季語/木の葉(このは)を使った俳句

「木の葉」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「木の葉」について

【表記】木の葉

【読み方】このは

【ローマ字読み】konoha

子季語・関連季語・傍題・類語など

・木の葉の雨(このはのあめ:konohanoame)

・木の葉散る(このはちる:konohachiru)

・木の葉焼く(このはやく:konohayaku)

季節による分類

・「こ」で始まる冬の季語

・「冬の植物」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

木の葉を含む俳句例

春の木に秋の木の葉を柳鮠/嵐雪

木の葉散る桜は軽し檜木笠/芭蕉

耳さとき籠の鶉に木の葉舞ふ/占

籠城の汁も薪も木の葉かな/蕪村

木曽路ゆくわれも旅人散る木の葉

市中や木の葉も落ず不二颪/桃隣

三尺の山も嵐の木の葉哉/松尾芭蕉

純粋に木の葉ふる音空は瑠璃/茅舎

葭垣や風に木の葉の一たまり/蓑立

掃く跡も木の葉はもとの庵哉/句空

柴の戸に茶を木の葉掻く嵐哉/芭蕉

木の葉舞ふ天上は風迅きかな/鴻村

木の葉散る歩きつめる/種田山頭火

冬川や木の葉は黒き岩の間ひ/惟然

相次て木の葉落るや茶の花に/篠原

水底の岩に落ちつく木の葉哉/丈草

一枚の木の葉拾へば山の音/稲畑汀子

薬掘洞口に木の葉焚きにけり/坂桂株

思ひなし木の葉散る夜や星の数/沾徳

膝もとの折敷の糊に木の葉かな/園女

俳句例:21句目~

人待つや木の葉かた寄る風の道/素堂

八講の波に木の葉の湖蒸汽/中山碧城

初夏やとぶ木の葉また志/中尾寿美子

初霜消花の咲く木の葉の上に/原石鼎

吹き落とす木の葉に包む霰かな/錦江

木の葉散るわれ生涯に何為せし/遷子

夕暮や土とかたればちる木の葉/一茶

木の葉散る修道院の門高く/工藤久平

泥濘をガソリン汚し木の葉降る/節子

顔出せば闇の野分の木の葉かな/太祇

山姥の木の葉のころも秋の風/中勘助

草の戸に茶を木の葉掻く嵐哉/松尾芭蕉

月面に木の葉散る見ゆ風強し/西山泊雲

朝の富士大根畠に木の葉浮く/松村蒼石

木道の乾きし音や木の葉散る/荒井英子

木の葉たく烟のうへのおちばかな/暁台

木の葉降るお品嘉助の山墓に/高澤良一

老木のふっと木の葉を離しけり/大串章

柴漬の深きに浮ぶ木の葉かな/会津八一

総彦は死にき巷に降る木の葉/石塚友二

俳句例:41句目~

仏より仏へ木の葉降る日なり/百瀬美津

紅茸は木の葉に消えず山時雨/飯田龍太

關にせまる岨下道や木の葉降/幸田露伴

透蚕らに木の葉映らぬ白瀬あり/上村占

鎌倉や矢倉の中に散る木の葉/野村喜舟

金網より鼻出す狐木の葉降る/川村紫陽

足許に踏むは木の葉か夜寒道/高澤良一

から風や木の葉と登る左内坂/村山葵郷

きな粉餅木の葉を皿に童子仏/中山純子

扉なき剥製舘に木の葉たまる/右城暮石

十三夜水の落葉に降る木の葉/中島月笠

反りかへる木の葉鰈や弥生尽/前田普羅

牧童の夜は漫画家木の葉木菟/毛塚静枝

灰の上の灰は木の葉の形して/長谷川櫂

木の葉鰺干して秋立つ廂かな/吉川鬼洗

水分の神の嶺つたふ木の葉雨/巌谷小波

木の葉焚くけむりの中の仏達/藤浪竹風

木の葉散り高層ビルは灯の柱/大島民郎

潮騒や木の葉時雨るる夜の路/臼田亞浪

渓川に木の葉の流れ始めけり/松村蒼石

俳句例:61句目~

渋搗に小鳥のごとく飛ぶ木の葉/上村占

撒網の雑まれなる木の葉かな/会津八一

海上の楕円なる日と木の葉かな/中田剛

散る木の葉十に一つは急降下/高澤良一

谷口の木の葉の八重に泉かな/松瀬青々

藍甕に染り泛べる木の葉かな/岡安迷子

鳳木の葉はこまやかや露今宵/高橋馬相

寒ければ木の葉衣を参らせん/正岡子規

風筋に木の葉かたよる行宮址/巌谷小波

風の木の葉行ざま一葉掴ける/加舎白雄

木の葉降る己を許す刻に降る/山田葉子

風の声碧天に舞ふ木の葉かな/臼田亞浪

抱卵の山鳩うごき木の葉の夜/和知喜八

ひらひらと赤き蹼ふる木の葉/成田千空

木の葉散る奥は日和の天王寺/正岡子規

音もなし木の葉の荒るる社家の庭/八桑

岩橋や洞や梅雨浪艇木の葉/松根東洋城

川向ふ今しも木の葉時雨かな/高澤良一

荒打にぬりこむ風の木の葉哉/幸田露伴

ほろほろ酔うて木の葉降る/種田山頭火

俳句例:81句目~

青空に木の葉一枚吸はれゆく/高澤良一

あるけばあるけば木の葉ちるちる/山頭火

木の葉降り池心の眼ひかりけり/野澤節子

木の葉降る寂光音の塚なりけり/山口草堂

木の葉降る音ボストンの曇り空/仙田洋子

かけがねのさても錆しよ散る木の葉/一茶

木の葉飛ぶ街路樹の果て空があり/坂井建

木を離る木の葉くらりと露伴墓/高澤良一

木兎の函の生マ餌に木の葉かな/松瀬青々

この山の木の葉音してしぐれけり/森澄雄

木枯の砂吹きのせてゐる木の葉/右城暮石

柵にかゝる木の葉と逃ぐる葉と/西山泊雲

すみだ川木の葉がちにもなりにけり/成美

校庭を木の葉ころがる白峰村/猿橋統流子

はらはらと木の葉交りや渡り鳥/井上井月

根釣人を迎ふる舟の木の葉もみ/田中英子

次々降る山の木の葉と歩を一に/高澤良一

水仙や降れる木の葉の躍りつゝ/野村喜舟

水澄んで木の葉一枚流れ来る/深見けん二

永き日の樟がよく鳴る木の葉笛/斉藤美規

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ