季語/三伏(さんぷく)を使った俳句

「三伏」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「三伏」について

【表記】三伏

【読み方】さんぷく

【ローマ字読み】sampuku

子季語・関連季語・傍題・類語など

・初伏(しょふく:shofuku)

・中伏(ちゅうふく:chufuku)

・末伏(まっぷく:mappuku)

季節による分類

・「さ」で始まる夏の季語

・「夏の時候」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

三伏を含む俳句例

三伏や土間の暗きに壁鏡/有働亨

三伏や七輪と炭調へて/中村雅樹

家伝妙薬三伏の小抽斗/中村契子

三伏や遊仙境は窟の中/北野民夫

三伏の葛西や鯉の縹色/宮坂静生

三伏やしぼり雑巾棒乾き/赤松子

三伏や発して遥か己が声/岸田稚

三伏の雨ふる松の鱗かな/岡本高明

三伏の激痛に腰掴まれし/高澤良一

三伏や修理の塔は幌の中/松田和枝

三伏の動かぬ雲と鬼瓦/中西しげ子

三伏の運河臭ふや職変る/皆川白陀

三伏の闇の深川警察署/和田耕三郎

三伏の柱に懸けて水枕/佐々木六戈

三伏の門に二本の百日紅/鈴木花蓑

捨畑の桑真青に初伏かな/木村蕪城

三伏の肩を叩きて肩の音/高澤良一

三伏や見ゆる一眼大切に/日野草城

三伏の残照の川なに跳ねし/飴山實

三伏や時刻表なき渡し舟/飯島正人

俳句例:21句目~

三伏や掴みてこぼす握飯/清水基吉

三伏や七十の母生きて病む/相馬遷子

三伏や提げて重たき油鍋/鈴木真砂女

三伏や湯花太りに湯場の樋/中島畦雨

三伏や能登の揚浜釜火焚く/丸山哲郎

三伏の土蔵の匂ひ父は亡し/小山都址

入退院して三伏の薬づけ/宮澤富士男

末伏の眼鏡くもらす蜆汁/稲垣きくの

百谷を沈めて白し初伏の日/富安風生

三伏の揚羽取付く波がしら/高橋睦郎

三伏の旅の商ひつゝがなく/百田一渓

三伏の月の小ささや焼ヶ嶽/飯田蛇笏

三伏の湯治場痩せし人ばかり/森田峠

三伏の白紙につつむ絵蝋燭/吉田汀史

三伏の真水湛へし洗禮井/下村ひろし

三伏の香焚きこめし奥厠/つじ加代子

三伏の鹹湖しづめて空の藍/石原舟月

草や木や三伏の天垂れて燃ゆ/相馬遷子

三伏の赤子の耳目かがやきぬ/田中裕明

三伏のをんないよいよ服剰す/石塚友二

俳句例:41句目~

三伏の波の力をたくはへて/佐々木六戈

三伏の路地をふさぎて婆の葬/菖蒲あや

三伏の堰づくろひの真葛刈る/木村蕪城

三伏の夜のうす雲いでにけり/松村蒼石

三伏の白粥に芯ありにけり/小野恵美子

三伏の珈琲好きも病むうちや/石川桂郎

三伏も奈良井にかよへ遠敷川/高橋睦郎

三伏の藪の中なる羽音かな/櫛原希伊子

三伏の閻魔あたりを払ひけり/高澤良一

三伏の火に煮つめたる薬召せ/筑紫磐井

三伏の月の穢に鳴く荒鵜かな/飯田蛇笏

三伏や連なりてゆくだるま船/上野澄江

三伏の我が身一つを持て余す/高澤良一

三伏の闇はるかより露のこゑ/飯田龍太

三伏の弱りに加持を頼みけり/筑紫磐井

三伏の大鍋に麺浮きあがる/小島千架子

三伏の風塵つけし肌かな/長谷川かな女

三伏の余燼のごとき暮れざまよ/中村将晴

三伏の地獄めぐりの旗もたされ/中原道夫

三伏の酢をうつて飯かがやかす/坂間晴子

俳句例:61句目~

三伏やひそめしこゑを夜更けまで/森澄雄

三伏や山羊の乳房のずっしりと/武田鏑心

三伏の海に死ぬまで蝶舞へり/大谷碧雲居

琴を弾く初伏の畳冷たしと/長谷川かな女

三伏の夕ベの星のともりけり/吉岡禅寺洞

三伏の酢を合はせゐる夕べかな/正部家一夫

三伏やひそと身を折りまげ祷る/阿波野青畝

末伏の琴きん~と鳴りにけり/長谷川かな女

三伏の蜂やわが家に入りびたり/百合山羽公

三伏になまぎたへなる鍛冶もをり/筑紫磐井

三伏の琴きんきんと鳴らしけり/長谷川かな女

のぼり藤短かく三伏の土に立つ/阿部みどり女

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ