季語/裸(はだか)を使った俳句

「裸」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「裸」について

【表記】裸

【読み方】はだか

【ローマ字読み】hadaka

子季語・関連季語・傍題・類語など

・素裸(すはだか:suhadaka)

・丸裸(まるはだか:maruhadaka)

・赤裸(あかはだか:akahadaka)

・真裸(まっぱだか:mappadaka)

・裸身(らしん:rashin)

・裸子(はだかご:hadakago)

季節による分類

・「は」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

裸を含む俳句例

屹立の裸の山や赤光忌/林徹

簗番に裸電燈ぶらさがる/青波

芦煽つ風ゆ生れて裸太郎/林翔

真裸の百日紅が東大寺/原田喬

裸子よ汝も翳もつ肩の骨/林翔

暑けれど裸身は見ず船祭/来山

裸にはまだ衣更着の嵐哉/芭蕉

氾濫を感ずる裸女かな/松瀬青々

行水の裸に麦の夕日影/飯田蛇笏

子は裸父はててれで早苗舟/利牛

花木槿裸童のかざし哉/松尾芭蕉

漆かく裸男のあつさ哉/正岡子規

燈籠の火で飯をくふ裸かな/一茶

威し銃裸の山が谺返す/津田清子

蜩や裸肌近温泉窓辺/松根東洋城

肥後の子は裸跣に天が下/上村占

薫風や裸の上に松の影/子規句集

魂送る裸蝋燭風を曳き/西本一都

岩山に裸の櫟光りあふ/佐藤鬼房

馬裸人も裸や潮を浴び/長谷川櫂

俳句例:21句目~

川狩や頬被して真裸/新免一五坊

平日や百姓半裸で鯛洗う/山口伸

わが裸草木虫幽くあり/藤田湘子

灯籠の火で飯をくふ裸かな/一茶

遠里や茶の花の上の裸土蔵/一茶

桟橋に裸子水中翼船来る/杉本寛

ダンサーの裸の上の裘/高浜虚子

真裸の厚胸持てり飛舟/藤後左右

裸身に麻の匂ひやすまひ取/許六

百尺の裸岩より夏の海/高浜虚子

裸身に蚊屋の布目の月夜かな/日

裸身に神うつりませ夏神樂/蕪村

裸身に夜半の鐘や辻相撲/炭太祇

早鞆を今落す船舸子裸/高濱年尾

乳乞ひも交る裸の日野踊/鴨/水

裸寝の覚めて出歩く終戦日/林徹

昼の湯に裸の長し盆の雨/辻桃子

仏法を裸にしたる産湯かな/許六

雨降るに裸の柿の尉鶲/石塚友二

源平の祠の裸蟋蟀よ/佐々木六戈

俳句例:41句目~

八階の裸に赭く製鉄所/和知喜八

茶の花に裸の桐の高さかな/篠原

吹く風に細き裸の狐花/西東三鬼

腰蓑を著けし裸や夜水番/橋本鶏二

崖上の耕馬に海の裸の日/友岡子郷

川風や裸身寒う千鳥啼く/幸田露伴

老体に近づく裸にも産毛/高澤良一

青竹に裸か灯吊す夜の簗/棚山波朗

紫苑へと走る裸足の男たち/徳弘純

彫刻の森林浴の聖者/裸婦/倉本岬

素裸に電極五箇所心電図/高澤良一

回覧板持ち裸子の抱かれくる/篠原

楼門は傾ぎ遊び場裸の子/沢木欣一

槍投の裸像の空を若葉風/福本天心

鏡屋の前の鈴懸裸となる/内藤吐天

酒倉に裸参りの支度かな/田村了咲

郷に入り郷に従ふ裸かな/本宮鬼首

犇きて裸子が押す車椅子/小林康治

胸板に莨火うつる裸かな/橋本鶏二

道元を考へてゐる裸かな/伊藤白潮

俳句例:61句目~

うつしみの裸に焚ける門火哉/篠原

夏山に対ふ裸身に湯手拭/遠藤梧逸

チワン族の裸寄り来る竹筏/石寒太

蝋番の修羅の真裸堂押祭/勝又水仙

豆抜きし裸の畝と雲の畝/宮津昭彦

診察のそばかす裸裏返す/高澤良一

教職に倦む日曜の裸かな/那須淳男

裸身の色艶もなし紅の花/村上鬼城

蚊屋釣や夜学を好む真ッ裸/炭太祇

片言の裸子とをり巴里祭/堀口星眠

一群の裸子光り来たりけり/不破博

天心へ裸偽りなかりけり/渡辺恭子

父母のこと憶ひゐる裸かな/乾燕子

菖蒲湯に裸一貫の男見よ/尾崎紅葉

水光にけた~笑ふ裸かな/飯田蛇笏

水無月はいつか来にけん裸嶋/幽山

草賊大敗とかくる裸かな/尾崎迷堂

夕立の沖には裸船頭かな/藤野古白

昼門を鎖す残暑の裸かな/正岡子規

晩年の全景ならむ裸の木/倉橋羊村

俳句例:81句目~

熱鉄を摶てる裸や月を前/松村蒼石

鯊釣の子供の裸小さくて/岸本尚毅

高原の裸身青垣山よ見よ/山口誓子

裸子にかすかな熱の竈口/飯田龍太

少年の裸かがやく蛇苺/町田しげき

裸婦像の仰ぐ大樹に恋鴉/大島民郎

焼芋屋裸参りの後につき/佐藤淑子

刀匠の裸足でありく花杏/西本一都

朝の裸泉のごとし青年立つ/島津亮

裸の子顔一杯に笑ひをり/上野章子

混浴の飄と上がれる赤裸/高澤良一

博多人形裸になれず朧月/大石雄鬼

尼寺を裸に稲を刈り終る/右城暮石

裸にて焔と化すや曼珠沙華/中勘助

渓底の声々裸より発す/赤松けい子

村の子は丈夫で裸赤のまま/上村占

田が始り厨に裸足朝の妻/大熊輝一

浦安の子は裸なり蘆の花/高浜虚子

玉すだれ裸叩いてゐる男/高澤良一

行水や黍畑から裸にて/岡本癖三酔

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ