季語/亥の子(いのこ)を使った俳句

「亥の子」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「亥の子」について

【表記】亥の子

【読み方】いのこ

【ローマ字読み】inoko

子季語・関連季語・傍題・類語など

・亥の日祭(いのひまつり:inohimatsuri)

・亥の神祭(いのかみまつり:inokamimatsuri)

・亥の子餅(いのこもち:inokomochi)

・亥の子石(いのこいし:inokoishi)

・亥の子突(いのこづき:inokozuki)

・玄猪(げんちょ:gencho)

・御厳重(ごげんじゅう:gogenju)

・厳祥(げんしょう:gensho)

・おなりきり(おなりきり:onarikiri)

季節による分類

・「い」で始まる冬の季語

・「冬の行事」を表す季語

・「初冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

スポンサーリンク

亥の子を含む俳句例

初雪や末の玄猪の荒れついで/斗文

門前の家商へる玄猪かな/松藤夏山

頂きてまだ暖かき亥の子餅/小野秀子

炉を開く二番亥の子の暖き/高浜虚子

玄猪餅抛ればうけぬ牛の口/西山泊雲

玄猪餅牛の口ヘも二つ三つ/西山泊雲

教官室覗く亥の子の小鬼かな/吉原文音

往診し鞄にもらふ亥の子餅/夏秋仰星子

藁灰に風筋見ゆる亥の子かな/岡本高明

亥の子餅搗く神苑の大かゞり/吉村城乾

大根を添へてもたらし亥の子餅/塩崎緑

昼になって亥の子と知りぬ重の内/太祗

亥の子唄風が山から下りてくる/阪本謙二

亥の子石イギリス人の庭を打つ/吉原文音

亥の子餅搗くしきたりも母限り/坂本二橋

亥の子餅水車守にも届きけり/中戸川朝人

亥の子餅炉の間の広き飛騨の家/古田/清

亥の子餅胸につかへて亥年われ/小松初枝

山茶花の紅つきまぜよ亥の子餅/杉田久女

土間叩く藁ぼて重き亥の子かな/藤木栄二

俳句例:21句目~

大根で事すましたる亥の子かな/赤木格堂

大根も太り亥の子も近づきし/三栖ひさゑ

亥の子餅搗いて生家に家訓なし/谷口文子

幼子と話す亥の子の赤火鉢/長谷川かな女

椎葉とは補陀落に似て亥の子餅/森ゆきお

著ぶくれて小者等遊ぶ亥の子哉/西山泊雲

袖ひきて唄まはしけり亥の子酒/邊見京子

板の間や亥の子を祭る箕に燈す/高田蝶衣

あかあかと月の障子や亥の子餅/服部嵐翠

かむり来る山高帽や亥の子禰宜/河野静雲

牛小屋の藁敷きかへて亥の子かな/岡本高明

端つこにいて亥の子餅授かりぬ/宇多喜代子

胡羅蔔の市のもの舁く亥の子かな/古舘曹人

ふるさとの亥の子といへば波の音/木村蕪城

面の眼に瞳のある亥の子鬼が来る/皆吉爽雨

餅搗いてにはかに寒き亥の子かな/田中雨城

唄ひもす亥の子の唄をなつかしみ/山川喜八

かくれ家も事あるさまの玄猪かな/高田蝶衣

到来の亥の子を見れば黄な粉なり/夏目漱石

亥の子唄大きく青き葉も燃えて/神尾久美子

俳句例:41句目~

亥の子餅搗かねば罪を負ふごとし/丸山渓風子

亥の子唄五ついつものごとくにて/相原左義長

こも~と亥の子の晩の夜着に寝る/廣江八重櫻

餅搗くや亥の日の亥の子神のため/小澤満佐子

いつの間に亥の子の炉辺の蠅交る/長谷川かな女

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ