季語/花守(はなもり)を使った俳句

「花守」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「花守」について

【表記】花守

【読み方】はなもり

【ローマ字読み】hanamori

子季語・関連季語・傍題・類語など

・桜守(さくらもり:sakuramori)

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

花守を含む俳句例

花守のけふ申上る牡丹哉/正名

一里はみな花守の子孫かや/芭蕉

花守は野守に劣るけふの月/蕪村

濁世なる情報室の桜守/久保純夫

立春の雪踏みわけて櫻守/黒田杏子

桜守の板戸を走る春時雨/細見綾子

少年をこの世に誘い桜守/和田悟朗

花守に心開きし花のこゑ/大東晶子

花守に鯨捕りゐし昔あり/吉田汀史

花守のあづかり船や岸の月/炭太祇

黄桜の花守めきし主かな/山田弘子

花守を通す筵をうち返し/石田勝彦

西行の年を越えしと桜守/長谷川櫂

西行のうた慕うてや桜守/長谷川櫂

墓守にして花守の二三言/深見けん二

山下り花守のごと眠らむか/岡本高明

よもすがら田村をさらふ桜守/飴山實

花守に歇む鶏晨の風雨かな/西島麦南

顔に斑のいちじるしきが桜守/中田剛

花守のちひさくありぬ宵の口/中田剛

俳句例:21句目~

お赤飯炊いては花の主かな/如月真菜

花守はむかし雅びの男かな/筑紫磐井

花守や白きかしらをつきあはせ/去来

雲に入る飛花や花守白髪に/大野林火

花守のつひのかたみの返り花/長谷川櫂

花守の火影を坂の動悸とす/鳥居おさむ

花守の花に生まれて匂ひけり/攝津幸彦

花守は桜とともに老いにけり/長谷川櫂

まなじりに朱をあつめて櫻守/高橋睦郎

花守の白湯もて終る昼餉かな/小寺敬子

花守は花の盛りに身をひそめ/吉村馬洗

花守にかつて妻子のありにけり/福本弘明

花守のさらさらと水のみにけり/岡井省二

花守をやめてこの世に帰りこし/長谷川櫂

花守の芥を焚きて更かしをり/今井千鶴子

花守の散る時は寐てしまひけり/藤野古白

庫裡へまで火種もらひに桜守/宇和川喬子

花守の小田か一枚打ちてあり/殿村菟絲子

花守の一枚小田の打ちてあり/殿村莵絲子

まなぶたのいくたび冷えて桜守/神尾久美子

俳句例:41句目~

桜守うすぐらき腿してゐるといふ/飯島晴子

花守の折らるゝもしらぬさかり哉/松岡青蘿

花守は炭屋でありし掃きをりぬ/滝沢伊代次

花守のなにかを言うて帰りけり/今井杏太郎

花守の血もあをざめてゐはせぬか戈/仙田洋子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ