季語/山吹(やまぶき)を使った俳句

「山吹」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「山吹」について

【表記】山吹

【読み方】やまぶき

【ローマ字読み】yamabuki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・白山吹(しろやまぶき:shiroyamabuki)

・八重山吹(やえやまぶき:yaeyamabuki)

・濃山吹(こやまぶき:koyamabuki)

・葉山吹(はやまぶき:hayamabuki)

季節による分類

・「や」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

山吹を含む俳句例

山吹や序に覗く隣あり/為拾

山吹や谷一筋の春の色/五帛

山吹や目洗ひ薬花の露/安昌

山吹や鍋炭流す人は誰/竹也

碑に山吹一枝走り出し/上野泰

山吹や井手を流るゝ鉋屑/蕪村

眼帯の朝一眼の濃山吹/桂信子

山吹や井手の下帯に包金/西石

山吹や金のすたる水の底/我則

山吹の雫の下や蜆籠/新海非風

あつみ山吹浦かけて夕すずみ/翁

濃山吹籬回らす大庄屋/高橋利雄

山吹や春惜しからむ谷の水/宗養

濃山吹廻りにぶりし水車/上村占

濃山吹俄かに天のくらき時/茅舎

山吹もちらで貴布禰の時鳥/維駒

山吹の花無き枝や青蛙/中野三允

山吹に鎖され御岳講の宿/太田嗟

春もはや山吹白く苣にがし/素堂

山吹の奥へ奥へと父の背/下田稔

俳句例:21句目~

山吹に馬乗り出して六玉川/園女

山吹の莟も青し吉野川/野澤凡兆

山吹の葉毎に持てる蕾かな/篠原

山吹を吹き乱したる小滝哉/寛水

山吹や逢瀬の道の水車/野村喜舟

庭先の山吹黄なる蜆汁/遠藤梧逸

山吹や根雪の上の飛騨の径/普羅

鳶烏闘ひ落ちぬ濃山吹/前田普羅

蕗の葉に山吹散りし垣根哉/泉琴

秋風に咲く山吹や鏡立/渡辺水巴

山吹に奥州鎮護願う寺/高澤良一

山吹や一つ庵に釜二つ/石塚友二

山吹の中に傾く万座径/前田普羅

山吹の中の二日を春祭/前田普羅

山吹の淡き一重や更衣/橋本鶏二

山吹の縄ゆるされて盛かな/九湖

山吹や釣瓶に雨の水たまり/成美

山吹の日向に開く支那鞄/山本洋子

濃山吹蝶蜂よぎるものは消ゆ/青邨

空暗く水暗くして濃山吹/たかし/

俳句例:41句目~

山吹の枝長過ぎし枕上み/細見綾子

山吹に夢の又夢求めゆく/和田悟朗

草山吹登山電車の冬寒く/岩田桐花

葛咲くや風の吹く山吹かぬ谷/皿茶

薬降る園や山吹咲き残る/正岡子規

山吹に張物乾く日は高し/子規句集

山吹に手鍋洗ふや恋女房/寺田寅彦

遠目にも山吹の黄の一重なり/立子

山吹に田水ながれて筵ばた/中勘助

雨脚の舞つてゐるなり山吹に/敏郎

山吹の狂ひ花あり土用浪/高浜虚子

鶯に山吹ばかり横川みち/飯田蛇笏

山吹の白には昔語りなし/後藤夜半

山吹の真昼を伎芸天伏目/井沢正江

山吹の花の蕾や数珠貰ふ/高濱虚子

山吹の花弁不壊なり石の上/小澤實

山吹の葉の色したり雨蛙/右城暮石

万博やこゝ山吹の日本園/河野静雲

山吹に鯨の海の流れをり/武藤紀子

中宮寺寒の山吹一葉なし/細川加賀

俳句例:61句目~

山吹の蕾何のおちんこぞ/北原白秋

山吹の返り咲あり夏蜜柑/子規句集

山吹の風吹き入りて能衣裳/上村占

山吹の黄の一枝に春送る/小澤碧童

山吹の黄葉ひら~山眠る/前田普羅

山吹の黄金とみどり空海忌/森澄雄

山吹はさかで蛙は水の底/上島鬼貫

鷹と鳶闘ひ落ちぬ濃山吹/前田普羅

山吹もちるか祭のしび鱠/浜田酒堂

咲き残る四季山吹や更衣/会津八一

山吹やひとへ瞼の木曾女/橋本鶏二

山吹やもの思はするよべの雨/犀星

山吹や井出を流るる鉋屑/與謝蕪村

山吹や写真羽織の白樺派/古沢太穂

山吹や幼時の想ひ今熱き/相馬遷子

夕風の一重山吹つと二重/井沢正江

山吹や春覚えある堰の宿/尾崎迷堂

山吹の一枝走れり修羅落し/鈴木元

山吹はさ庭の地の高み哉/滝井孝作

奥能登や山吹白く飯白し/前田普羅

俳句例:81句目~

山吹や流れて石を磨く水/村越化石

山吹の上の断崖底技けし/高澤良一

山吹の下に小さき流かな/羅蘇山人

山吹や筧にうたす糊机/金尾梅の門

山吹や腕さし込で折にけり/炭太祇

山吹や花豌豆の手柴越し/滝井孝作

山吹や馬腹に及ぶ溢れ水/石井露月

山吹を浸せる水の又迅く/久米正雄

山吹の咲き終りたる閑な枝/辻桃子

山吹剪る枝叢へ沈めとる/西山泊雲

横だよ山吹の花粉の粒々/北原白秋

此風の終に雨かも濃山吹/高浜虚子

渓声に山吹芽ぐむ雑木原/飯田蛇笏

山吹の帰花見る彼岸かな/子規句集

濃山吹戸隠道は沢づたふ/西本一都

山吹の散るや盥の忘れ水/子規句集

山吹に篠つく雨の光かな/大谷碧雲居

山吹や小溝明るく庭を抜け/河野南畦

山吹やひきあげし籠何もなし/中田剛

ご門前朝の山吹なまなまと/高澤良一

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ