季語/鳥交る(とりさかる)を使った俳句

「鳥交る」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鳥交る」について

【表記】鳥交る

【読み方】とりさかる

【ローマ字読み】torisakaru

子季語・関連季語・傍題・類語など

・鳥つるむ(とりつるむ:toritsurumu)

・鳥つがう(とりつがう:toritsugau)

・鳥の妻恋(とりのつまごい:torinotsumagoi)

・雀交る(すずめさかる:suzumesakaru)

・鶴の舞(つるのまい:tsurunomai)

季節による分類

・「と」で始まる春の季語

・「春の動物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

鳥交るを含む俳句例

鳥交る九条堀川饑しや/大石悦子

逢曳や塔の上では鳥の恋/滝佳杖

鳥交り紫朱をうばひけり/龍岡晋

鳥交り風生むものに翌檜/本橋仁

山里の橋は短し鳥の恋/三橋敏雄

牡丹雪繚乱たるに恋雀/相馬遷子

鳥交る甘藍渦を巻返し/広瀬とし

恋雀割られし薪も尺とびて/西谷孝

漲るを園生の池や鳥交る/尾崎迷堂

太陽は古くて立派鳥の恋/池田澄子

本堂に金銀の蓮鳥の恋/和田耕三郎

恋雀敦盛塚にこぼれけり/池上果山

俄かなる光がはじけ恋雀/都筑智子

咲き満ちし椿の中の恋雀/草間時彦

松風にうはずるこゑの鳥の恋/原裕

秋燈や円卓螺鈿の鳥の恋/関森勝夫

鳥交る真下長身磨崖仏/九鬼あきゑ

鳥交る夫の帰らぬ日曜日/伊藤昌子

塵取に尚吹く風や鳥交る/飯田蛇笏

鳥交る森は筋肉質となり/平吹史子

俳句例:21句目~

妻愛す日数の中や鳥交る/清水基吉

鳥交る速達便のけふ多く/石川桂郎

鳥交る離れて鳥の影交る/国見敏子

鴟すべり落つ天平の恋雀/田中水桜

国引の山に雲捲く鳥の恋/巌谷小波

鳥交る歯磨き臭き息を吐き/二村典子

盗み見ることの愉しき恋雀/遠藤梧逸

鴟尾すべり落つ天平の恋雀/田中水桜

禅堂の軒をこぼるる恋雀/塩谷はつ枝

鳥の恋粉ふるひには大き穴/如月真菜

鳥交る奈良のどこにも柱穴/猪口節子

屋根石に円光あるや鳥の恋/佐野良太

城白く天にかがよひ鳥交る/近藤一鴻

塵取になほ吹く風や鳥交る/飯田蛇笏

舞殿の下翔けくゞり鳥交む/岡本松浜

茶を点てて遊べば軒の恋雀/草間時彦

鳥交る荒々しきは美しき/今井杏太郎

塀の上に朝日子笑ふ鳥の恋/遠藤梧逸

鳥交る埃だらけの甘蔗畑/深見けん二

鳥交る花の一枝花こぼす/瀧澤伊代次

俳句例:41句目~

恋雀婚約のこと父母知らず/品川鈴子

鳥交る真水より濃き瞳持ち/櫂未知子

恋雀潜りて遅き花散らす/和田ゑい子

風鐸を鳴らし地に墜つ恋雀/細井光男

恋雀高きより陥つ躬を細め/岸風三樓

切株は天与の椅子よ鳥の恋/永井敦子

身に余る翼をひろげ鳥交む/鷹羽狩行

水甕の端にももつれ恋雀/鈴木しげを

沼底の濁りは知らず恋雀/大木あまり

法華経の空に出て鳥交るなり/原田喬

巣の中の日月星や鳥の恋/佐々木六戈

職人の座布団薄し鳥の恋/大木あまり

野の梅を散らす卍の鳥の恋/小林康治

鳥の恋空縦横に広がりぬ/加藤瑠璃子

園守が捨てし箒や鳥交る/安斎桜カイ子

夕月のかがやきいまだ鳥交る/森川暁水

長城を斜めにかちの孕み鳥/小枝秀穂女

宮大工ひとりをるのみ鳥交る/中島寿銭

恋雀マリアは両手ひろげ立つ/朝倉和江

恋雀墓は日だまり風だまり/古賀まり子

俳句例:61句目~

恋雀教会の屋根古りにけり/古賀まり子

恋雀頭に円光をひとつづつ/橋本多佳子

欺けり鳥交る森抜けてきて/成瀬桜桃子

温泉汲み口通ひの橋や鳥交る/石川桂郎

風蝕の崖さんらんと鳥交る/鷲谷七菜子

鳥交み人の睡りのうつくしき/松瀬青々

鳥交む寄せてそむけて庭の松/石川桂郎

鳥交るしきりと喉の渇く日ぞ/石川桂郎

鳥交るひかりの渦の草に座し/嶋田麻紀

鳥交る紅茶に澱の溜まる間も/櫂未知子

鳥交る夢のつづきの雑木山/瀬戸美代子

鳥交るまばゆき風の最中にて/小林康治

鳥交る雲うつくしく流れをり/岸風三楼

鳥交る風裏ときに素顔みせ/河野多希女

昼酒にこだはりをれば鳥交る/桜井博道

鳥交る声の落ちくる馬の寺/小枝秀穂女

鳥交る此処千歳村粕谷なり/田川飛旅子

そのことも真空のなかや鳥交る/森澄雄

自転車の車輪とまらず鳥の恋/仙田洋子

花頭窓ぴつたり閉めて鳥の恋/吉原文音

俳句例:81句目~

行く水は水を誘ひ鳥の恋/鍵和田ゆう子

みささぎの砂白妙や鳥交る/加藤三七子

電線の揺れを共にす鳥の恋/正木ゆう子

鳥の恋峰より落つるこそ恋し/清水径子

鳥の恋既決未決の箱ふたつ/きりぶち輝

ゆつくりと河は流れて鳥交る/櫻庭幸雄

許されぬ恋などはなし鳥の恋/鷹羽狩行

恋雀けふの暮六つわれら撞く/篠田悌二郎

鳥交る恋といふには淡すぎし/福田甲子雄

土けむりして鳥交む真昼かな/小島千架子

草生の日ひそけきあまり鳥交む/太田鴻村

鳥交る野に蠅あげてかたゐ居ぬ/森川暁水

鳥交る野を喜捨しつつ妻の里へ/森川暁水

鳥交る硝子にみたしゆく真水/夏井いつき

鳥交る母が襁褓は干しなびき/松本たかし

降りぐせの多摩の横山恋雀/鍵和田ゆう子

あやまちて吾にこぼれ来し恋雀/大石悦子

鳥交るそしらぬ顔のばかりかな/石川桂郎

風切をたたみきれざり鳥の恋/亀井美奈美

ほそながき鏡の掛かる鳥の恋/大木あまり

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ