季語/罌粟坊主(けしぼうず)を使った俳句

「罌粟坊主」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「罌粟坊主」について

【表記】罌粟坊主

【読み方】けしぼうず

【ローマ字読み】keshibozu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・芥子坊主(けしぼうず:keshibozu_)

季節による分類

・「け」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

罌粟坊主を含む俳句例

貧弱な雑草園の芥子坊主/高浜年尾

奔放な男の映画罌粟坊主/都筑智子

芥子坊主三人遊ぶ金かな/野村喜舟

青春の晩年の子規芥子坊主/金子兜太

一弁のいまだとまれる罌粟坊主/諾人

芥子坊主無垢の涙は大粒に/花田春兆

首ふって花と踊るや芥子坊主/石原八束

白罌粟の花より高し罌粟坊主/前田普羅

かみ殺し損なう笑い芥子坊主/二村典子

腕白や汗ぼひろがる芥子坊主/野村喜舟

芥子坊主こつん~と遊ぶなり/田村木国

夕風の夏吹きぬけし罌粟坊主/藤田湘子

転勤の決まりし庭の罌粟坊主/阿部寿雄

首をひねつて花蔭の芥子坊主/石原八束

小湊の婆がそだてて罌粟坊主/三浦桃甫

うちけぶる雨の中なり芥子坊主/川上梨屋

夫の留守言葉すくなし芥子坊主/野本小雪

ザビエルは西より来たり罌粟坊主/牧辰夫

戦争が終つてみれば罌粟坊主/小泉八重子

罌粟坊主夢やしなひの刻呉れよ/倉垣和子

俳句例:21句目~

罌粟坊主雨を湛へてこぼしけり/前田普羅

花散つて凡愚となりぬ芥子坊主/中尾良也

芥子坊主どれも見覚えある如し/右城暮石

芥子坊主まことに散りし思ひかな/原子公平

芥子坊主ブリキの太鼓鳴らしけり/角川春樹

罌粟坊主鳴る風に梅雨上りけり/金尾梅の門

打あひて風のうれしき芥子坊主/坂口かぶん

芥子坊主阿片のピンク液を秘む/粟津松彩子

芥子坊主青ざめ過ぎてをりしこと/後藤夜半

夜間飛行みどりが熱き芥子坊主/櫛原希伊子

いつまでも海明かるくて芥子坊主/橋本良子

芥子坊主一つ出来たる淋しさや/松本たかし

花散りてうなづく芥子の坊主かな/高浜虚子

夕暮や芥子の坊主の又殖ゆる/長谷川零餘子

長城を背に罌粟の実をとるならむ/加藤楸邨

芥子坊主すこしかなしむさまに揺れ/石原八束

子の夢のころころ変はり罌粟坊主/落合由季女

わが死後のあをき空かも罌粟坊主/小松崎爽青

わがままな顔をさらせり芥子坊主/小島千架子

今日咲いて今日散る芥子の坊主かな/稲畑汀子

俳句例:41句目~

芥子坊主五月蠅なすもの野に充ちゆく/下村槐太

芥子坊主すげなく過ぐること覚へ/三ケ尻/とし子

うろこ雲の行きとどまらぬ日のゆふべ芥子の実ゆるる庭におりたつ/佐藤佐太郎

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ