季語/花火(はなび)を使った俳句

「花火」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「花火」について

【表記】花火

【読み方】はなび

【ローマ字読み】hanabi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・揚花火(あげはなび:agehanabi)

・仕掛花火(しかけはなび:shikakehanabi)

季節による分類

・「は」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

花火を含む俳句例

川舟や花火の夜も花火売/一茶

茜雲架け海上に花火待つ/原裕

花火ちる川山遠き曇かな/保吉

大花火重なり開く明るさよ/素十

先帝祭海底古都へ昼花火/森礼子

堀泳ぐ金花火や岡崎城/牧野一古

物焚て花火に遠きかゝり舟/蕪村

八朔や谿の底より揚花火/辻桃子

鼠花火陥りて尚水走り/鈴木花蓑

川面や花火のあとの楫の音/白雄

夢幻さてはう筒の花火かな/惟中

密室や浪もて咲かす遠花火/郁乎

家づとや咄のさくら花火船/調泉

大曲平日の日の昼花火/高澤良一

釣花火又唐松かな薄哉/正岡子規

花火果て銀河に戻る墨田川/春樹

大花火下に新六本舗あり/岸田稚

田植祭朝の花火が三発も/辻桃子

遠花火開いて消えし元の闇/寅彦

星一つ残して落る花火かな/抱一

俳句例:21句目~

女中舟姐己やよする初花火/言水

周囲皆恋人同士大花火/森かつ子

黒き蔵王全し花火一瞬に/杉本寛

黒き川花火の夜を流れずに/静塔

風の出て人の靡ける花火かな/稚

道花火寂寥水のごとくなり/風生

稲妻やからくり花火夕芝居/黄吻

柳橋花火の下の人力車/京極杞陽

山川を大いに讃へ冬花火/小島健

貰はるる猫膝の上大花火/石寒太

煮南瓜に遠き花火の音至る/辻桃子

爆傷の奇蹟ききをり遠花火/築城京

一湾の闇を漁る花火かな/志麻/茜

夜は秋のけしき全き花火かな/白雄

手花火の颯颯颯颯赤き球/安食彰彦

昇降機花火の空へ上りゆく/丸山了

一瞬も一生のうち遠花火/鈴木鷹夫

花火見る子供の中に坐りけり/篠原

上堂の打上げ花火道元忌/森谷畦道

連発の花火明りに山蒼し/関森勝夫

俳句例:41句目~

うかれ女の黒髪焦せ散り花火/大魯

花火見て一時間後に眠り落つ/誓子

水溜り花火の端を映したり/関忠男

花火見えて湊がましき家百戸/蕪村

看下すや麓の村の揚花火/会津八一

中年に旅の花火や西鶴忌/角川春樹

花火舟遊人去つて秋の水/黒柳召波

二三人花火線香に端居哉/正岡子規

花火屑幾日か漂うてをり/山西雅子

大花火わが生涯も本番に/西本一都

花火爆ぜ天体繭のごときもの/原裕

大花火一瞬島を傾げたり/熊崎真孝

花火見の人現はれし葎かな/岸田稚

梨番に梨の天井昼花火/百合山羽公

工みたる限りちりゆく花火哉/士川

枝川や花火にいそぐ館船/正岡子規

人声を風の吹きとる花火かな/涼菟

大花火床下の蛇跼むころ/赤尾兜子

大花火悪相もわが顔のうち/石寒太

大花火折しも風は沖へ吹く/岡田昭

俳句例:61句目~

大花火果てし余情の浅き闇/安原葉

花火果て大隕石の闇となる/信童二

揚花火風に大円流したる/山田弘子

浜明けて真砂驚く花火殻/高澤良一

手花火に面赤き時蒼き時/吉田漁郎

音もなし松の梢の遠花火/正岡子規

暁や火串に焦げし草の花/正岡子規

音のみの昼の花火や花曇/巌谷小波

大輪の花火の中の遠花火/野澤節子

空知川花火に鴉髪たてて/寺田京子

長岡の花火帰りの道真直/高澤良一

雑踏と別に空あり揚花火/稲畑汀子

半生のわがこと了へぬ遠花火/鷹女

夕飯や花火聞ゆる川開き/正岡子規

宵々の花火になれて音をのみ/虚子

協賛の某花火あがりけり/高澤良一

稻妻の遠くに光る花火哉/正岡子規

遠花火鬱と入院第一夜/石田あき子

花火せよ淀の御茶屋の夕月夜/蕪村

遠花火間遠に上り雨上り/西村和子

俳句例:81句目~

宗祇忌の花火の闇の白き雲/中拓夫

もの焚て花火に遠きかゝり舟/蕪村

遠花火色あやまたず水流る/岸田稚

冬花火秩父の夜空匂ふごと/杉本寛

梟や花火のあとの薄曇り/正岡子規

合併の花火の下の村貧し/宮坂静生

遠花火浴後の女匂ひけり/廣瀬直人

遠花火つれの一人は女なる/上村占

湾内に花火の谺あまた度/西村和子

雑然と馬穴の中の花火屑/佐藤五秀

陣痛の牛ゐて花火音ばかり/今井聖

昼花火虻が花粉に眼を汚し/上村占

刈田雀に祭花火の二三発/鈴木鷹夫

喝采に間髪入れず揚花火/森田真臣

初漁の船送り出す花火音/満田玲子

警察の舟も繋ぐや花火舟/正岡子規

漂ふて花火の煙の大海月/高澤良一

手花火を栞に雨月物語/相生垣瓜人

街道を花火の煙這ひゆけり/辻桃子

葛飾の闇へと靡く花火かな/菅裸馬

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ