季語/鳥雲に入る(とりくもにいる)を使った俳句

「鳥雲に入る」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鳥雲に入る」について

【表記】鳥雲に入る

【読み方】とりくもにいる

【ローマ字読み】torikumoniiru

子季語・関連季語・傍題・類語など

・鳥雲に(とりくもに:torikumoni)

・雲に入る鳥(くもにいるとり:kumoniirutori)

季節による分類

・「と」で始まる春の季語

・「春の動物」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

鳥雲に入るを含む俳句例

鳥雲に入る放心の峠越/沢聰

鳥雲に長野は水の一重帯/裕

特攻の碑遺し鳥雲に/小林三郎

鳥雲にゑさし独の行方哉/其角

鳥雲に城主紅顔にて遺ゆ/原裕

鳥雲に入て松見る渚かな/白雄

鳥雲に入る熊谷の堤かな/士朗

長へに江流西す鳥雲に/橙黄子

此秋は何で年よる雲に鳥/芭蕉

鳥雲にまだ二三艘篷被り/子郷

海道に赤き給油所鳥雲に/羽公

風葬の骨片残し鳥雲に/細川朝子

鳥雲に砂利採りの咳遠きこゆ/稚

鳥雲に灣照る船隠し/下村ひろし

近影の即ち遺影鳥雲に/森田智子

鳥雲に入るや見の花庇/会津八一

鳥雲に舷を寄せ話しをり/里見梢

口中に飴の鈍角鳥雲に/逆井和夫

埋骨す近江北摂鳥雲に/大橋敦子

鳥雲に入りて松見る渚かな/白雄

俳句例:21句目~

夕かけて埴輪面や鳥雲に/齋藤玄

肱つきし机小さし鳥雲に/中田剛

此の秋は何で年寄る雲に鳥/芭蕉

鳥雲に茶柱二つ立つ湯呑/太田嗟

観音を在所々々や鳥雲に/飴山實

鳥雲に箸すててある厨口/中田剛

点眼の泪の乾く鳥雲に/宮崎向陽

鳥雲に石人厚き裳裾曳き/大橋敦子

鳥雲に肇はいまも独り者/草間時彦

鳥雲に転居表札なほ紙片/皆吉爽雨

鳥雲に辞令一本一生過ぐ/近藤一鴻

鳥雲に隣の家の宗旨かな/高澤良一

未婚汝の主婦めく重み鳥雲に/林翔

鳥雲に韓信股をくゞりけり/龍岡晋

鳥雲に餌さし独の行衛哉/榎本其角

鳥雲にちちははもまた雲の奥/原裕

鳥雲にとり残されし喉仏/角谷昌子

おん像遥かの雲に鳥渡る/中川宋淵

偸安のいくつ顔ある雲に鳥/飴山實

遠ざかる師の忌妻の忌雲に鳥/舟月

俳句例:41句目~

鳥雲に一升瓶の枕かな/佐々木六戈

渾身の天地返しや鳥雲に/小出秋光

鳥雲に人の多くも雲に入る/秋澤猛

わが楽器一鼓一琴鳥雲に/後藤綾子

鳥雲に人の子育てては放し/樋笠文

猿石は姫の墓守鳥雲に/長谷川史郊

鳥雲に仕へて使ふ厨井戸/岡井省二

雲に鳥湧き神の塔傾き来/石原舟月

鳥雲に入りて草木の光りかな/闌更

鳥雲に入るおほかたは常の景/原裕

皆晩年の旅なれや鳥雲に/近藤一鴻

二上は日の沈む山鳥雲に/小早川恒

鳥雲に入るここよりは日本海/耕二

鳥雲に入るより男萎えしかな/原裕

鳥雲に入る白日の湖残し/野田公也

鳥雲に加速のきかぬ三輪車/仁平勝

米櫃の米揉みてみる鳥雲に/中田剛

鳥雲に吾は一把の薪提げて/岸田稚

鳥雲に壁の中より泣羅漢/古館曹人

鳥雲に夫婦顔して石二つ/藤岡筑邨

俳句例:61句目~

鳥雲に帰る国なき鴉かな/庄司瓦全

勝海舟とその室の墓鳥雲に/林美江

涯なきを空と呼ぶなり鳥雲に/火童

落丁のごとき一日鳥雲に/山川安人

声若く男を叱る鳥雲に/鈴木六林男

虚子御像往事茫々鳥雲に/桑田青虎

鳥雲に李白千里を歩みたる/下田稔

豊頬の古仏忘れめ鳥雲に/河野南畦

鳥雲に殺生界は海に溺る/松村蒼石

足型に三種類あり鳥雲に/高澤良一

妻恋ひの杜氏槽頭鳥雲に/石川桂郎

鳥雲に水うつくしき城下町/山崎中

鳥雲に水の近江を故郷とし/桜坡子

鳥雲に水位異なり湖二つ/伊藤京子

富士川の鉄橋五つ鳥雲に/影島智子

鳥雲に渋民村はなほ遠し/倉田絋文

鳥雲に湾岸道路運河越ゆ/上島顕司

鳥雲に物言へば口やさしかり/原裕

鳥雲に玉の綿屑髪に挿す/古舘曹人

長へに江流西す鳥雲に/楠目橙黄子

俳句例:81句目~

雑売の銭こぼしけり鳥雲に/飴山實

鳥雲に男は伊勢に旅寝哉/松瀬青々

鳥雲に直武描きし人體圖/高澤良一

頬杖や鳥雲にまた鳥雲に/細川加賀

鳥雲に入り着ざらしの盲縞/長谷川双

神木の根に二つ燈や鳥雲に/古舘曹人

鳥雲に止まる円周上の電車/齊藤夏風

鳥雲に一言語より雫かな/河原枇杷男

鳥雲に微笑を唇にすれ違ふ/仙田洋子

鳥雲にその一巌を廟とせよ/古舘曹人

胸の上聖書は重し鳥雲に/野見山朱鳥

腰掛けてゐる石も墓鳥雲に/飯田龍太

雲に鳥子の消息は妻を経て/荒井正隆

鳥雲に天守の階のかくも急/藤田湘子

鳥雲になべて西向く兵馬俑/石野冬青

鳥雲に交はり淡く深かりし/川村紫陽

鳥雲にふと船旅を約しをり/野澤節子

この秋は何で年よる雲に鳥/松尾芭蕉

鳥雲に厚き来信母郷より/神尾久美子

わが内の何かを咥へ鳥雲に/有地紫芳

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ