季語/藻の花(ものはな)を使った俳句

「藻の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「藻の花」について

【表記】藻の花

【読み方】ものはな

【ローマ字読み】monohana_

子季語・関連季語・傍題・類語など

・花藻(はなも:hanamo)

季節による分類

・「も」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

藻の花を含む俳句例

藻の花も桃もやはらか妹よ/林桂

川越し女の脛に花藻哉/高井几董

藻の花に鷺彳んで昼永し/子規句集

笹舟のゆるき舟足花藻かな/飴山實

行水に誘れがほの花藻哉/高井几董

藻の花に大残照の波起る/上井正司

藻の花の楽譜の如し水の面/高浜虚子

秋水に蝶の如くに花藻かな/高野素十

藻の花の高低ありて水の中/橋川忠夫

花藻うつ雨か顎をたたき去る/中田剛

藻の花に月上りけり野の面/松瀬青々

染糸をさらすや花藻光りをり/杉本寛

藻の花に水の喝采続きをり/加藤耕子

藻の花に窗前の湖雨降れり/飯田蛇笏

藻の花に築山颪そよぎけり/滝川愚仏

古沼の藻の花に湧く清水かな/原月舟

夕時雨来て狸藻の花黄なり/内藤吐天

藻の花のとぎれとぎれや渦の上/桃隣

藻の花におもひもよらず鯤の針/乙州

漣や藻の花ふはり月を越す/大野洒竹

俳句例:21句目~

伴天連藻の花がくれ岩がくれ/中村苑子

渡りかけて藻の花のぞく流れかな/凡兆

鮒釣や藻の咲く池を見て過る/子規句集

藻の花に囲まれて朽ち藻刈舟/八染藍子

蜻蛉生る花藻に薄翅震はせて/西山泊雲

藻畳に藻の花かげの夕づける/富田木歩

藻の花を映す水面を鯉つつく/宮田俊子

藻の花の五分の魂咲きにけり/高橋悦男

曲江に山かげ澄みて花藻かな/飯田蛇笏

如泥臼花藻かづきて夕焼くる/西本一都

藻の花をはなれよ鷺は鷺の白/立花北枝

尺鮒に藻の花まじる朝の漁/岡野風痕子

愁載せて舟やる方は花藻かな/高田蝶衣

藻の花をかづいて出でし泳ぎかな/虚子

藻の花に小便をする船頭かな/藤野古白

船寄らぬ港となりて花藻殖ゆ/茂里正治

藻の花の上に乗り込む田舟哉/正岡子規

水あがり来し水牛の背の花藻/福井圭児

藻の花に朝の水嵩ありにけり/行方克巳

泥舟の水棹たてたる花藻かな/飯田蛇笏

俳句例:41句目~

角の海の花藻流るゝ日に会ひし/能美丹詠

享年を問はれてゐたる花藻かな/石田勝彦

晩節やポッと藻の咲く硝子鉢/秋元不死男

うつぶせに睡りて花藻うかぶなり/中田剛

湧き口は花藻の中にありにけり/野村喜舟

灯影さしゐつつ花藻に豪雨かな/宮武寒々

秋風に藻の花のなほ一さかり/大峯あきら

舟脚の落ちしと見れば花藻あり/鈴木貞二

藻の花に音なく富士の顕ちにけり/桂信子

藻の咲いて仄めく水の日影かな/石原舟月

藻の花に人の暮しの水流れ/野見山ひふみ

藻の花に入江は静かなるところ/高浜年尾

藻の花に紛れ現れ泛子小さし/松本たかし

藻の花に跼めば天の眸を感ず/河原枇杷男

藻の花を鼻にぶらぶら源五郎/本間/一萍

藻の花のしげく新涼いたりけり/松村蒼石

藻の花のぱちつと水を弾きゐつ/長谷川櫂

藻の花の少し動きて暮れきりぬ/久米正雄

藻の花の水漬くに底の流れ疾し/横山房子

藻の花の池まで行かむ映るらむ/永田耕衣

俳句例:61句目~

藻の花をとらへ広がる視界かな/稲畑汀子

藻の花をやらじとするや釣の糸/立花北枝

こまごまと藻の花にある沼の情/石井とし夫

藻の花の昏らみ明るみつゝ夜ヘ/篠田悌二郎

江の濁り澄み行く薄日花藻かな/石島雉子郎

藻の花に手をさし伸ぶる舟かしぎ/白井松石

藻の花の重なりあうて咲きにけり/正岡子規

藻の花の雨よりしげく咲けるかな/山口青邨

藻の花の風なきときも揺れどほし/稲畑汀子

藻の花に日高くなりし法事かな/大峯あきら

日蔽たるゝ水にあかるき花藻かな/飯田蛇笏

揺れ~て藻の花どれも絡まざる/鮫島春潮子

藻の花をしづかに下りる蝦のあり/佐野良太

藻だゝみに藻の花のかげ夕づけり/富田木歩

藻の花に渡舟の出たる濁りかな/桶川/皆舟

藻の花を覗けば他界も暗かりき/河原枇杷男

花藻著て瓜買ひに行く狐かな/菅原師竹句集

のこり火のごとくにかなし遠花藻/古舘曹人

藻の花の揺れしと見しが蝶となる/菖蒲あや

返り咲く藻の花のあり鮭孵化場/鈴木洋々子

俳句例:81句目~

雨やみてみな沈みたる花藻かな/千葉冨士子

これといふ話もなくて藻の花に/大場白水郎

鳰の仔や花藻の下辺餌に満つや/中村草田男

藻の花にうす~の恋なりしかな/長谷川かな女

藻の花の満ちくる潮に立ちなほり/高崎小雨城

子のうたごゑ藻の花水に浮きひらく/大野林火

ゆるやかな波に花藻の乗りてをり/小島みどり

オフィーリアの髪からみゐる花藻かな/仙田洋子

はがゆくてはがゆくて藻の花の三分咲き/猪口節子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ