季語/跣足(はだし)を使った俳句

「跣足」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「跣足」について

【表記】跣足

【読み方】はだし

【ローマ字読み】hadashi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・素足(すあし:suashi)

季節による分類

・「は」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

跣足を含む俳句例

廻礼も跣足のままや琉球女/篠原

服着たる人の素足よ豆の花/節子

熔岩の上を跣足の島男/高浜虚子

素足拭く西青空の法師蝉/中拓夫

鵙の宮遊ぶ村童皆跣足/橋本鶏二

素足にてひひな祭の夜の畳/澄雄

夏めくや素足の裏に庭の土/渋亭

島や素足向け合ふ舟の上/堀葦男

水虫を厭ひて跣足一教師/金山有紘

良寛の海に下り立つ素足かな/原裕

虫聴くや素足に痛き蒲筵/小泉迂外

新涼の素足桃色蕎麦の花/江川邑節

観音は素足に在わす寒椿/神谷美和

丑の刻參る素足の雨月夜/筑紫磐井

桃咲いて風は素足で歩きけり/照敏

神様も鳥も素足や枯木立/栗林千津

風よりも女素足で道遠み/阿部完市

三男の扁平足の跣足かな/都筑智子

後厄を湯殿の素足詣かな/茨木和生

白すぎる女の素足夕薄暮/的場秀恭

俳句例:21句目~

牛飼の子供の素足草紅葉/山本洋子

百姓の早も跣足や金鳳華/古内仰子

太平洋の汀跣足に快く/河野ちか子

火渡りの女修験の赤素足/沢木欣一

蒼天や神は跣足が好きならむ/柏禎

薫風や素足かがやく女かな/日野草城

すこし酔ひ跣足で歩く池袋/岡田史乃

素足にて踏む人工の浜の砂/川村甚七

黒豚を抱く少年の素足かな/影島智子

童女素足砂色小波四段ほど/香西照雄

御田植の素足のもどる石畳/数合信也

礎石より土にこぼるる素足かな/原裕

父の死後苗代の底を踏む素足/中拓夫

寒行の跣足の音の聞えねど/中村汀女

湯上がりの素足の匂ふ簟/塩谷はつ枝

魂迎素足に土の懐かしき/千代田葛彦

氷室山美童の素足垣間見て/大庭紫逢

着飾りて馬来女の跣足かな/高浜虚子

風の道くる素足の姉妹山桃と/澤悦子

稲妻をふみて跣足の女かな/高濱虚子

俳句例:41句目~

朧なる素足の遊行上人像/猪俣千代子

雨の薊女の素足いつか見し/下村槐太

髪切つて素足で歩く五番街/坂本宮尾

二階より素足降り来る桜鍋/鈴木鷹夫

蓑を著て跣足で少女野分中/高濱年尾

薫風や島を案内の跣足の子/西山泊雲

日常の素足の汚れもて詣る/和田悟朗

雛流す少女の素足波が寄す/郷原弘治

女塗師素足の胡座組み直す/千田一路

豆の花咲いて素足の夜を匂ふ/みどり

廊凍てて雲水素足乱れなし/倉橋羊村

山荘の板敷素足よろこべり/高澤良一

堂涼し飛天素足を躍らせて/壺井久子

蝸牛素足濡らしつ森に入る/小川特明

湖の砂のしまれる素足かな/石田郷子

人妻の素足の季節硝子の家/鷹羽狩行

藺の匂ふ畳素足できて祈る/佐野美智

病廊を来たる跣足の小鰺売/石田波郷

百人の母の素足に辛夷咲く/鳥居美智子

短夜の素足濡れをり殉教像/古賀まり子

俳句例:61句目~

短日の人妻の素足なまなまし/藤木清子

ひたひたと跣足に来れば烏瓜/中村汀女

竹踏みの素足ほてりぬ厨ごと/姉崎蕗子

籾筵素足となりて踏みわたる/山口誓子

素足で歩く雑草しろい卵を秘め/穴井太

素足にて渡る橋あり渡るべし/永末恵子

苔咲くや五百羅漢の素手素足/橋本榮治

若芝に試歩の素足の一歩二歩/小野秀子

素手素足松が起点の昼の夢/河野多希女

達磨忌の素足が通る寺の縁/小川匠太郎

霧の旅神々はみな素足にて/石崎多寿子

吉備人の田植ゑしのちも跣足なる/昭彦

高階に素足を拭ふ夏は来ぬ/沼尻巳津子

家中の跣足ばたらき懸煙草/中田みづほ

少年の跣足ひゞきて走りをる/山口誓子

念仏踊男の跣足なまなまし/文挟夫佐恵

日のあつく塗畦通ふ跣足かな/飯田蛇笏

殉教の森音すべて跣足の音/加倉井秋を

氷雨ふる道を跣足の力士かな/鈴木貞雄

火の国の子等は跣足よ麦の秋/臼田亜浪

俳句例:81句目~

無患子や跣足参りの足裏炎え/本多静江

病人に声かけてゐる跣足かな/西本一都

終には跣足になりて水を打つ/岡本孝女

舟虫や跣足何年振りのこと/青葉三角草

藷植うるみんな跣足の修道女/早田鳴風

観世音跣足艶冶に踏み出され/渡辺恭子

農婦らに跣足の季節胡麻の花/西村公鳳

鎌持ちて女跣足でこちへ来る/高濱虚子

かなかなや素足少女が燈をともす/澄雄

ひたひたと小さき素足金草/柴田白葉女

ふるさとの水よ素足の山頭火/吉原文音

みほとけの素足はるけし蕗の薹/原和子

少年の素足吸ひつく五月の巌/草間時彦

唐辛子素足冷たく干しにけり/草間時彦

国頭や睦月素足の藍絞り/ながさく清江

女の素足石を掠めて失せしかな/岸田稚

女の素足紅らむまでに砂丘ゆく/岸田稚

学僧の素足に寒の炎むら立つ/古市絵未

母の日も母の素足の汚れ居り/原コウ子

恍惚と火事みる祖母の素足なり/皆吉司

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ