季語/花烏賊(はないか)を使った俳句

「花烏賊」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「花烏賊」について

【表記】花烏賊

【読み方】はないか

【ローマ字読み】hanaika

子季語・関連季語・傍題・類語など

・桜烏賊(さくらいか:sakuraika)

・甲烏賊(こういか:koika_)

・真烏賊(まいか:maika)

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の動物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

花烏賊を含む俳句例

花烏賊の生温き墨流す/森田智子

花烏賊やまばゆきは店になし/林翔

糶台の花烏賊墨を洗はれる/阿部寿雄

花烏賊にそゝげば走る水の玉/原石鼎

花烏賊の腸ぬくためや女の手/原石鼎

花烏賊をのせて秤の目が震ふ/中/裕

己が吐く墨に花烏賊鎧ひけり/深津志賀

渓水や花烏賊墨を吐きつくす/芝不器男

生干しの花烏賊海女の鴉声/柴田白葉女

花烏賊の墨はしりたる腕かな/早野四方

花烏賊や春の潮騒ひもすがら/石田波郷

水放ちづめ花烏賊を糶りしあと/三木照恵

洗ひたる花烏賊墨をすこし吐き/高濱虚子

渋はるる花烏賊の目の恐ろしき/辻美奈子

生ま干しの花烏賊海女の鴉声/柴田白葉女

糶られゐる花烏賊の脚搦みあひ/鈴木貞雄

糶高値呼んで花烏賊みづ~し/水見悠々子

花烏賊といへば墨をも許しけり/今泉貞鳳

花烏賊のいでゐる息の墨の泡/阿波野青畝

花烏賊の目を恐ろしと云ふ人も/岸本尚毅

俳句例:21句目~

伊豆の海花烏賊釣りの灯をこぼす/小林吐秋

花烏賊に量り目止まる真昼かな/岩城のり子

花烏賊の背色かはりし生きてゐし/大塚文春

花烏賊を買うてぼんやりした顔で/岸本尚毅

花烏賊を買ふたびかきて萵苣の丈/清原枴童

花烏賊を釣る灯陸には娼家の灯/堀井春一郎

花烏賊のしわしわ釣るゝ真闇かな/水原秋櫻子

花烏賊のへろ~として買はれけり/楠目橙黄子

花烏賊の甲羅を舟のごと浮かし/長谷川かな女

花烏賊やおのれ吐きたる墨まとひ/加藤三七子

花烏賊を煮て吹き降りの夕べなり/百合山羽公

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ