季語/寒稽古(かんげいこ)を使った俳句

「寒稽古」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「寒稽古」について

【表記】寒稽古

【読み方】かんげいこ

【ローマ字読み】kangeiko

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「か」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

寒稽古を含む俳句例

松籟に心休ませ寒稽古/上野泰

赤胴の似あふ少年寒稽古/中紫水

寒稽古生涯かけし師一人/上村占

指先の光を感じ寒稽古/渡辺和弘

寒稽古終りて拳解かず礼/檜紀代

寒稽古青き畳に擲たる/日野草城

鉞も武芸が中や寒稽古/内田秋皎

進み出て一対一や寒稽古/長谷川櫂

一礼に初心忘れず寒稽古/吉井莫生

小漢の声の大きく寒稽古/古賀筑史

窓高し竹刀のみ見え寒稽古/森田峠

故郷の月の明るき寒稽古/福田蓼汀

師三人並び現れ寒稽古/波多野爽波

渋引きしごと喉強し寒稽古/高浜虚子

丹田にのりし全身寒稽古/深見けん二

山一つ二つ暮れゆく寒稽古/石田三省

己が吹く己が笛の音寒稽古/成瀬雄達

寒稽古汗ふく顔の幼かり/中原八千子

渾身の一管ひびく寒稽古/三谷喜与史

寒稽古突き返し又突き返し/長谷川櫂

俳句例:21句目~

門弟の一人きりなる寒稽古/折井眞琴

門弟の中のわが子や寒稽古/高野素十

よこたへる琴の長さや寒復習/辻桃子

半分は泣いてゐる声寒復習/浅野白山

吹く笛の林へ向ひ寒復習/高田/青圃

大ぶりの椀の湯漬や寒稽古/水原秋櫻子

寒稽古病める師匠の厳しさよ/高浜虚子

明けに響く竹刀の音や寒稽古/坂本義雄

神の灯の揺ぎて厳し寒稽古/門岡/一笑

月の樹にありあふ柝や寒稽古/飯田蛇笏

水飲んで京へゆかなむ寒稽古/田中裕明

空を蹴り空を突きては寒稽古/長谷川櫂

老いてなほ稽古の鬼や寒稽古/竹原梢梧

一礼のすでに圧さるる寒稽古/石崎素秋

噴く山へ拳突き出す寒稽古/谷迫はるえ

寒稽古らし城へゆく道ゆづる/上杉苳子

雪の戸をわれ立ち出づる寒稽古/岩田潔

面取れば妙齢なりし寒稽古/永田百々枝

緋袴に坐してひとりの寒復習/黒田杏子

寒稽古夜更けて残る二人きり/鈴木花蓑

俳句例:41句目~

寒稽古始まる掲示つぎ~に/五十嵐播水

寒稽古子弟の骨を鍛ひけり/河東碧梧桐

寒復習障子硝子に雪降つて/大橋櫻坡子

寒稽古百射て的の暮れにけり/猪俣千代子

小豆煮る香のして終る寒稽古/田中/蘇水

水さはに胸拭き了へし寒稽古/中田/樵枝

面つけて沙弥とは見えぬ寒稽古/中村草哉

放つ矢に風ひきしまる寒稽古/小森/泰子

たゞ一人ひそかなるかな寒復習/高浜虚子

行き渋る子を送り出し寒稽古/永森ケイ子

しろじろと月暁けてをり寒稽古/辻岡夏人

寒ざらい聲のつぶれる程ならず/高浜年尾

すたれたる奥浄瑠璃や寒復習/宮野小提灯

胸をもてバレエつま立つ寒稽古/赤松ケイ子

くぐり門押せば開くなり寒稽古/鈴鹿野風呂

小つづみの血に染まり行く寒稽古/武原はん女

寒稽古に出しやりし燈の部屋に沁む/原田種茅

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ