季語/ハンモックを使った俳句

「ハンモック」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「ハンモック」について

【表記】ハンモック

【読み方】はんもっく

【ローマ字読み】hammokku

子季語・関連季語・傍題・類語など

・吊床(つりどこ:tsuridoko)

・寝網(ねあみ:neami)

季節による分類

・「は」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

ハンモックを含む俳句例

空想の楽しき虜ハンモック/森田峠

白鯨も船長も居るハンモック/島津亮

ハンモック雲の言葉を考ふる/畑耕一

釣床や蝉の殻など振ひけり/三島霜川

ハンモック父と娘の英会話/白岩岳王

ハンモック葉ずれの音の子守唄/石口栄

仏跡を巡り疲れてハンモック/広田祝世

旧姓で妻への封書ハンモック/原田青児

一睡に木影はみ出しハンモック/檜紀代

釣床に人白うして胡桃緑なり/尾崎紅葉

吊床に子を眠らせてわが時間/村松ひで

太白や信濃も北のハンモック/中島斌雄

木の間より釣床見ゆる青葉かな/尾崎放哉

ハンモック海山遠く釣りにけり/山口青邨

みな天を向きし輪唱ハンモック/山田弘子

子供には子供の夢のハンモック/吉田一兆

ハンモック沖高ければ高く吊る/原田青児

白樺の幹軋ませてハンモック/黒坂紫陽子

ハンモック揺るる落葉松林かな/首藤会津子

夏果ての風乗せてゐるハンモック/山田弘子

俳句例:21句目~

ハンモック雲にいだかれたくて漕ぐ/上村占

ハンモック鳥に寝顔をのぞかるる/角谷昌子

甲斐駒岳を斜めに仰ぐハンモック/宮武章之

ハンモック胸に伏せたる福音書/荒井千佐代

国境を越えきて眠るハンモック/石崎多寿子

ハンモックくるりと天の汀見ゆ/山田みづえ

ハンモック揺れをり絵本ひつかゝり/森田峠

ハンモック揺るるやすぐに降りたがり/辻桃子

山彦のゐてさびしさやハンモック/水原秋櫻子

幹降り来る風もあるなりハンモック/中村若沙

椰子の葉と影戯れるハンモック/小笠原須美子

からまつの秀を見てしづみハンモック/飯田晴子

アマゾンの土産手編みのハンモック/栗原義人堂

ハンモック見えてアメリカ村といふ/片岡片々子

生涯二万日いまはハンモックにゆらゆら/上村占

腕時計の手が垂れてをりハンモック/波多野爽波

ハンモック揺れゝば枝も星も揺れ/大平/喜代子

木の間てふもののありけりハンモック/多田羅初美

呼びに来て揺らしてゆきぬハンモック/佐土井智津子

主なきハンモックのみゆれてあり/『定本石橋秀野句文集』

俳句例:41句目~

ひとねむり椰子の高みのハンモック///タイ、インドネシア/高澤良一

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ