子

うしろより皮ジヤンパーを被せらる/辻美奈子

どん底の舞台稽古の革ジャンパー/橋本美代子

園丁のジャンパーが木にかけてある/西村和子

ラグビーのジャケツちぎれて闘へる/山口誓子

革ジヤンパー利へ鳴り急ぐ去年今年/香西照雄

すれちがいし革ジャケットは緒形拳/中原徳子

カーディガン青し看護婦と患者われ/黒崎治夫

ジャケットの羽毛ふくれに汝が青春/清水衣子

スケートの憩ひジヤケツの身をほそめ/岸風三楼

古ジヤケツあたまより着て老はまくす/森川暁水

ジヤケツ厚し落葉焚きゐし香をこめて/草間時彦

ジャケツ厚し落葉焚きゐし香をこめて/草間時彦

ジヤケツの子鼻梁は吾れに瞳は妻に/大岳水一路

ゆるぎなくジヤケツ二十の躯をつつみ/丸山一実

ズボンに手ジャケツの漁夫ののぼる岨/橋本鶏二

俳句例:41句目~

平静をよそほふだぶだぶジャケツ着て/上田五千石

キリストを着よと手編のジャケツ賜ぶ/田川飛旅子

ジヤケツの端のどをつつみて花とひらく/中村草田男

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ