季語/羽子板市(はごいたいち)を使った俳句

「羽子板市」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「羽子板市」について

【表記】羽子板市

【読み方】はごいたいち

【ローマ字読み】hagoitaichi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・羽子板売(はごいたうり:hagoitauri)

季節による分類

・「は」で始まる冬の季語

・「冬の行事」を表す季語

・「仲冬」に分類される季語

月ごとの分類

12月の季語

スポンサーリンク

羽子板市を含む俳句例

明暗す羽子板市や年の市/石川桂郎

羽子板市片割れ月も明治ぶり/林翔

仏殿へ縮め羽子板市の道/古舘曹人

病上り羽子板市に労らる/石川桂郎

青空の一枚天井羽子板市/鷹羽狩行

角店の助六よかり羽子板市/高澤良一

羽子板市その裏側の径急ぐ/北野民夫

羽子板市陰気な古着市も見て/瀧春一

羽子板市錦絵好みの顔廃れ/平松荻雨

売り顔も商ひの内羽子板市/高澤良一

横顔の誰ぞに空似羽子板市/高澤良一

一回りして元の店羽子板市/高澤良一

羽子板市人人人に夜が流れ/岡田和子

二天門から近道や羽子板市/宇田零雨

羽子板市瓜実顔の世に遊ぶ/岡田貞峰

空く座待つ羽子板市の流れ客/石川桂郎

羽子板市にいまは男の国太郎/横山白虹

羽子板市一番星にずばり買ふ/渡辺恭子

羽子板市大股にして歩み去る/萩原麦草

裾冷えて母と羽子板市の燈に/野沢節子

俳句例:21句目~

買はで過ぐ羽子板市の長き道/岩田由美

逗留の羽子板市に歩を伸ばし/山田弘子

選りまどふ羽子板市の人込に/松尾緑富

雑踏を顔の流るる羽子板市/片山由美子

二代目も笑顔で対す羽子板市/高澤良一

人の肩割つて羽子板市の中/鈴木しげを

仲見世や羽子板市の昨夜の塵/上條筑子

傾城も手玉に取られ羽子板市/高澤良一

六世歌右衛門羽子板市に多し/石川桂郎

川を見て羽子板市へゆく途中/岸本尚毅

志ん朝の買札付きぬ羽子板市/高澤良一

急に暗し羽子板市の裏に出て/池田秀水

狐火が火元か羽子板市炎上/鳥居美智子

浅草の羽子板市の夜となり/小林たか子

羽子板市の雑踏にゐて首寒し/永方裕子

あをあをと羽子板市の矢来かな/後藤夜半

浅草も羽子板市もさびれゐし/成瀬正とし

羽子板市夕べはなやぎ雪降れる/石田小坡

羽子板市うたかたの世へ誘はる/岡田和子

更くる夜の羽子板市や灯の熱く/岩田由美

俳句例:41句目~

灯が点いて寝ずの商ひ羽子板市/高澤良一

はぐれ来て羽子板市の人となる/結城昌治

手を振つて羽子板市に紛れけり/岸本尚毅

羽子板市美男美女みな似た顔で/藤岡筑邨

羽子板市羽左に優れる役者なし/梅村好文

公家悪の羽子板市に売れのこる/中村芝鶴

のごと寄りて離れて羽子板市/鳥居おさむ

見上げたる羽子板市の明るさに/坊城中子

羽子板市ぬけきし旅の口すすぐ/西本一都

羽子板市の播磨屋と書く箱火鉢/遠藤はつ

新仲見世仲見世抜けて羽子板市/高澤良一

亡き妹の現れて羽子板市なるや/角川春樹

灯の増えて羽子板市の艶めけり/阿部美恵子

いくさあれど羽子板市につれだてる/森光子

うつくしき羽子板市や買はで過ぐ/高浜虚子

おみくじを読みて羽子板市の前/成瀬正とし

羽子板市買ふひとを見る遠まきに/谷口桂子

写楽のやうな顔で羽子板市へゆく/寺田青香

なごやかに羽子板市の人出かな/高橋淡路女

やはらかく押され羽子板市にゐる/北澤瑞史

俳句例:61句目~

中々に羽子板市を去にがたく/阿部みどり女

ふところに雨の匂ひの羽子板市/小島千架子

羽子板市三日の栄華つくしけり/水原秋櫻子

羽子板市仁王の視野で待ち合はす/奈良文夫

羽子板市切られの与三は横を向き/石原八束

羽子板市ダイアナ頭上もまれゆく/大槻和木

羽子板市月日渦巻きはじめたり/百合山羽公

羽子板市東都ツアーに組み込まれ/高澤良一

ちょっくら前ごめんなすって羽子板市/高澤良一

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ