季語/箱庭(はこにわ)を使った俳句

「箱庭」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「箱庭」について

【表記】箱庭

【読み方】はこにわ

【ローマ字読み】hakoniwa

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「は」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

箱庭を含む俳句例

箱庭の翌日の早人傾ぎ/高浜虚子

箱庭や少し鋭き水辺草/後藤夜半

箱庭の景深山と幽谷と/後藤夜半

正直に箱庭の人雨の中/藤田湘子

箱庭の南天赤し窓の下/寺田寅彦

箱庭や砂ひとにぎり堆く/中田剛

箱庭や旅人行けば中仙道/野村喜舟

箱庭や小さき杉の風薫る/榾沢墨水

箱庭の森林鉄道小走りす/平畑静塔

皿に萍厨に妻の箱庭あり/高澤良一

眼閉づ箱庭の草戦ぐにも/飯島晴子

箱庭と拡声過剰の名曲と/香西照雄

箱庭を東西南北より眺む/内田美紗

箱庭に置く夢殿のなかりけり/中田剛

下京や箱庭の丹を濡らす雨/大屋達治

箱庭に遊び心の火を燈し/北村かね子

箱庭に鵯越の日のとどく/吉本伊智朗

箱庭のごとき里弄青葉燿る/関森勝夫

箱庭のそこは井戸端赤き蟹/坂本宮尾

芭蕉とも蕪村とも箱庭の人/鷹羽狩行

俳句例:21句目~

箱庭の中の山河に瞑りたし/横溝養三

箱庭の人に大きな露の玉/松本たかし

箱庭の山川にしてひつそりと/中田剛

箱庭の橋が左右の景つなぐ/石倉啓補

箱庭の水車が廻る夕餉かな/田中美沙

箱庭の草心外にそよぎをり/飯島晴子

箱庭や街の夕焼みじかゝり/石田波郷

箱庭に一の滝二の滝とあり/山川喜八

箱庭に叫びて誰も応へざる/大屋達治

箱庭を照らす月あり海の上/岸本尚毅

箱庭に家あり誰もをらざりし/中田剛

箱庭に病葉落ちて大いなり/富安風生

ただひとり叫べるが箱庭のなか/中田剛

人の世のごと箱庭に夕べ来る/井沢正江

六月の木曾駒ケ嶽箱庭に/長谷川かな女

箱庭や人をおかねばさびしくて/龍岡晋

箱庭に月の出づるを待ちゐたり/深澤鱶

灯もつけずゐる箱庭の一軒家/辻田克巳

箱庭に巨大な草の生えてくる/工藤克巳

箱庭にありふるさとの山と川/木田千女

俳句例:41句目~

箱庭や父の山河をいまだ知らず/長田等

箱庭になにかゞ足らぬ夕景色/高木石子

箱庭のわが手ガリバー家掴む/飯田綾子

箱庭や赤子を賞でに少女集ひ/香西照雄

箱庭にやがて正しき日暮来る/櫂未知子

箱庭に天のかげりの過ぎてゆく/桂信子

箱庭の釣師の竿に糸もなし/中尾いづみ

箱庭の月日あり世の月日なし/高浜虚子

箱庭のとはの空家の涼しさよ/京極杞陽

箱庭のとりわけ赤き鳥居かな/三宅応人

箱庭を親しき人と見てゐたり/中岡毅雄

箱庭の人に古りゆく月日かな/高濱虚子

箱庭の漁樵のほかに籠負ふも/後藤夜半

箱庭の灯れば人語ありぬべし/下村梅子

箱庭の門辺に母を立たしめて/黒田杏子

妻ひと日病んで箱庭かわきけり/細川加賀

箱庭にこれみよがしの池ひとつ/櫂未知子

箱庭にほんものの月あがりけり/小路紫峡

箱庭にものゝあはれの我等かな/京極杞陽

箱庭の月日止まりゐたりけり/藤村うらら

俳句例:61句目~

箱庭の橋を目で架けまたはづし/鷹羽狩行

箱庭の陽はみえすぎている子宮/山中葛子

箱庭も浮世におなじ木の葉かな/永井荷風

箱庭のともれば人語ありぬべし/下村梅子

箱庭の旅人ひとりはさびしかり/白井斗子

箱庭や遊びをせんとしつくしてか/竹中宏

箱庭に李白のごとく反りにけり/細川加賀

箱庭に降らしてやりぬ如露の雨/公文東梨

箱庭を貧しき庭に置きにけり/松本たかし

置き古りてある箱庭や鴨足草/岡本癖三酔

箱庭に子のささやきの響きけり/田中裕明

十日経れば箱庭のはや年古りし/松本たかし

箱庭とまことの庭と暮れゆきぬ/松本たかし

箱庭の杞陽の句碑も古りにけり/田畑美穂女

箱庭に鬼も据ゑたらどうでせう/岩淵喜代子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ