季語/年の市(としのいち)を使った俳句

「年の市」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「年の市」について

【表記】年の市

【読み方】としのいち

【ローマ字読み】toshinoichi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・節季市(せっきいち:sekkiichi)

・暮市(くれいち:kureichi)

・歳末大売出し(さいまつおおうりだし:saimatsuouridashi)

・クリスマス大売出し(くりすますおおうりだし:kurisumasuouridashi)

・師走の市(しわすのいち:shiwasunoichi)

・暮の市(くれのいち:kurenoichi)

季節による分類

・「と」で始まる冬の季語

・「冬の行事」を表す季語

・「仲冬」に分類される季語

月ごとの分類

12月の季語

スポンサーリンク

年の市を含む俳句例

約束の半襟えらぶ年の市/占

編笠の俄隠者や年の市/也有

長崎に唐物もなし年の市/氷化

蛤の舌出してをり年の市/宋淵

狛犬を葭簀の中に年の市/青邨

やせ馬も浅草拝め年の市/路通

水仙に銭ふるひ出す年の市/休可

蒟蒻を落して跼む年の市/飴山實

のぼせたる女の顔や年の市/草城

神鳴もさはぐや年の市の音/去来

渡し場や人行きどまる年の市/奚

旅先の街のぞめきも年の市/圭仙

雪の上に炭火旺んや歳の市/暮雪

裏住の底をくぐるや暮の市/丈草

年の市朝熊の岳の真柴かな/乙由

鴨一羽帯にはさむや年の市/涼莵

夜空より大きな灰や年の市/桂信子

寺からも買に出でけり年の市/正名

臼売の臼坐りして年の市/荒井正隆

年の市白髪の母漂へる/山田みづえ

俳句例:21句目~

知りつくす抜裏さびし年の市/春草

男ものさがしあぐねし年の市/照子

甘酒の老舗はくらし歳の市/秋櫻子

年の市終りて天に星の市/本宮鼎三

歳の市裏通りより入りけり/桂信子

引当てし鰤一本や歳の市/小野喬樹

年の市絵本ならべて一むしろ/松浜

年の市線香買ひに出でばやな/芭蕉

観音堂の巨き闇あり年の市/滝春一

干蝮この軽きこと師走市/山田千秋

呼びからす声や師走の市の人/魯白

何に此師走の市にゆくからす/芭蕉

不二を見て通る人あり年の市/蕪村

年の市柳屋小さん歩きをり/たけし

年の市裸電球ひとつ足す/山川雅舟

歳凶に師走の市の人淋し/佐藤紅緑

商ひの看板古りて年の市/曽田ハツ

明暗す羽子板市や年の市/石川桂郎

真青な海に沿ひたる年の市/山田雅子

神棚を高く積み上げ年の市/佐藤博重

俳句例:41句目~

草庵に桶を足しけり年の市/野村喜舟

その上に星美しき年の市/深川正一郎

蒸籠が道にはみだす年の市/品川鈴子

蝕甚の月吹きたゆみ年の市/宮武寒々

一と筋に島の埠頭へ年の市/佐藤脩一

西側も夜店の出でゝ年の市/小澤碧童

釣銭で鯛焼買ふも年の市/下村ひろし

雷神の物買ひにくる年の市/正岡子規

青空に鴉また鳴く年の市/大峯あきら

高架下とは通りの名年の市/岩崎照子

屋根よりも高き雪道節季市/滝沢鶯衣

行灯の陰に市ふる師走かな/水田正秀

年の市たつうら町は月夜かな/大江丸

窈窕と吾妹はゆけり歳の市/飯田蛇笏

年の市や馬士によみやる送り状/召波

年の市妻が財布の古びたる/鈴木公二

年の市海山の幸積み上げて/高澤良一

年の市煙を昇る火の粉疾し/小川軽舟

年の市瓦寄進に附きにけり/野村喜舟

年の市誰を呼らん羽織どの/榎本其角

俳句例:61句目~

年の市鯛の尾ひれが秤打つ/石河加代

年の市鯛焼きを買ふ修道女/西村英子

徴発の馬つづきけり年の市/正岡子規

新婚の嫁と連れ立つ年の市/池田博子

水仙の香も押し合ふや年の市/千代女

年の市青〆縄のにほひたつ/石川桂郎

焚火して臼杵売れり年の市/宮本旅川

煮売屋による昼酒や年の市/小澤碧童

牛と馬と嘶きあふや年の市/佐藤紅緑

年の市飲ませては売る健康茶/山口恵子

いつしかに靄立つてきし年の市/森澄雄

見せものゝ獣吠ゆるや年の市/石井露月

市に暮るゝ師走の人の眉太し/島田青峰

ひたひたの水に売り鯉年の市/奈良文夫

人込みの中に我居る年の市/岩男/正子

注連の山その中ぬくし年の市/山口青邨

雪晴のはたして人出年の市/津谷たみを

外套のけものがくさき年の市/古舘曹人

宵過ぎの雪となりけり年の市/日野草城

山雀の芸こぞり見る年の市/真下喜太郎

俳句例:81句目~

年の市ここのみ静か仏具買ふ/河府雪於

年の市にまぎれ出けり峰の僧/松岡青蘿

昆布さげて人波わくる年の市/正岡子規

年の市抜けて子の病む病院に/石塚友二

灯の下の菜の青くして年の市/如月真菜

百合根買ふ大和国中年の市/山田みづえ

うちこぼすささげも市の師走かな/正秀

銀ブラの言葉古りゆく年の市/岩崎照子

年の市薬研堀とはなりにけり/野村喜舟

年の市歯朶より白きものを見ず/碧雲居

男やは何買ひに来し年の市/高橋淡路女

年の市帯をこぼれし小銭かな/巌谷小波

王孫を市にあはれむ師走かな/子規句集

掃き寄せし雪に夕陽や歳の市/大谷句佛

年の市宮師は神輿かざりけり/野村喜舟

酔李白師走の市に見たりけり/高井几董

なきごゑの一縷遠ゆく歳の市/福永耕二

年の市何しに出たと人の云ふ/小林一茶

歳の市青空ひろくなりにけり/角川春樹

灯の海を高架よぎれり年の市/宮武寒々

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ